JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

カジヒデキ5年ぶりのアルバムでネオアコ回帰 客演に中森泰弘、深沼元昭、Negicco・Naoら

カジヒデキ
2か月前2024年03月14日 6:04

カジヒデキの19thアルバム「BEING PURE AT HEART~ありのままでいいんじゃない」が4月24日にリリースされる。

カジがアルバムを発売するのは、2019年6月に発表された前作「GOTH ROMANCE」以来、約5年ぶり。本作はカジが自身の音楽ルーツであるネオアコースティックやギターポップに、今一度真剣に向き合って制作したもので、各収録曲はそれぞれの月をモチーフにした“カレンダーアルバム”となっている。収録される12曲にはカジに加えて、中森泰弘(ヒックスヴィル)、深沼元昭(PLAGUES、Uniolla)、永井聖一(QUBIT、TESTSET)、佐藤寛(KONCOS)、牛尾健太(おとぎ話)、オオニシレイジ (Nagakumo)の6名のギタリストが参加。またコーラスには真城めぐみ、ミサト(Crispy Camera Club)、みらん、kiss the gambler、Nao☆(Negicco)が参加している。マスタリングはThe Mopedsのデヴィッド・カールソンが手がけた。

カジは本作について、「このアルバムはこの4年間の記録であり、『DREAMS NEVER END = 夢は決して終わらない。夢を諦めない』為に、この16の季節の中で僕自身の気持ちの移り変わりを『PURE』な気持ちで表現した、本当の意味でのシンガーソン グライター的な作品になったと思います」とコメントしている。

Webショップ・fikarastではアルバムに、7inchアナログ「BEING PURE AT HEART / Dreams Never End」、A2サイズのポスター、アクリルキーホルダー、オリジナル手ぬぐい、ポストカードセット、オリジナルバッジが付属するDeluxe Edition盤の購入予約を明日3月15日12:00から4月5日23:59まで受け付ける。なお各種サブスクリプションサービスでは、アルバムリリースに先駆けて、タイトル曲BEING PURE AT HEART~ありのままでいいんじゃない」を配信中。

カジヒデキ「BEING PURE AT HEART~ありのままでいいんじゃない」解説

このアルバムは、カジヒデキの一番大きな音楽的ルーツである「ネオ・アコースティック」「ギターポップ」と言われるジャンルに、今一度真剣に向き合った作品になりました。実は最初からそう思っていた訳ではありません。このアルバムの制作に入った2020年頃はより新鮮な音楽を求めて「ネオソウル」や「シティポップ」な楽曲を書き始めていたのです。このアルバムの中で一番最初に配信リリースした「Dreams Never End」や、次作の「Naked Coffee Affogato」(ともに2021年発売)がソウル・フィーリングなのはそのためです。ただコロナ禍が一向に収束しない中で、自分自身を見つめる機会が増えた事、そして僕のルーツである80~90年代のUKインディー・シーンをテーマにした2本のドキュメンタリー映画(注1)を見て大きな感銘を受け、良いメロディと美しいギターのアルペジオやフレーズに溢れたあの頃の音楽を再び鳴らしてみたいと思った事が、ネオ・アコースティック(以下ネオアコ)に向かわせた大きな理由と言っていいでしょう。
そのネオアコやギターポップと言われる音楽の重要な要素は、なんと言ってもギター!「優れたセンスとテクニックを持つギタリストとチャーミングなヴォーカリストが居て成り立つジャンル」と僕は思っているのですが、今作に収録した12曲の楽曲に対し7名のギタリストに参加してもらい、それぞれのカラフルなスタイルで、ネオアコの持ち味であるジャンルを超えた自由な発想で、個性豊かに表現してもらいました。
このアルバムの参加ギタリストは、中森泰弘(ヒックスヴィル)、深沼元昭(PLAGUES, Uniolla)、永井聖一(QUBIT, TESTSET)、佐藤寛(KONCOS)、牛尾健太(おとぎ話)、オオニシレイジ(Nagakumo)、そして僕カジヒデキと、ベテランから若手有望株まで素晴らしいラインナップになりました。

ちなみに女性コーラスも素晴らしく、真城めぐみ、ミサト(Crispy Camera Club)、みらん、kiss the gambler、Nao☆(Negicco)とこちらもベテランから若手有望株までずらり。

