JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

yosugala、デビューの地LIQUIDROOMを超満員に「みんなと歩んできた道のりの証」

「yosugala oneman live『progress the night -LIQUIDROOM-』」の様子。
4か月前2024年02月24日 11:06

yosugalaのワンマンライブ「progress the night -LIQUIDROOM-」が2月18日に東京・LIQUIDROOMで開催された。

紗幕に映し出された力強いメッセージ

yosugalaは、PassCodeらが所属する事務所・we-B studiosと、uijinを手がける事務所sakebiによるプロジェクト・WEXSが運営するアイドルグループ。君島凪、黒坂未来、未白ちあ、汐見まといの4人のメンバーからなる。LIQUIDROOMは2022年6月にyosugalaがステージデビューを果たした思い出の地で、そのときは先輩グループをゲストを迎えてライブが行われたが、今回はワンマンの形式でチケットが見事ソールドアウト。活動開始から2年も経っていないにもかかわらず注目のグループに成長していることを、大勢の観客で埋まったフロアが証明していた。

ステージ上の紗幕にオープニングムービーが映し出された時点で、大きな手拍子と歓声で満たされる満員のLIQUIDROOM。1曲目「僕に願いを」は紗幕がかかったままの状態で披露され、メンバーが紡ぐエモーショナルな歌声に合わせて歌詞を投影する演出により、楽曲に込められた力強い決意のメッセージが強調される。紗幕が落ち、この日のために用意された新衣装で観客と対面したyosugalaは、続いてアグレッシブなナンバー「会心の一撃」を投下。場内の熱気はより一層上昇し、2月16日にリリースされたばかりのニューアルバム「ヨモスガラ2」収録の新曲「ろーるぷれいんぐ」でも、フロアから盛大なコールが沸き起こった。

「次はEASTで!」

満員のフロアを見渡して感動を口にしたyosugalaは、熱気が冷めやらぬうちに次のブロックへ。「○×ゲーム」「嘘とか愛とか」などを畳みかけ、パフォーマンスの勢いを右肩上がりに加速させていく。ライブ中盤には2022年6月のLIQUIDROOM公演でも披露されたデビュー曲「prologue」もセットリストに。このほか「オトギバナシ」「ひとりごと」など壮大な楽曲が続き、4人の力強くも情感に満ちた歌声が会場の空気を支配した。

ライブが後半に差しかかると、彼女たちは観客を煽りつつ、最新アルバム「ヨモスガラ2」の1曲目に収録されている「aspiration」を歌唱。さらに「夜明けの唄」「四葉のクローバー」とグループの分岐点を彩ってきた楽曲を力いっぱい響かせる。「四葉のクローバー」で感極まって涙で声を震わせるメンバーの姿が、このライブに懸ける思いを表していた。そしてライブは「ヨモスガラ2」収録の新曲「ソラノナミダ」を経て、公演本編のラストナンバー「indigo」へ。クラップやジャンプなどで観客はこれまで以上の盛り上がりを見せ、楽曲のクライマックスではメンバーとともに頭上に拳を突き上げた。

アンコールでは4月にスタートするライブツアー「yosugala tour2024」のファイナル公演が、グループのデビュー日である6月22日に東京・Spotify O-EASTで行われることが発表された。LIQUIDROOMを超える規模のワンマン開催決定を受け、フロアからは大きな喝采が。充足感を顔ににじませた4人は最後に「Sparkle」をパフォーマンスし、ライブの成功を自ら祝福するかのようにバズーカ砲で金テープをフロアに打ち放つ。曲中には汐見の「ここに自分たちの足で立っていることが、みんなと歩んできた道のりの証だと思っています。これからもっといい景色を見に行こう。次はEASTで!」という言葉が会場にこだました。

セットリスト

yosugala「yosugala oneman live『progress the night -LIQUIDROOM-』」2024年2月18日 LIQUIDROOM

01. 僕に願いを
02. 会心の一撃
03. ろーるぷれいんぐ
04. オヒメサマ?
05. ばかばかC
06. ○×ゲーム
07. エスカレート
08. 嘘とか愛とか
09. スペードのエース
10. prologue
11. 僕のわがまま
12. オトギバナシ
13. ひとりごと
14. aspiration
15. 夜明けの唄
16. 四葉のクローバー
17. ソラノナミダ
18. indigo
<アンコール>
19. canvas
20. Sparkle

ライブ情報

yosugala tour2024

2024年4月27日(土)埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3
2024年4月29日(月・祝)愛知県 ell.FITS ALL
2024年5月19日(日)福岡県 福岡BEAT STATION
2024年6月2日(日)北海道 Sound lab mole
2024年6月8日(土)大阪府 BananaHall
2024年6月9日(日)京都府 KYOTO MUSE
2024年6月16日(日)宮城県 仙台MACANA
2024年6月22日(土)東京都 Spotify O-EAST

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

yosugala「ヨスガラ夏の東名阪 -新曲お披露目会編-」フライヤー

yosugala、夏にライブツアー「ヨスガラ夏の東名阪 -新曲お披露目会編-」開催

1日
「TOKYO IDOL FESTIVAL 2024」ロゴ

「TIF2024」に女子流、fishbowl、yosugala、すいすて、WHITE SCORPIONら26組追加

27日
「NEO KASSEN2024」出演者第2弾の告知画像。

ネオジャポ主催サーキットにクマリ、CYNHN、タイトル未定、タスク、バンビ、yosugalaら10組追加

約1か月
新宿LOFT歌舞伎町移転25周年記念出演者第1弾

新宿LOFT移転25周年記念で石野卓球、J、PEDRO、ExWHYZ、OLD JOEら出演者100組発表

3か月
yosugala

yosugalaの初ツアー決定、ファイナルはデビュー2周年記念日に渋谷O-EASTで

4か月
「@JAM the Field vol.25」ロゴ

「@ JAM the Field」にCANDY TUNE、虹コン、アンスリューム、ミシェル、yosugalaら

6か月
「IDORISE!! FESTIVAL 2024」第4弾出演アーティスト告知画像

「IDORISE!! FESTIVAL」に14組追加 まねき、アプガ、ミシェル、オケトーら

6か月
「@JAM EXPO 2023 supported by UP-T」ロゴ

「@JAM EXPO」に22/7、ゆるめるモ!、ディアキス、NUANCE、NEO JAPONISMら追加

11か月
左から長濱ねる、濱家隆一(かまいたち)。

長濱ねる記者「TIF」特番に高嶺のなでしこ、バンビ、REIRIE、Juice=Juice、yosugala

12か月