JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

TAKUYA∞が誕生日に欲しいのはお前らの声だけ!100周年に向け更新し続ける“UVERworld史上最高”

熱狂の中心で拳を振り上げるTAKUYA∞(Vo)。(Photo by Shinsuke Tanoguchi)
約1か月前2023年12月22日 3:05

UVERworldが昨日12月21日にTAKUYA∞(Vo)の生誕祭として全国ツアー「ENIGMASIS TOUR」神奈川・横浜アリーナ公演を開催した。

俺が音楽によって生かされる日

1979年12月21日、滋賀県に生まれたTAKUYA∞。2000年に地元の幼なじみとバンドを結成した彼は、2005年のメジャーデビュー後、日本のロックシーンのトップを走り続け、全国にCrew(UVERworldファンの呼称)を増やしてきた。毎年恒例となっているTAKUYA∞の生誕祭には、彼を愛するファンが各地から集結。今回もチケットは当然のごとくソールドアウトし、横浜アリーナは開演前から熱気に満ちあふれていた。

開演時刻の18:30を迎えると、カウントダウンからオープニングムービーがスタートし、無数のレーザーがアリーナを飛び交う。大迫力の演出にCrewが歓喜する中、ステージに現れた真太郎(Dr)が一心不乱にドラムを叩けば、TAKUYA∞らもポップアップで跳ね上がって登場。1曲目は「好きなようにやれ そして俺に指図をするな」というセリフで始まる「Don’t think.Feel」だ。その言葉を合図に特効が炸裂し、興奮が爆音とともに広がると、TAKUYA∞はいきなり客席へ。出し惜しみせず、最初から全力でCrewにぶつかっていく。

アリーナが一気に混沌と化す中、TAKUYA∞は「1年に1回、一番俺が音楽によって生かされる日! UVERworld史上最高のライブ、始めたいと思います!」と宣誓。最新アルバム「ENIGMASIS」の収録曲や「畢生皐月プロローグ」「BABY BORN & GO」といった人気曲でCrewを熱狂させながら、その頭上を歩いて、どんどん奥へと進んでいく。そうして自らの足でアリーナ最後方までたどり着いた彼は「誰1人置いて行かねえからな!」と叫び、ここに集まったCrew全員を最高の景色に連れて行くことを約束した。

歌いたいやつだけ歌え

「欲しいものは本当にみんなの声だけです。みんなが楽しんでる姿とその声だけあれば、本当に俺、最高にハッピーになれるんで」と語ったTAKUYA∞は、「まあ俺が連れてってやるよ。声出したくなるようなライブしてやるよ。それがミュージシャンでしょ? 歌いたいやつだけでいいよ、声出したいやつだけでいいよ」と言い放つと「RANGE」へ。誰に言われたわけでもなく、自分の意思でここに集まったCrewたちは、その衝動のままに声を上げ、アリーナにシンガロングを轟かせる。そんな愛すべきファンに向かって「この場所で一番価値があるのはお前の声!」と強調したTAKUYA∞は、コラボ曲「FINALIST」でラッパーのANARCHYと激突。鋭く磨き上げた声で鎬を削り、俺たちこそが“モノホンのアーティスト”だと誇示してみせる。

TAKUYA∞自らセットリストを組んだという彼の生誕祭では、ほかの誰でもなく自分になりたいと歌う「パニックワールド」を皮切りにレアな楽曲も数多く演奏され、客席からどよめきが起こる。「懐かしいの聴かせてやっから黙って聴いてろ!」というTAKUYA∞が「DEJAVU」に続けて歌い始めたのは「SORA」。マイクスタンドを握り、アリーナにハイトーンを響かせた彼は、清々しい表情を浮かべ「最高に気持ちいい時間、サンキュー!」と感謝を言葉にする。そんなバイタリティあふれる様子のTAKUYA∞だが、実は前日のライブで暴れすぎて足を痛めてしまったことを告白。しかし、すでに完全回復していることをアピールすると「PRAYING RUN」へ突入し、彼が走り続ける理由を力強い歌で示す。さらに「大切な曲あるから歌わせてよ」と呼びかけたTAKUYA∞は「THE OVER」を熱唱。魂を込めた歌声でCrewの心を揺さぶった。