またこのアルバムは、四季の彩りを描いたカレンダー・アルバムである事もコンセプトの一つです。(From Season to Season by The Arcadians)
2020年に始まったコロナ禍。時間が止まったような毎日。否が応でも日々の暮らしに目がいき、季節の移り変わりを強く感じたこの4年間。2021年6月にリリースした配信シングル「Dreams Never End」から、その時々の季節に合わせて、季節を意識したシングルを発表して来ました。そもそもコロナ禍に突入した頃、プロデューサーの堀江博久氏から、僕の楽曲の約80%は夏をテーマにした「サマーソング」ではないか?と指摘されました。それは大袈裟としても、元来ネオアコ・ボーイ(&伯父さん)である僕はサマーソング好き!しかしそれは見直した方が良いのではないかと、改めて、これまで僕が書いてきた夏以外をテーマにした楽曲を聴き直し、コロナ禍に隔月で開催してきたライブ・イベント「IVORY CAFE」で演奏をする中で、それぞれの季節に、その季節の歌を歌うことの風情や心地良さを感じた事は、このアルバムに繋がる大きな収穫でした。

カレンダー・アルバムの名盤と言えば、やはり大瀧詠一さんの「NIAGARA CALENDAR」。ジュリー・ロンドンの「カレンダー・ガール」も魅力的な一枚。僕はブリッジの頃に「トラットリア・カレンダー」のサウンドトラック的なカレンダー・コンピレーション・アルバム「The World Shines Brightly」を監修した事があります。

そしてこのアルバムは「青春賛歌」でもあります。ほとんどの歌詞はPOPSやROCKの基本である「BOY MEETS GIRL」であり、青春映画そのものです。コロナ禍において「愛する人と居る時間の尊さ」は、日々の生活の中でとても大切なテーマになり、「愛」「生きること」「友」がこのアルバムの重要なキーワードになっています。

97年1月にリリースされたソロ・デビュー・アルバム「ミニスカート」以来、これまでに数多くの作品をスウェーデンでレコーディングしてきましたが、今回はマスタリングをThe MopedsのDavid Carlsson氏に依頼。The Mopedsには90年代、僕の楽曲やライブでホーンを吹いて貰ったり、2000年にリリースした「You Will Love Me」を一緒にレコーディングした仲。北欧の優しくマイルドな空気でアルバムを包み込んでくれました!

このアルバムはこの4年間の記録であり、「DREAMS NEVER END = 夢は決して終わらない。夢を諦めない」為に、この16の季節の中で僕自身の気持ちの移り変わりを「PURE」な気持ちで表現した、本当の意味でのシンガーソングライター的な作品になったと思います。

カジヒデキ「BEING PURE AT HEART~ありのままでいいんじゃない」収録曲の各月イメージ

1月 A Room Without You / きみのいない部屋
2月 Walkin’ After Dinner / 手をつないで歩こう
3月 Dreams Never End / ドリームズ・ネヴァー・エンド
4月 April Fool / エイプリル・フール
5月 Being Pure At Heart / ありのままでいいんじゃない
6月 Looking For A Girl Like You / ガール・ライク・ユー
7月 Summer Sunday Smile / サマー・サンデー・スマイル
8月 Naked Coffee Affotato / 裸のコーヒー・アフォガート
9月 Preppy Peach / 先のトガったアイスクリーム
10月 Claire’s Knee / クレールの膝
11月 Don’t Wanna Wake Up!! / 起きたくないよ
12月 We Are The Borders / ウィー・アー・ザ・ボーダーズ

関連記事

「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」最終出演者&タイムテーブル発表

3日
おとぎ話

おとぎ話が2年ぶりアルバム「HELL」リリース、新曲「美」先行配信&MV公開

4日
モダンチョキチョキズ

モダンチョキチョキズがライブ、31年前のツアー続編

8日
「JOIN ALIVE 2024」メインビジュアル

「JOIN ALIVE」にイエモン、UVER、リーダーズ、バニラズ、サバシスター、Da-iCEら19組追加

11日
Negicco

Negiccoの20周年ミニアルバムがフィジカル化、ジャケットは江口寿史描き下ろし

19日
Nagakumo

Nagakumo、3周年を記念して3曲隔月配信

20日
「小沢健二『LIFE再現ライブ』」ビジュアル

小沢健二「LIFE」発売30周年、武道館でレコーディングメンバーと一夜限りの再現ライブ

23日
「信州いいやまノーナ・フェス2024」ビジュアル

「信州いいやまノーナ・フェス」今年も開催、2021年出演予定だったアーティストが集結

23日
Nao☆

Negicco Nao☆が歌とユーモアでファンを笑顔に!大盛況の36歳バースデーライブ東京公演

約1か月
カジヒデキ「BEING PURE AT HEART~ありのままでいいんじゃない」ジャケット

カジヒデキ新アルバムジャケは江口寿史描き下ろし

約1か月