JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

今年も大盛況!羊文学がクリスマスライブ「まほうがつかえる」東京公演で鳴らした珠玉の19曲

羊文学(Photo by Asami Nobuoka)
3か月前2023年12月25日 12:01

羊文学が12月14日に東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)、本日25日に大阪・フェスティバルホールでワンマンライブ「まほうがつかえる2023」を開催した。この記事では東京公演の模様をレポートする。

「まほうがつかえる」は、羊文学が毎年12月に開催しているクリスマスライブ。チケットが即日完売となった東京公演は、最新アルバム「12 hugs (like butterflies)」のリリース直後のワンマンということもあり、場内はこの日を心待ちにしていたオーディエンスの熱気で満ちていた。ライブは塩塚モエカ(Vo, G)が語りかけるように歌う短尺の弾き語りナンバー「Hug.m4a」で幕開け。儚げなボーカルでメランコリックな空気を生み出すと、羊文学はそのムードを消し去るように「Addiction」「FOOL」を爆音で演奏。フクダヒロア(Dr)の力強いドラムでハンドクラップを促すと、軽やかなロックナンバー「変身」を勢いのままにパフォーマンスした。

塩塚は満員の客席に向けて「いつものライブはシーンっとして儀式みたいなんだけど、今日はパーティだから自由に楽しんでください(笑)」と呼びかけると、独自のグルーヴ感とコーラスワークが印象的な「GO!!!」でライブを再開。その後は最新アルバムから「永遠のブルー」「深呼吸」「honestly」などタイプの異なる楽曲を次々と繰り出し、羊文学というバンドの振り幅の広さを感じさせるステージを展開した。

中盤のMCでは、塩塚と河西ゆりか(B)が「12 hugs (like butterflies)」の制作の日々を振り返る。その中で塩塚は「羊文学が今までやってきたことを全部手放すくらいの構想を2人が受け入れてくれて。結局その通りにはならなかったけど、その構想を生かしたまま私たちらしさをプラスすることができました。私たちが何をやっても、私たちらしくなるから大丈夫。だからこれからも2人をブンブン振り回していこうと思うの(笑)」と、アルバム制作を経て“羊文学らしさ”を発見したことを笑顔で語った。

羊文学はライブ終盤、塩塚が“隠れクリスマスの曲”だと語る「キャロル」や、クラブミュージックの要素などバンドの新機軸を感じさせる「more than words」、壮大な楽曲展開がドラマチックなムードを生む「光るとき」などの人気ナンバーを続けて会場の熱気をじわじわと高めると、そのエネルギーを一気に爆発させるかのようにクリスマスソング「1999」を披露。最後は「パーティーはすぐそこ」でエモーショナルな演奏を届け、会場に深い余韻を残してステージをあとにした。

鳴り止まないアンコールに応えて再びステージに登場した羊文学は、「あいまいでいいよ」「ワンダー」を演奏。4月21日に神奈川・横浜アリーナで開催されるキャリア最大規模のワンマンライブ「羊文学 LIVE 2024 “III”」での再会をファンと誓い、大盛況の中で「まほうがつかえる2023」東京公演の幕を降ろした。

セットリスト

羊文学「まほうがつかえる2023」東京公演 2023年12月14日 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

01. Hug.m4a
02. Addiction
03. FOOL
04. 変身
05. GO!!!
06. 永遠のブルー
07. 深呼吸
08. honestly
09. マヨイガ
10. マフラー
11. 人魚
12. キャロル
13. more than words
14. 光るとき
15. つづく
16. 1999
17. パーティーはすぐそこ
<アンコール>
18. あいまいでいいよ
19. ワンダー

公演情報

羊文学 LIVE 2024 “III”

2024年4月21日(日)神奈川県 横浜アリーナ

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO」第1弾出演アーティスト

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024」にスピッツが21年ぶり出演、スカパラは20回目

3日
「SPACE SHOWER TV 35th ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2024」ロゴ

昨年の「ラブシャ」ライブ映像をYouTubeで1回限り公開、今晩より3日連続

5日
「Sign's Fest. 2024」ロゴ

鳥取に新しい音楽フェス誕生!「Sign's Fest. 2024」に豪華14組出演

6日
「テレビ朝日ドリームフェスティバル2023」ビジュアル (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2023 写真 岸田哲平

キンプリ、スカパラ、BE:FIRST、Perfumeら出演 テレ朝主催「ドリフェス2023」を8時間放送

6日
「METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2024」ロゴ

「METROCK」にWEST. 出演!内田朝陽×山田孝之ユニット、DJダイノジ追加

8日
「OTODAMA'24~音泉魂~『必死のパッチで20年目!大感謝祭』」メインビジュアル

「OTODAMA'24~音泉魂~」全42組の入浴順決定、トリは四星球&Cornelius

9日
「百万石音楽祭2024~ミリオンロックフェスティバル~」出演アーティスト第1弾

「百万石音楽祭」出演者第1弾はクリープ、SiM、sumika、10-FEET、マカえんら20組

12日
「SUMMER SONIC 2024」ロゴ

「サマソニ」にリル・ヨッティ、星野源、Vaundy、フーバス、AKMU、BABYMONSTERら14組追加

21日
羊文学「Addiction」MVより。

羊文学の新作MVは10台以上のスマートフォンで撮影、スマホ依存の葛藤歌った「Addiction」

26日
羊文学「tears」配信ジャケット

羊文学「かくしごと」主題歌を配信、「歪で深い“親子”の愛を掬い取るようなイメージ」

約1か月