俺の目標は100周年

TAKUYA∞を支える楽器隊の熱演がスクリーンに五分割で映し出されたインストナンバー「別世界」を経て、ライブはいよいよ終盤へ。「No.1」を歌い始めたTAKUYA∞は、ペットボトルの水をぶちまけながら客席に再度飛び込み、荒れ狂うCrewの思いをその身で受け止める。「ビタースウィート」「Touch off」「IMPACT」が畳みかけるように演奏され、アリーナの熱気はグングンと上昇していくが、その狂乱の中心でTAKUYA∞は「まだまだ足りねえ、お前の力が必要なんだよ!」とシャウト。その言葉に突き動かされたCrewは横浜アリーナを文字通り揺らしてみせる。

Crewの凄まじいエネルギーを全身で浴びたTAKUYA∞は「こんなライブ、ほかのどこで観れんだよ? 教えてくれ!」と問いかけつつ、大きな声援を受けると「わかってるよ! ここでしか観れないから何年もUVERworld追っかけてんだろ⁉︎」と応える。Crewの人生を背負っていく意志を歌った「THEORY」で金銀テープが空高く打ち上げられる中、TAKUYA∞は「俺の目標は100周年です! 今23年バンド組んでっから、あと77回は見せてやれるな! こんな素敵な夜がよ!」と宣言。「俺が本当に一番大切にしてる曲を喉の寿命とともに捧げます。全部くれてやるよ!」と叫んで「EN」へなだれ込むと、その熱い思いを込めた言葉を観客1人ひとりに突き刺していく。そしてラストの「Ø choir」では、Crewがありったけの力で大合唱。こうして会場に集まった全員と一体となり、完璧な夜を作り上げたTAKUYA∞は、今後も最高を更新し続けることを誓い、ステージを去っていった。

セットリスト

「UVERworld ENIGMASIS TOUR」2023年12月21日 横浜アリーナ

01. Don't think.Feel
02. VICTOSPIN
03. Don't Think.Sing
04. 畢生皐月プロローグ
05. BABY BORN & GO
06. UNKNOWN ORCHESTRA
07. RANGE
08. FINALIST(feat. ANARCHY)
09. パニックワールド
10. DEJAVU
11. SORA
12. PRAYING RUN
13. THE OVER
14. 別世界
15. NO.1(Single ver)
16. ビタースウィート
17. Touch off
18. IMPACT
19. THEORY
20. EN
21. Ø choir

関連記事

「JAPAN JAM 2024」ロゴ

「JAPAN JAM」出演者第1弾はももクロ、緑黄色社会、ビーバー、ホルモン、BE:FIRSTら41組

約23時間
UVERworld

UVERworldがニューシングル発表、期間生産限定盤には「青の祓魔師」楽曲を全収録

18日
Blu-ray / DVD「UVERworld KING’S PARADE 男祭り REBORN at Nissan Stadium」発売告知画像

UVERworld、7万人動員した「男祭り」が映像作品化 全国の映画館で上映も決定

約1か月
「UVERworld THE LIVE at NISSAN STADIUM 2023.07.29」シアターライブ告知画像

UVERworldの日産スタジアムライブを全国11カ所の映画館で上映

約2か月
Watson「Soul Qkake」配信ジャケット

Watsonの全16曲入り1stアルバムにANARCHY、¥ellow Bucks、C.O.S.A.、Jin Doggら参加

約2か月
UVERworld

UVERworld特番を一挙放送!日産スタジアムや東京ドーム公演の模様など20時間をアンコール

約2か月
「X-CON」ロゴ

「X-CON」全公演が中止に、チケットの払い戻し発表

2か月
「Awich Queendom -THE UNION- at K-Arena Yokohama」の様子。

Awich初のアリーナワンマンで世界進出を宣言「みんなでUNIONして成長していけるシーンに」

3か月
「SAMRISE Festival」映像配信告知ビジュアル

音楽と食の総合イベント「SAMRISE Festival」映像配信、白濱亜嵐&神サイが振り返りトーク

3か月