JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

アニメ「無職転生II」第2クール、オープニングはヒトリエ&エンディングは大原ゆい子

「無職転生II ~異世界行ったら本気だす~」第2クールティザービジュアル (c)理不尽な孫の手 / MFブックス /「無職転生II」製作委員会
2か月前2024年02月28日 9:03

4月7日より放送されるテレビアニメ「無職転生II ~異世界行ったら本気だす~」第2クールのオープニングテーマがヒトリエの「オン・ザ・フロントライン」、エンディングテーマが大原ゆい子の「守りたいもの」に決定した。

「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」は、理不尽な孫の手が2012年から小説投稿サイト「小説家になろう」で連載した人気小説を原作としたアニメ。引きこもりの主人公が交通事故をきっかけに異世界に転生し、前世の記憶や後悔を糧に「今度こそ本気で生きていく」姿を描く大河ファンタジー作だ。

オープニングテーマの「オン・ザ・フロントライン」はシノダ(Vo, G)が作詞を、ゆーまお(Dr)が作曲を手がけた書き下ろし曲。この曲についてヒトリエは「様々な問答を巡り巡らせた結果、かなり筋力的な曲が仕上がったように思います」「今年メジャーデビュー10周年を迎える我々ヒトリエの、ライブステージの最前線で鍛え上げて来たバンドサウンドが、この作品を更に加速させる着火剤になればいいなと、そういう風に思っています」とコメントを寄せている。

大原ゆい子はアニメ第1期全クールのオープニングとエンディング、第2期第1クールのエンディングテーマに続いての楽曲提供。今回のエンディングテーマ「守りたいもの」について大原は「引き続き編曲はMANYOさんにしていただき、バンドメンバーも変わらずお馴染みのサウンド感でお届けします」と視聴者にアピールしている。

ヒトリエ コメント

この度はTVアニメ「無職転生」第2期の主題歌に我々ヒトリエの「オン・ザ・フロントライン」を起用して頂き誠に光栄の至りに存じます。この曲は主人公ルーデウス・グレイラットがルーデウスになる前だった頃のどうしようもなさ、それを今世で繰り返すまいという強い気持ち、その気持ちを貫き通す為に赴く戦線、それでも時として向き合わざるを得ない彼の中に眠る本質的な弱さといった様々な部分を自己と照らし合わせ、本当に守らねばならないものは何だろうとか、強く在らねばならない理由は何だろうとか様々な問答を巡り巡らせた結果、かなり筋力的な曲が仕上がったように思います。今年メジャーデビュー10周年を迎える我々ヒトリエの、ライブステージの最前線で鍛え上げて来たバンドサウンドが、この作品を更に加速させる着火剤になればいいなと、そういう風に思っています。

大原ゆい子 コメント

「無職転生II」第2クールも続けてエンディングを担当させていただけて、本当に嬉しいです。 1期、2期とストーリーが進むにつれて、メロディや歌詞が素直になった気がします。 1期から引き続き編曲はMANYOさんにしていただき、バンドメンバーも変わらずお馴染みのサウンド感でお届けします。 視聴者の皆さまと同じく私もアニメ放送をとても楽しみにしています!

関連記事

「ヒトリエ - オン・ザ・フロントライン / THE FIRST TAKE」より。

ヒトリエが再び「THE FIRST TAKE」出演、「無職転生」オープニング曲を披露

約5時間
再生数急上昇ソング定点観測

キタニタツヤ×タローマン監督の馬鹿しかやらないMV / KAIRYUとREIKOのバラードは伝説になるのか?

5日
ヒトリエ「オン・ザ・フロントライン」ミュージックビデオより。

ヒトリエ「無職転生II」オープニング曲MV公開、壮大なCGに注目

6日
「ヒトリエ - アンノウン・マザーグース / THE FIRST TAKE」サムネイル画像

ヒトリエが「THE FIRST TAKE」登場 故wowaka作詞作曲、初音ミクがコーチェラで歌唱した曲披露

12日
音羽-otoha-

音羽-otoha-の新曲MV公開、対バンツアーにはヒトリエ&afoc「死ぬほど感謝と尊敬を込めてやります」

25日
ヒトリエ

ヒトリエの10周年対バンライブ、LIQUIDROOMに秋山黄色

25日
ヒトリエ

ヒトリエが両A面シングル発売、ツアーの追加公演開催

約1か月
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO」第1弾出演アーティスト

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024」にスピッツが21年ぶり出演、スカパラは20回目

約1か月
「wowaka 歌詞集」表紙画像

ヒトリエwowakaの歌詞集、ボカロPとして初投稿から15年の節目に刊行

約1か月
PEDRO

PEDRO対バンツアーにヒトリエ、ドミコ、ネクライトーキー

約1か月