JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Su凸ko D凹koi、エルフ荒川はじめ総勢18名のギャル迎えた“あげぽよミュージックビデオ”公開

Su凸ko D凹koi「恋盛りSEXY」ミュージックビデオより。
2か月前2024年03月13日 9:03

Su凸ko D凹koiの新曲「恋盛りSEXY」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

「恋盛りSEXY」は本日3月13日にリリースされたミニアルバム「ギャルの惑星」の収録曲。MVはプリクラ風の画角で、ほぼ全編が固定カメラで撮影された。“ギャル芸人”であるお笑いコンビ・エルフの荒川をはじめとする総勢18名のギャルが乱舞する“あげぽよミュージックビデオ”となっている。

Su凸ko D凹koi コメント

新体制になってから二作目のミニアルバムが「ギャルの惑星」です
ギャルってわけわかんないじゃないですか
理論とかそういうの余裕で飛び越えてくる
そのせいか架空の存在「ヲタクに優しいギャル」だったり
「電車で迷惑な人を一撃するギャル」といったネット上の伝説も誕生しまくっちゃって
なんかもうこうなってくると神話みたいですよね、ギャル神話
でも人ってそういう存在いつも求めてるんじゃないかな
わけわかんないパワーで何かを変えてくる救世主みたいなの
現代ではきっとそれがギャル
もしもそんな救世主まみれのギャルが沢山住む惑星があったら
その星ではこんな音楽が国家だったり伝統歌なんじゃないですかね
Su凸koの聴くギャル魂が今作です
救われてみてね

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

Su凸ko D凹koi

Su凸ko D凹koiがわけわかんないパワーで何かを変える、その力の名は「ギャルの惑星」

3か月
「TOKYO CALLING 2023」出演者第1弾

「TOKYO CALLING」出演者第1弾にサバシスター、ルサンチマン、UNFAIR RULE、MOSHIMOら40組

約1年
「TOKYO CALLING 2021」出演アーティスト第1弾告知ビジュアル

「TOKYO CALLING」第1弾で四星球、バクシン、ラブ人間、ガガガ、ドアラ、嘘カメら40組発表

3年近く
「YATSUI FESTIVAL! 2021」メインビジュアル(アートディレクション:太田雄介 / イラストレーション:平井豊果)

「やついフェス」にSTU48瀬戸内PR部隊、ニガミ17才、下津光史、竹内アンナ、脇田もなりら79組追加

3年近く
NO IMAGE

オメでたが打首、阿部真央、ベッド・イン、柴田隆浩たちと「頑張っていきまっしょい」

約4年
NO IMAGE

次回「Love music」にスチャダラパー、マカロニえんぴつ、かりゆし58、R-指定ら

約4年
NO IMAGE

「CONNECT歌舞伎町」第2弾でSTANCE PUNKS、さとうもか、ピアノゾンビら追加

4年以上
NO IMAGE

ガガガSP「長田大行進曲」第1弾でかりゆし、STANCE PUNKS、バクシンら

5年近く