JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

AKB48は人生そのもの!柏木由紀がファン、メンバー、OGの愛に見送られた17年間で一番幸せな日

柏木由紀 (c)AKB48
2か月前2024年03月16日 16:06

AKB48の柏木由紀の卒業コンサート「柏木由紀卒業コンサート ~17年間、歩いて来たこの道~supported by イモトのWiFi」が本日3月16日に神奈川・ぴあアリーナMMで開催された。

アイドルの道を進む意思を刻んだ、大切な歌

柏木は2006年12月に3期生としてAKB48に加入。約17年にわたって活動し、人生の半分をAKB48のグループとして過ごしてきた。昨年10月に行われた東京・日本武道館公演「MXまつり AKB48 62ndシングル『アイドルなんかじゃなかったら』発売記念コンサート」で柏木は卒業を発表。そのステージで「周りを見たときに、後輩たちのことをすごく頼りにしてる自分がいて。後輩というよりはみんなのことを本当に仲間だと思うし、同じチームメイトとして呼べるような存在になっているなと思います。みんなにこれからのAKB48をもっともっと引っ張っていってほしいし、これからのAKB48をみんなに楽しんで作っていってほしいなと思います。みんなに卒業を見届けてもらえたら本当に私は幸せだなと思って、このタイミングで卒業を決めます」と卒業理由を語っていた。

ライブは地元の鹿児島を歩く柏木のオープニング映像でスタート。映像では柏木がアイドル人生を振り返り、インタビュアーに苦しかったことを尋ねられても「ないんですよね。毎日本当に楽しかった。向いてたのかなと思いますね、自分に」と迷いなく言い切った。「overture」でいつも以上に熱のこもったオーディエンスのコールが場内いっぱいに鳴り響く。「overture」が終わると、純白のドレスを身にまとった柏木がステージの上段に姿を現した。弦楽四重奏とキーボードの生演奏に乗せて、柏木がゆっくりと歌い始めたのはソロ曲「火山灰」。この曲はAKB48に合格して鹿児島から上京し、アイドルの道を進んだ柏木の覚悟が刻まれたナンバーだ。柏木は穏やかな表情でこの曲を歌い上げ、赤いペンライトの光に染まった会場に澄み渡るような美しい歌声を響かせた。

「今日は皆さん、最高の思い出を作りましょう!」と柏木が右手を突き上げると、AKB48のメンバー全員がステージに勢ぞろいして「ポニーテールとシュシュ」「言い訳Maybe」「大声ダイヤモンド」といったAKB48の代表曲を次々とパフォーマンス。柏木は「17年間の最後ということで、ドキドキと楽しみとワクワクがいっぱい混ざって、今日は今のAKB48のみんなとファンの皆さんと全力で思い出を作りたいと思います!」と声を弾ませた。

”さえゆき”の「てもでもの涙」

ここから柏木は次々と衣装を早着替えしながら楽曲を披露した。彼女は研究生たちと「スカート、ひらり」を届けたあと、倉野尾成美、下尾みう、田口愛佳、福岡聖菜と一列に並び、スタンドマイクで「涙の湘南」を歌唱。会場にはライブではお馴染みの「かっしわぎっちゃーん!」というコールが沸き起こった。NMB48チームNの劇場公演曲「ジッパー」では小栗、山内とともに背中のジッパーを開けるセクシーな振付を披露。柏木がオリジナルメンバーのセンターを務める「口移しのチョコレート」では、さりげない目線や可憐さと妖艶さを兼ね備えた表情が、彼女のアイドルとしての表現力を強く感じさせた。

続いてステージの左側に柏木がせり上がりで登場。そして右側に姿を現したのは、AKB48の2期生の宮澤佐江だ。2009年に行われたミュージカル「AKB歌劇団」をきっかけに仲良くなり、”さえゆき”と呼ばれて仲睦まじい姿を見せてきたこの2人。今でも頻繁にごはんに行く仲である2人は、印象的な手の振付とともに「てもでもの涙」を息ぴったりに歌い上げた。歌い終わると柏木は感極まった様子で「佐江ちゃんありがとう!」と宮澤に抱きつく。「こちらこそありがとう! 卒業したら結婚しようね!」と宮澤が言葉を返すと、柏木は「えー、どうしようかな!」と笑い、2人は手をつないで去って行った。続いて柏木、向井地美音、村山彩希の3人が「思い出のほとんど」を歌唱。柏木から向井地と村山への手紙がスクリーンに映し出される場面を経て、3人はお互いに向かって優しく話しかけるようにじっくりと言葉を紡いだ。

