JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ありがとうオオギナ!在日ファンクからギタリスト仰木亮彦が卒業

在日ファンク
4か月前2024年02月07日 10:03

在日ファンクの仰木亮彦(G)が、4月20日に東京・ダンスホール新世紀で行われるライブ「仰木亮彦脱退ライブ ~ありがとうオオギナ!卒業&レスポンス~」をもってバンドを卒業する。

仰木は在日ファンク結成からおよそ17年間にわたりギターを担当し、STUTSのバンドや岩見継吾とのバンド・Terpenezでも活躍していることで知られている。仰木は本日2月7日、バンド卒業に関するコメントを発表。「赤いタンクトップを着て極寒の立石でアー写撮影をした当初、こんなに長い間みんなと一緒にバンドをやっているとは想像していませんでした。2007年からスタートして今年で17年。今となっては在日ファンクが自分にとっては“実家”みたいな存在になっていることに気付きます」とバンドへの思いを語りつつ、「これから先の事を考えた結果、そろそろ自身としての新しい旅に出ないといけないという思いが強くなり今回バンドを離れる決断に至りました」と卒業を決意した理由を説明した。なお仰木は今後について、「もちろんこれからも音楽を続けていくので引き続き応援頂けたらうれしいです」とつづっている。

またメンバーを代表して、浜野謙太(Vo)によるコメントも公開された。「彼の作る曲はいつも雄大で、愛に溢れていた。僕らはどこかでその愛や大きさに守られていたのかもしれない。在日ファンクはオオギナに包まれていた。いやだな、この温かいお布団から出たくないな」と別れを惜しむ浜野だが、「僕ら在日ファンクは脱退後にようやく、本当の彼をちゃんと見つめられるようになるのかもしれない。だから甘えていた分、これからはめいっぱい応援しようと思う。そして彼に対して精一杯の感謝を伝えたい。オオギナ!今まで本当にありがとう!」と仰木へのエールでコメントを締めくくっている。

在日ファンクのオフィシャルサイトでは、「仰木亮彦脱退ライブ ~ありがとうオオギナ!卒業&レスポンス~」のチケットの先行抽選予約を2月13日まで受け付けている。

仰木亮彦 コメント

浜野謙太 コメント

「仰木亮彦脱退ライブ ~ありがとうオオギナ!卒業&レスポンス~」

2024年4月20日(土)東京都 ダンスホール新世紀

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

EGO-WRAPPIN'のステージの様子。

EGO-WRAPPIN'が大勢の観客踊らせ閉幕、“祝福”のような「CIRCLE」2日目

22日
左から曽野舜太、佐野勇斗(ともにM!LK)。(c)日本テレビ

M!LK佐野&曽野、SixTONES田中、timelesz松島らは賞金を獲得できるのか?日テレ特番「続々」

23日
「SHINJUKU LOFT 25TH 2MAN SHOW」7月12日公演の告知ビジュアル。

在日ファンクと眉村ちあき、真心ブラザーズと台風クラブがそれぞれツーマン

25日
新宿LOFT歌舞伎町移転25周年記念 第2弾出演者

新宿LOFTの移転25周年公演に真心ブラザーズ、清春、9mm、竹原ピストル、KEYTALKら121組追加

26日
「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」最終出演者&タイムテーブル発表

約1か月
浜野謙太(在日ファンク)

浜野謙太の俳優活動をエイベックスがサポート

約2か月
在日ファンク

在日ファンク主催ツーマンライブ「ダチ」、3回目のゲストは民謡クルセイダーズ

約2か月
日本テレビ系「土ドラ10『街並み照らすヤツら』」ポスタービジュアル

森本慎太郎、お先真っ暗な商店街の救世主となるか

約2か月
餃子を味わう浜野謙太(在日ファンク)。(撮影:伊藤菜々子)

浜野謙太、銚子電鉄に乗っておいしい餃子に出会う旅へ

2か月
「CIRCLE '24」フライヤー

福岡「CIRCLE '24」タイムテーブル発表、トリはくるり&EGO-WRAPPIN'

3か月