JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

8人になったリリスク、現体制1年の集大成「1年でこんな感じになりましたが、いかがですか?」

「lyrical school oneman live 2024 "1st Anniversary"」の様子。
約1か月前2024年02月16日 13:05

lyrical schoolの現体制での活動1周年を記念したワンマンライブ「lyrical school oneman live 2024 "1st Anniversary"」が、2月11日に東京・秋葉原CLUB GOODMANで行われた。

8人体制365日目、LS8の現在形

2023年2月12日、女性ヒップホップアイドルユニットから男女混成8人組グループへと大きな変化を遂げたリリスク。新たなスタイルを模索しながら活動を続けてきたminan、sayo、tmrw、hana、mana、malik、reina、ryuyaの“LS8”はお披露目ライブから365日後のステージで、初披露の新曲を含む21曲を披露して1年間の集大成を見せた。

真っ暗なステージの上、DJブースにreinaがスタンバイすると、満員のフロアからは大きな歓声が上がる。reinaがminanのソロナンバー「ttyl」でライブをスタートさせると、まずはminanとtmrwの2人だけがステージへ。続く「LALALA」はminan、sayo、mana、malik、ryuya、3曲目の「Dance The Night Away」でようやく8人が集合するという、曲ごとにパフォーマンスメンバーを変えるスタイルは“LS8”体制の特徴の1つだ。また「オレンジ」では男性メンバー3人がオリジナルからオクターブ下でメロディラインを歌い、そのアウトロでは3人のアカペラに乗せて女性メンバーの5人が「GOLDEN」冒頭のラップで声を合わせるなど、前体制時代の楽曲もさまざまな形でLS8仕様にアップデートされている。この日のライブではさらに新しい試みもあり、「シャープペンシル」ではtmrwが初めてペンをとったオリジナルのリリックを披露。「これからもLS8は歌い続ける」と8人で進む決意を込めたtmrwのラップにヘッズ(lyrical schoolファンの呼称)は大きな歓声で応えた。

「LS8、1年でこんな感じになりましたが、いかがですか?」

ライブ中盤には、manaとryuyaが2人だけで掛け合う新曲「Night Walking」を初披露。後半には「House Party」「DRIVE ME CRAZY」「mada mada da!」とこの1年の間に発表された8人体制の楽曲が並ぶ。続けて「OK?」を披露したところで8人はひと呼吸置き、新曲の話題へ。初めて16小節のヴァースを1人で担うryuyaは「史上最強のラップチューンだと思うんですよ」と自信を覗かせる。前体制を1人で引き継ぎ7人の新メンバーとともに新たなリリスクを作り上げてきたminanは、そんな堂々としたryuyaの姿に「すごいよね。1年前までステージに立ったこともなかったメンバーたちがさ、2人で曲をやるようになるんだよ……」と感慨深げにつぶやいた。そして1人ひとりこの1年を振り返っていき、manaは「ありがとうが強すぎて……」と涙を流しながらも「ホントにこの1年ありがとう。ありがとうもそうなんだけど、悔しい気持ちもたくさんあって……でもこれで終わりじゃないしさ。今日があって、明日があって、また1年後があって。やることは同じだし、みんな(メンバー)がいるし、ヘッズもいるし。そう、ライフ・ゴーズ・オン。ありがとう!」と元気にコメント。tmrwは「シャープペンシル」のリリックに触れ「リリスクに入ってから、思ったことを箇条書きでちょっと書いたりはしてたんだけど、みんなの前で自分が書いた歌詞を披露するってのは今までなくて。自分の人生でも自発的に考えて行動することが今までなかったんだけど、少しは大人になったので自分で考えてみようと。すぐにはできないと思うけど、自分の書いた曲を出したりも今後できたらなと思ってるんで、みんな楽しみにしていてください」と力強く語った。7人それぞれの発言を受け、minanは「LS8、1年でこんな感じになりましたが、いかがですか?」と短い言葉でヘッズに呼びかけた。

現体制初のオリジナルアルバム「DAY 2」の発売日が4月24日に決定したこと、hanaがムック「はじめましてのウクレレ・ブックVol.4 2024」の表紙を飾ること、malikのイラストレーターとしての個展が決定したことなど新たな情報を発表したLS8は、「LAST DANCE」でラストスパートへ。昨年11月リリースのシングル「moonlight」、LS8の始まりのナンバー「NEW WORLD」と続け、最後は「2年目もよろしくお願いします!」と「SEE THE LIGHT」で締めくくった。場内に終演を伝えるアナウンスが流れたが、8人は盛大なアンコールを受けて再びステージへ。予定外のアンコールにその場で選曲会議を行った結果、やはり8人の思い入れ深い楽曲をとこの日2度目の「NEW WORLD」を披露し、大盛り上がりでステージを終えた。

アルバム「DAY 2」の発売を控えるLS8は、1周年ライブ翌日より各地でリリースイベントを実施中。3月20日の春分の日には東京・新宿マルイメン屋上イベントスペースにて、過去のレパートリーからリクエストを募り現体制の未披露曲をパフォーマンスするフリーライブイベント「現体制の未披露曲、初披露ライブ!@新宿マルイメン」を行う。リクエスト受付は2月18日まで。

セットリスト

「lyrical school oneman live 2024 "1st Anniversary"」2024年2月11日 秋葉原CLUB GOODMAN

01. ttyl
02. LALALA
03. Dance The Night Away
04. レインボーディスコ
05. PIZZA
06. オレンジ
07. GOLDEN
08. シャープペンシル
09. ひとりぼっちのラビリンス
10. Night Walking
11. Enough is school
12. TIME MACHINE
13. ユメミテル
14. House Party
15. DRIVE ME CRAZY
16. mada mada da!
17. OK!
18. LAST DANCE
19. moonlight
20. NEW WORLD
21. SEE THE LIGHT
<アンコール>
22. NEW WORLD

公演情報

lyrical school「現体制の未披露曲、初披露ライブ!@新宿マルイメン」

2024年3月20日(水・祝)東京都 新宿マルイメン屋上イベントスペース

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「『おもカワ』大喜利春期講習」出演者。左上よりバッファロー吾郎A、せきしろ、いろは、竹中夏海、reina(lyrical school)minan(lyrical school)

「おもカワ」大喜利春期講習にリリスクminan&reina出演

19日
malik(lyrical school)

lyrical schoolのmalikが初の個展「FACE」開催

約1か月
lyrical school

lyrical schoolの物置だった8畳が生まれ変わる、新スタジオの名称決定

4か月
左から般若、Zeebra。

KEN THE 390主催フェスでZeebraと般若が握手、SKRYUは独特な“ジャケット捌き”

5か月
「SPOOKY PUMPKIN 2023」の様子。

スチャ、OWV、chelmicoら50組超のアーティストが登場!サンリオピューロランドのハロウィン企画盛況

5か月
minan(lyrical school)

リリスクminanのラジオ番組がリニューアル、構成作家はせきしろ

6か月
lyrical school

新体制のlyrical schoolをもっと観てほしい!チケット1枚で3名入場できるキャンペーン実施

6か月
lyrical school

lyrical school、malikが監督した初のアニメーションMV公開

7か月
「CITY GARDEN 2023」告知ビジュアル

KEN THE 390主催フェスにSUSHIBOYS、CHICO CARLITO、電波少女、SKRYU、リリスクら追加

8か月