フレンチ・キスが復活

17年間のアイドル人生の中で、2014年にAKB48グループの大組閣によってNMB48、2015年からNGT48に兼任した経験を持つ柏木。彼女はそんな歩みをたどるようにNMB48の「イビサガール」、NGT48の「Maxとき315号」を生き生きと届けた。ここでスクリーンに映し出されたのは、4名からのビデオメッセージ。まずは前田敦子がグループにとっての柏木の大切さを語り、「『がんばったで賞』をあげます! 卒業おめでとう!」言葉を贈った。NMB48で同じ時を過ごした山本彩は「長い時間をかけて、柏木さんから学んだ子はたくさんいる。私自身も、NMB48もその1つです」と述べ、AKB48とNGT48で一緒に活動した北原里英は「新潟から帰る新幹線に乗るときに、コンビニで買い込んで。一緒に帰る時間が本当に平和で幸せで、印象に残っています」と懐かしそうに振り返った。最後のビデオメッセージは、柏木の”最推し”である元モーニング娘。の石川梨華から。石川は「ゆきりんがですね、私のことをガチで応援してくれてるということで、先日も10年ぶりに対談させていただきました」と笑顔で話し、「17年、素晴らしいと思います」と拍手。「卒業してもゆきりんはゆきりんらしく、これからも“アイドルゆきりん”を期待していいですかね? 皆さんも期待していますよね? 私もゆきりんをこれからも応援したいと思います! ゆきりん、卒業おめでとう!」と今後の柏木への期待を語った。

ビデオレターが終わると、柏木、高城亜樹、倉持明日香が姿を現し、2015年以来にフレンチ・キスが復活。3人は「If」を可憐に歌い踊り、「せーの! フレンチ・キスです!」と挨拶した。柏木が卒業発表した際に倉持は「くるかな?」とフレンチ・キス再結成にドキドキしていたことを話し、高城は「すぐに声をかけてくれてうれしかった」と笑う。フレンチ・キスらしい和やかな空気が会場に広がる中、3人はもう1曲、「カッコ悪い I love you!」をさわやかに披露した。

初代AKB48総監督も、ダブルセンターの相方も集結

ステージ上段に初代AKB48総監督の高橋みなみが現れ、「AKBー! 48!」と高らかに叫ぶと、「RIVER」がスタート。柏木と高橋は先頭に立ち、今のAKB48を担う現役メンバーとともにこの曲をパワフルにパフォーマンスした。さらに2代目総監督の横山由依を迎えて、柏木とメンバーは「少女たちよ」を歌唱。「AKBー!」という横山の掛け声が響き渡り、会場に大きなコールも沸き起こった。

その後、柏木がセンターを務めていたチームPBの「遠距離ポスター」をオリジナルメンバーの高城、宮澤を迎えて披露。チームYJの「Choose me!」が流れると、このチームのオリジナルメンバーの指原莉乃、峯岸みなみがステージに登場した。柏木はプライベートで仲が良く、3人でいることも多かった指原と峯岸とともにこの曲を凛とした眼差しで歌い上げた。

2011年に行われた「AKB48選抜総選挙」で前年の8位から3位に大きくジャンプアップし、“神7”の一角を崩して最前列をつかみ取った「フライングゲット」では柏木がセンターに。千葉恵里と小栗有以に挟まれる形で、柏木は思い入れのあるこの曲を届けた。撮影タイムが設けられた「君と虹と太陽と」「10年桜」を経て披露されたのは、柏木がダブルセンターを務めたシングル表題曲「Green Flash」。ステージの奥から現れたのは、もう1人のセンターを務めた小嶋陽菜だ。緑色のライトに染まった会場に、2人のたおやかで美しい歌声が響き渡る。歌い終わると小嶋は「ゆきりん本当におめでとう!」と声をかけた。

ラストナンバーは17年のAKB48人生で柏木が初めて単独センターを務める最新曲「カラコンウインク」。デビュー当時、音楽番組などで印象を残したいと思った柏木が、考えついたのがカメラに抜かれる数秒の中でウインクをすることだった。柏木はキラキラと笑顔を輝かせながらこの曲を歌い、キュートにウインクを披露。ファンが一斉に掲げた「単独センターおめでとう!」というスローガンを目に焼き付け、柏木は「サプライズありがとう!」と告げてステージをあとにした。

