JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

大森靖子×道重さゆみ「ミッドナイト清純異性交遊LIVE」で伝え合った互いへの愛とリスペクト

左から道重さゆみ、大森靖子。(Photo by Masayo)
14分前2024年02月10日 7:06

大森靖子と道重さゆみのツーマンライブ「ミッドナイト清純異性交遊LIVE」が2月3日に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)で開催された。

会場一面がピンク色の世界に

以前より道重を敬愛している大森は、彼女に向けて書き下ろした楽曲「ミッドナイト清純異性交遊」を2013年に発表。これを受け、道重は翌2014年2月3日に自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「モーニング娘。’14 道重さゆみの今夜もうさちゃんピース」にてこの楽曲をオンエアした。「ミッドナイト清純異性交遊LIVE」は、それからちょうど10年の時を経て実現した待望のツーマンライブ。大森が道重に楽曲を提供したり、大森のシングル「絶対彼女 feat. 道重さゆみ」でコラボレーションを果たしたりと親交を深めてきた2人は、お互いに相手へのリスペクトにあふれたステージを展開した。

開演時刻を迎えると、ピンクの衣装を身にまとった大森がステージに登場し、「ミッドナイト清純異性交遊」をさっそく歌唱する。オーディエンスが身に付けたグッズTシャツ、手に持ったペンライトの光も相まって会場は一面ピンク色の世界に変貌。曲の途中に道重もステージに現れ、2人が並んで歌う姿に会場が大きく沸き立った。

道重「これからも大森さんにそばにいてもらいたい」

いきなりのコラボステージで華やかに幕を開けた「ミッドナイト清純異性交遊LIVE」。ここからは道重が2人のダンサーを率いながら単独のパフォーマンスを繰り広げていく。彼女は「OK!生きまくっちゃえ」を皮切りに、大森が作詞を手がけた楽曲や、作曲も含めて道重に提供したナンバーを多く披露。「ちーぎゅう♡」をはじめ、最新公演「SAYUMINGLANDOLL~大空~」のために書き下ろされた楽曲もセットリストに組み込まれた。

力強いステージングで会場のボルテージを上昇させる道重だが、心配性な性格ゆえ、ツーマンライブを開催するにあたり不安な気持ちもあったという。彼女は昨年、大森と長野・軽井沢に旅行に行ったときのことを振り返り、「大森さんは『なんでも言ってくださいね、気になることがあったら』と言ってくださったんです。大森さんってなんていい人なんだろうと思って。普段の会話でも歌詞でも私の気持ちをすごい汲み取ってくださる方で、愛だなと思っています。大森さんがいるからこそ大丈夫なことがいっぱいあるから、これからも大森さんにそばにいてもらいたいなと思うし、そばにいてもらえる私でいたいなと思っています」と胸の内を言葉に。その後、4月3日にニューアルバム「SAYUMINGLANDOLL~マインとパンゴー~」をリリースすることを発表し、最後に「SAMSALA」を歌って大森にバトンを渡した。

大森「さゆみが一番かわいいよ!」

大森のライブは、再び道重とのコラボパフォーマンスでスタート。モーニング娘。時代の道重のソロ曲「ラララのピピピ」を2人で歌唱するというこの日ならではの展開を受け、フロアにさらなる盛り上がりが生まれる。そしてステージを立ち去る道重に「道重さん、今日もかわいく生きてくれてありがとうございます!」と言葉をかけた大森は、“四天王バンド編成”で次々に楽曲を演奏していく。ライブの数日前まで腸閉塞で入院していた大森だが、怒涛の勢いで言葉を畳みかけたのち、「マジックミラー」をパワフルに歌唱。「絶対彼女」の披露前には「さゆみが一番かわいいよ!」というコール&レスポンスを観客と繰り広げた。

MCに入ると、大森は「道重さんの“かわいい”をちゃんと丁寧に説明できる人間になれるようにいっぱい曲を書くぞと思って、実力をつけようと思って活動してきたんですけど、曲を書かせていただけるようになってけっこうな日数が経って、曲数も多くなってきて。自分が見てきた“かわいい”とか、ちょっとドロドロした光景とかも、きっと無駄じゃなくって、それをちゃんと“かわいい”の世界にちゃんと生かせたらと思って、バレないように曲にこっそりいっぱい入れているんですけど、すごく丁寧に道重さんのパワーで表現してださるのが本当に素敵で、さっきのライブもすごくカッコよかったですよね!?」とあふれんばかりの道重への思いをあらわに。その後も「×○×○×○ン」で「農家に感謝!」という歌詞を「さゆみに感謝!」に変えて観客と一緒に叫ぶなど、道重へのリスペクトの精神を全面に表現しつつ、「死神」や「Rude」では迫真の歌声を響かせ、道重のファンの視線もステージに釘付けにした。

「さゆみん靖子かわいいよ!」という観客の声に応える形で始まったアンコールでは、再び大森と道重がステージ上にそろう。お互いへの愛やリスペクトを改めて伝え合った2人は、大森の楽曲「非国民的ヒーロー」をラストに歌唱。「さゆみー!」「靖子ー!」と力いっぱい叫んでツーマンライブを締めくくった。

セットリスト

「ミッドナイト清純異性交遊LIVE」2024年2月3日 Zepp DiverCity(TOKYO)

道重さゆみ×大森靖子

01. ミッドナイト清純異性交遊

道重さゆみ

01. OK!生きまくっちゃえ
02. 青空09
03. ちーぎゅう♡
04. キュン or NOT
05. へゔんな人たちに捧げる歌
06. 形而上的熱視線
07. ばりかわよかROCK
08. PINK FREEDOM
09. サユミミライ
10. マインとパンゴー
11. SAMSALA

大森靖子

00. ラララのピピピ
01. マジックミラー
02. PINK
03. 絶対彼女
04. 新宿
05. ×○×○×○ン
06. 子供じゃないもん17
07. 超天獄
08. TOBUTORI
09. 最期のTATTOO
10. QUEEN OF TONE
11. 死神
12. Rude
<アンコール>
13. 非国民的ヒーロー

関連記事

大槻ケンヂ

大槻ケンヂ春の弾き語りツアー開催、浅草公演に大森靖子

3日
ヤバイTシャツ屋さん

ヤバイTシャツ屋さん、ついに道重さゆみと対バン果たす

9日
大森靖子と、その横顔を見つめるキルムちゃん。

大森靖子×ミヌエットのキルムちゃん

10日
ZOC

巫まろが扁桃炎、藍染カレン&荼緒あいみが声帯炎、大森靖子が腸閉塞のZOCが公演延期

15日
大森靖子

大森靖子が急病に伴いZOC公演欠席

18日
「装苑」3月号の表紙。

「装苑」衣装特集にano、NEWS、M!LK、櫻坂46ら

18日
大森靖子

大森靖子「楽曲総選挙」を開催、400曲以上が対象

22日
山崎育三郎

山崎育三郎の新作に根本宗子、OKAMOTO'S、マハラージャン、清竜人、吉澤嘉代子、大森靖子が参加

23日
椿宝座。後列右から3番目が椿空昏。

大森靖子プロデュース、椿宝座からメンバー椿空昏が脱退

28日