JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ONE LOVE ONE HEART、満員のZepp Shinjukuで“LOVEART”との絆を確かめる

「ONE LOVE ONE HEART Oneman Live 2024 "Sky's the limit"」の様子。
5か月前2024年01月15日 8:01

男女混合9人組グループONE LOVE ONE HEARTが、1月8日に東京・Zepp Shinjuku(TOKYO)にて5thワンマンライブ「ONE LOVE ONE HEART Oneman Live 2024 "Sky's the limit"」を行った。

ボーカルユニットとダンスユニット

「ONE LOVE ONE HEART Oneman Live 2024 "Sky's the limit"」はラブワンにとって過去最大規模のワンマンライブとなったが、公演を成功させるべく一丸となって邁進してきたメンバーの努力が実り、会場は1階席、2階席ともに満員に。グリーンの衣装でステージに登場した9人は、1月17日にリリースする2ndアルバムの表題曲「愛せ、至極散々な僕らの日を」でライブの幕を開け、青春における瑞々しさや葛藤を疾走感あふれるサウンドと力強い歌声に乗せる。さらにニューアルバムより“ショー”をイメージした新曲「Prime Numbers」を初披露し、高揚感あふれるジャングルビートとジャジーなサウンドに合わせて華麗に舞い踊った。

次のブロックではイーチ、飯塚瑠乃、佐々木杏莉、藤咲碧羽、矢嶋由菜の女子チームと、相原一心、久昌歩夢、洸瑛、笹原遼雅の男子チームが交互にライブを展開。女子チームは大人びたダンスナンバー「Give it a try」、男子チームは飯塚と矢嶋が振付を手がけた陽気なサマーチューン「エンテンカ」と、2ndアルバムに収録される対照的な新曲をパフォーマンスし、それぞれ異なるステージングで観客を魅了する。さらに相原、洸瑛、イーチ、藤咲によるボーカルユニットチームと久昌、笹原、飯塚、佐々木、矢嶋によるダンスユニットチームがそれぞれこの日だけの特別パフォーマンスを披露し、会場のファンを大いに沸かせた。

ラブワンのファンネーム発表

ライブ後半、佐々木がプロデュースした新衣装に着替えたラブワンは、淡い恋愛を描いた「Fireworks」やクリスマスソング「Happy Christmas」を通して多彩な表情をのぞかせる。その後のMCではグループのファンネームが「LOVEART」(ラヴァート)に決定したことを発表。客席から沸き起こる拍手を浴びつつ、グループ名に含まれているワード「LOVE」と「HEART」がその由来であることを明かし、ファンとの絆をより一層強固なものにしたメンバーはここからライブのラストスパートへ。「過剰本能」「The Witch」といったムーディな世界観の楽曲を連発したのち、2ndアルバム収録の新曲の1つ「圧倒的LOVE」で躍動感あふれる歌とダンスを届けた。

アンコール前に会場のスクリーンに映し出されたのは、この日が初公開となった「愛せ、至極散々な僕らの日を」のミュージックビデオ。今作は「Fireworks」のMVとのつながりを示唆する演技シーンが見どころで、眩しい青春のひとコマを描いたドラマパートがスクリーンに映るたび、客席から黄色い歓声が上がった。場内が興奮であふれる中、再びステージに姿を現したラブワンは「愛せ、至極散々な僕らの日を」を改めてパフォーマンス。MVの上映を経て楽曲の世界観の解像度が上がり、ライブの1曲目に披露されたとき以上の盛り上がりが場内に生まれた。なお「愛せ、至極散々な僕らの日を」のMVは現在YouTubeで公開されている。

リーダーの目に涙

続いて9人はさわやかなナンバー「本日ハ晴天ナリ」で勢いよくタオルを振り回し、客席のボルテージをより一層引き上げる。ライブ終盤のMCではリーダーの佐々木が「挑戦であるこのワンマンライブを乗り越えなければ、私たちが目指すその先には行けないことを私たちが一番感じていました。だからこそ焦りを感じることも多く、常に不安な気持ちが心のどこかにあって、今日を迎えることを怖くなったこともありました。でもそんな中で『絶対ソールドアウトしようね』『たくさんお友達誘うね』と皆さんが言ってくださって、その言葉1つひとつがそばにあったから私たちはこの大きな壁にも立ち向かってこれました」と目に涙を浮かべながら胸の内を吐露。「たくさんのグループが世界中にいる中で、ONE LOVE ONE HEARTに出会って愛してくれて本当にありがとうございます」とLOVEARTに対する感謝の思いを言葉に紡いだ。そしてラブワンはこのライブを締めくくる楽曲として「Alright」を歌唱し、場内を感動的なムードで包み込んだ。

セットリスト

ONELOVE ONE HEART「ONELOVE ONE HEART Oneman Live 2024 "Sky's the limit"」2024年1月8日 Zepp Shinjuku(TOKYO)

01. 愛せ、至極散々な僕らの日を
02. Prime Numbers
03. Give it a try
04. マジで超やべぇ
05. ハイスイノジン
06. エンテンカ
07. ボーカルユニットパフォーマンス
08. ダンスユニットパフォーマンス
09. Monster!(オリジナル:SUPER★DRAGON)
10. Fireworks
11. Happy Christmas
12. テルネロファイター(オリジナル:M!LK)
13. Yell for You
14. 過剰本能
15. The Witch
16. 圧倒的LOVE
<アンコール>
17. 愛せ、至極散々な僕らの日を
18. 本日ハ晴天ナリ
19. Alright

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「ONE LOVE ONE HEARTラブワン学園-恵比寿東西頂上決戦-」ビジュアル

ONE LOVE ONE HEARTが2チームに分かれて対決、「ラブワン学園-恵比寿東西頂上決戦-」開催

約1か月
「My Buddy」のパフォーマンスの様子。(撮影:笹森健一)

超特急、超とき宣、スパドラ、東北産ら6組競演の一夜“スタダ最高フェスティバル”に国際フォーラム熱狂

7か月
ONE LOVE ONE HEART

ONE LOVE ONE HEARTが2ndアルバム発売、タイトルは「愛せ、至極散々な僕らの日を」

8か月
「気分上々↑↑」を歌う桜木心菜(左)と藤井校長(右)。

桜木心菜18歳、2回目のソロコンは盟友&校長を巻き込み爆アゲ

8か月
超特急

「MUSICGLOBE FES」に超特急、スパドラ、とき宣、東北産、BUDDiiS、ラブワン

9か月
「ONELOVE ONE HEART Oneman Live "Are you all ready"」の様子。(提供:エイベックス)

ONE LOVE ONE HEART、Zepp Shinjukuワンマンの開催を発表

9か月
ONE LOVE ONE HEART「Fireworks」ミュージックビデオのサムネイル。

ONE LOVE ONE HEART、新曲MVで描く鮮やかで儚い10代の恋模様

10か月
「EBiDAN THE LIVE UNIVERSE 2023」生配信のティザービジュアル。

EBiDANグループ総出演「EBiDAN THE LIVE」全公演の生配信が決定、オープニングアクトも網羅

11か月
ONE LOVE ONE HEART

ONE LOVE ONE HEARTから咲太朗が脱退

約1年