私にとってAKB48は人生そのもの

アンコールでピンクの卒業ドレスに身を包んでステージに登場した柏木。彼女は「私は中学3年生のときにAKB48のオーディションに合格して、アイドルになるという夢を叶えた日から17年間、本当に毎日が夢のようで幸せな日々でした。今こうしてたくさんのファンの皆さんの前で卒業コンサートをすることができて、ああ、夢じゃなかったんだなと実感しています」と述べ、「私がアイドル活動をここまで楽しむことができたのは、総選挙や握手会、大切な場面でいつも必ずファンの皆さんが私のことを支えてくれたからだと思います。そしてこれまでたくさんの先輩や同期、後輩をいっぱいいっぱいどのメンバーよりも見送ってきて、寂しい思いもたくさんしてきたけど、今日こうして大好きな今のAKB48のメンバーに見送ってもらうことができて、あのとき辞めなかったのは今日のためだったんじゃないかなと思えるくらい、今私は本当に幸せな気持ちでいっぱいです」と感慨深げに語る。そして柏木は自身のファン、AKB48を応援しているファン、大好きなメンバーにメッセージを贈り、「17年という長い時間、AKB48のメンバーでいられたこと、本当に幸せです。私にとってAKB48は人生そのものです。17年間、皆さん本当に本当にありがとうございました」と告げておじぎをした。そんな言葉を経て、柏木は卒業ソロ曲「最後の最後まで」を披露。17年という長い月日をAKB48で過ごした柏木だからこそ歌える「最後の最後までここにいた あなたならその理由(わけ)をわかってくれるでしょう」「最後の最後まで好きでした ここにいるみんなを…」というメッセージを楽曲に乗せてじっくりと届けた。

私は世界で一番幸せ者です!

この曲を歌い終え、「チームB、集合!」と柏木が号令をかけると、初代チームBの浦野一美、片山陽加、菊地あやか、田名部生来、仲川遥香、仲谷明香、平嶋夏海がステージに集合。「 いつも感謝、冷静、丁寧、正確に。みんなの夢が叶いますように」という柏木の掛け声とともに初代チームBは円陣を組み、「リクエストアワー」で1位に輝いたこともある思い入れの深い楽曲「初日」を披露した。その後、初代チームBと現役AKB48メンバーで「約束よ」を歌唱。続いてチャイムの音を合図に「桜の花びらたち」を現役AKB48メンバーとこの日出演したOGメンバー全員で晴れやかに届けた。「17年間の楽しい時間を振り返りながら、今日1日が17年間の中で一番楽しかったなと思います」と柏木は充実した表情で述べ、「最後に大好きな現役メンバーのみんなとアイドルらしく、みんなと一緒に盛り上がりたいなと思うんですけれど、皆さんまだまだ声出せますかー!」と観客を煽る。そして現役メンバーたちのあふれんばかりの愛と涙を受け取りながら「遠距離ポスター」を弾けるような笑顔で歌った。

センターステージで客席に手を振って挨拶したあと、柏木はスクリーンに映し出されたお城をバックに、花道に作られたメインステージへと続く階段を一段一段上がった。階段を上り切ったところで、メンバー1人ひとりから一輪ずつ花が受け渡される。最後の1本を向井地から受け取った柏木は「たくさんの愛情と思い出をありがとうございました。私は世界で一番幸せ者です! 本当にありがとうございました!」と晴れやかな表情で会場を見渡し、お城の扉の向こうへと去って行った。

柏木由紀 最後の挨拶

私は中学3年生のときにAKB48のオーディションに合格して、アイドルになるという夢を叶えた日から17年間、本当に毎日が夢のようで幸せな日々でした。今こうしてたくさんのファンの皆さんの前で卒業コンサートをすることができて、ああ、夢じゃなかったんだなと実感しています。私がアイドル活動をここまで楽しむことができたのは、総選挙や握手会、大切な場面でいつも必ずファンの皆さんが私のことを支えてくれたからだと思います。そしてこれまでたくさんの先輩や同期、後輩をいっぱいいっぱいどのメンバーよりも見送ってきて、寂しい思いもたくさんしてきたけど、今日こうして大好きな今のAKB48のメンバーに見送ってもらうことができて、あのとき辞めなかったのは今日のためだったんじゃないかなと思えるくらい、今私は本当に幸せな気持ちでいっぱいです。

私のことを応援してくださった皆さんへ。昔から応援してくださっている皆さんも、最近好きになってくれた方も本当にありがとうございます。どんなときも味方でいてくれて、理解してくれるみんながいてくれたからこそ、私はここまで楽しくがんばってこれました。なかなか思うように恩返しができなかった17年だったかなと思ったりもするけど、最後にシングルの単独センターという形で、少しはみんなも報われたかななんて。胸を張ってゆきりん推しだって言えるような恩返しが最後にできたかなと思います。卒業しても、皆さんの前ではアイドルでいさせてください!

そして今のAKB48を応援してくださっている皆さんへ。こんなにたくさんのアイドルがいる中で、AKB48を選んでくれて、本当にありがとうございます。私は17年間、本当にいろんなAKB48を見てきて、どの時代もそのときのAKB48が一番だと思ってやってきたし、私は今のAKB48が最強で最高だと心の底から思っています。それでもグループに歴史があるぶん、心ないことを言う人がいるかもしれません。そんなときはファンの皆さんがメンバーの味方でいてくれたらうれしいなと思います。これからもどうか、AKB48を温かく見守ってください。よろしくお願いします。

そして最後に、大好きなメンバーのみんなへ。みんなのまっすぐなところ、AKB48のことを心から愛しているところ、すべてが愛おしくて私は大好きです。いっぱい迷惑もかけちゃったし、みんなが気を遣ってくれてるなと感じることもあったけど、それにもいっぱい甘えてきちゃったなと思います。そんな頼りない先輩なのに、私が話すことにちゃんと耳を傾けてしっかり話を聞いてくれて、精一杯応えようとしてくれるみんなを見るたびに、何度も私は初心を思い出すことができました。そんなみんなとだからこそ、私はこんなに長くこのグループにいたいと思ったし、みんなと作ってきた今のAKB48が本当に本当に大好きです。これからうれしいこと、がんばらなきゃいけないこと、なかなかうまくいかないなと思うこと、いろんなことがみんなを待ってると思います。でも、みんならしく、AKB48の過去にとらわれず、みんなが心の底から楽しいと思える、そんなAKB48を皆さんの力で作っていってくれたらうれしいなと私は思います。

改めて、17年という長い時間、AKB48のメンバーでいられたこと、本当に幸せです。私にとってAKB48は人生そのものです。17年間、皆さん本当に本当にありがとうございました。

セットリスト

「柏木由紀卒業コンサート ~17年間、歩いて来たこの道~supported by イモトのWiFi」2024年2月16日 ぴあアリーナMM

01, 火山灰 / 柏木由紀
02. ポニーテールとシュシュ / 全員
03. 言い訳Maybe / 全員
04. 大声ダイヤモンド / 全員
05. シアターの女神 / 全員
06. スカート、ひらり / 柏木由紀、橋本恵理子、平田侑希、水島美結、久保姫菜乃、八木愛月、山口結愛
07. 涙の湘南 / 柏木由紀、倉野尾成美、下尾みう、田口愛佳、福岡聖菜
08. ジッパー / 柏木由紀、小栗有以、山内瑞葵
09. 口移しのチョコレート / 柏木由紀、大盛真歩、千葉恵里
10 .てもでもの涙 / 柏木由紀、宮澤佐江
11. 思い出のほとんど / 柏木由紀、向井地美音、村山彩希
12. Teacher Teacher / 柏木由紀、小田えりな、倉野尾成美、下尾みう、谷口めぐ、永野芹佳、村山彩希、山内瑞葵、八木愛月、山口結愛
13. ロマンス拳銃 / 柏木由紀、岩立沙穂、岡部麟、行天優莉奈、高橋彩音、田口愛佳、平田侑希、正鋳真優、久保姫菜乃、迫由芽実
14. 呼び捨てファンタジー / 柏木由紀、小栗有以、込山榛香、佐藤美波、千葉恵里、徳永羚海、橋本陽菜、福岡聖菜、小濱心音、布袋百椛
15. イビサガール / 柏木由紀、坂川陽香、鈴木くるみ、長友彩海、武藤小麟、山根涼羽、佐藤綺星、山崎空 、秋山由奈、工藤華純
16. Maxとき315号 / 柏木由紀、大盛真歩、黒須遥香、向井地美音、太田有紀、橋本恵理子、畠山希美、水島美結、新井彩永、成田香姫奈
17. If / 柏木由紀、高城亜樹、倉持明日香(フレンチ・キス)
18. カッコ悪い I love you! / 柏木由紀、高城亜樹、倉持明日香(フレンチ・キス)
19. RIVER / 柏木由紀、岩立沙穂、倉野尾成美、込山榛香、谷口めぐ、永野芹佳、福岡聖菜、向井地美音、村山彩希、山内瑞葵、水島美結、秋山由奈、工藤華純、八木愛月、山口結愛、高橋みなみ
20. 少女たちよ / 柏木由紀、大盛真歩、岡部麟、小栗有以、小田えりな、行天優莉奈、下尾みう、高橋彩音、田口愛佳、千葉恵里、徳永羚海、橋本陽菜、武藤小麟、山根涼羽、平田侑希、横山由依
21. 遠距離ポスター / 柏木由紀、鈴木くるみ、長友彩海、佐藤綺星、山崎空、高城亜樹、宮澤佐江
22. Choose me! / 柏木由紀、指原莉乃、峯岸みなみ
23. ジワるDAYS / 柏木由紀、大盛真歩、小栗有以、倉野尾成美、下尾みう、田口愛佳、千葉恵里、長友彩海、向井地美音、村山彩希、山内瑞葵、佐藤綺星、平田侑希、水島美結、秋山由奈、八木愛月
24. フライングゲット / 全員
25. 君と虹と太陽と / 全員
26. 10年桜 / 全員
27. Green Flash / 全員+小嶋陽菜
28. カラコンウインク / 全員
<アンコール>
29. 最後の最後まで / 柏木由紀
30. 初日 / 柏木由紀、浦野一美、片山陽加、菊地あやか、田名部生来、仲川遥香、仲谷明香、平嶋夏海
31. 約束よ / ALL+浦野一美、片山陽加、菊地あやか、田名部生来、仲川遥香、仲谷明香、平嶋夏海
32. 桜の花びらたち / 全員+宮澤佐江、高城亜樹、倉持明日香、高橋みなみ、横山由依、指原莉乃、峯岸みなみ、小嶋陽菜、浦野一美、片山陽加、菊地あやか、田名部生来、仲川遥香、仲谷明香、平嶋夏海
33. 遠距離ポスター / 全員

※山崎空の崎は立つ崎が正式表記、高橋彩音の高ははしご高が正式表記。

関連記事

松井珠理奈

松井珠理奈がマレーシアKLP48のプレイングマネージャーに就任、再びステージへ

1日
井上ヨシマサ

井上ヨシマサ作家デビュー40周年アルバムに小泉今日子、植草克秀、矢作萌夏が参加

11日
「TOKYO IDOL FESTIVAL 2024」ロゴ

「TIF2024」にAKB48グループ6組が勢ぞろい

12日
柏木由紀 (c)Watanabe Entertainment / KING RECORDS

柏木由紀が=LOVEイベントでコラボ、AKB48卒業後初ライブ

15日
秋山由奈(c)AKB48

AKB48の64thシングル、選抜メンバー続々発表

17日
柏木由紀

AKB48卒業間近、アイドル・柏木由紀が次週「情熱大陸」に登場

22日
Number_i

「Mステ」名物“階段降り”が復活、初登場Number_i「なるべく前向こうね」

約1か月
柏木由紀「柏木由紀 3rd Tour 寝ても覚めてもゆきりんワールド~ソロデビュー10周年も夢中にさせちゃうぞっ♡~2024.1.27@Zepp DiverCity」Blu-rayジャケット

柏木由紀ソロデビュー10周年ツアー「寝ても覚めてもゆきりんワールド」が円盤化

約1か月
小田えりな1st写真集「青春の時刻表」表紙 (c)佐藤佑一 / 玄光社

AKB48小田えりな初写真集のカバー公開、秋元康による帯コメントも

約1か月
Number_i

次週「Mステ」にNumber_i、WEST.、ミセス、NiziU、ME:I、トニセン、AKB48、LiSAら

約1か月