JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

AMEFURASSHI、ワンマン「FLWRS」でも会場を満員に!Colorsを魅了した四季色とりどりの表現

AMEFURASSHI「FLWRS」の様子。(撮影:笹森健一)
約2か月前2024年03月17日 8:07

AMEFURASSHIが3月15日に東京・EX THEATER ROPPONGIでワンマンライブ「FLWRS」を開催した。

“四季を彩る花”がキーワード、ライブの幕開けは “冬”

2023年、フリーライブで撮影されたダンス動画がTikTokで大きく広がったことをきっかけにファン層を拡大させることに成功したAMEFURASSHI。夏に東京・新宿ReNYで行った「梅雨祭2023」、年末に東京・品川ステラボールで開催した結成5周年記念ライブのチケットをソールドアウトさせるなど1年を通して大きな飛躍を遂げた彼女たちは、その勢いを緩めることなく2024年を迎え、単独公演としては過去最大規模の会場となるEX THEATER ROPPONGIのステージへ。今回も見事チケットを完売させることに成功し、迫力あふれるパフォーマンスで大勢の観客の視線を釘付けにした。

今回の公演では“四季を彩る花”をキーワードに、季節ごとの4ブロックに分かれてライブが進行。まずは“冬”のブロックで「FLWRS」の幕が開ける。花が咲く様子を捉えた幻想的なオープニング映像がSEとともに流れる中、白いコートを羽織ったAMEFURASSHIがステージの上段へ。舞台と客席を隔てていた紗幕が落とされると当時に、ジャージークラブのリズムを取り入れたナンバー「SPIN」を1曲目に披露した。LEDスクリーンの映像が花から廃工場へと切り替わり、ミュージックビデオの世界観が再現される会場内。シンプルなステージセットがパフォーマンスの迫力を最大化し、楽曲がダンスパートに突入すると、客席から大きな歓声が沸き起こった。さらに4人は吹雪の映像をバックにクールなダンスナンバー「SENSITIVE」「Love is love」を畳みかけたのち、鈴木萌花のソロ曲「Snow Drop」を披露するという意外な選曲で観客を夢中にさせる。「Snow Drop」では会場に響きわたる鈴木の芯の強い歌声に、ほかのメンバーがダンスで華を添えた。

ウェットで温かい歌声が響いた“春”

続いてスクリーンの映像が桜吹雪に切り替わり、季節は“春”へ。小島はながソロで踊るインタールードを挟み、コートを脱いで衣装チェンジしたメンバーは「メタモルフォーズ」「グラデーション」と、春の到来を感じさせるポジティブなメッセージソングでフロアの温度を高めていく。「メタモルフォーズ」の間奏では観客が一斉にジャンプし、新グッズ「FLWRS」ペンライトの色とりどりの光がフロアで揺らめいた。スタイリッシュなパフォーマンスの印象が強いAMEFURASSHIだが、「ダラディギドンドン」という“おまじない”を連呼する歌詞が中毒性を生み出す「Magic of love」、デート前の朝の“バタバタ”をキュートな歌とダンスで表現した「Batabata Morning」が緩急とアクセントを加える。さらには初期の楽曲「バカップルになりたい!」もセットリストに。メンバーはそれぞれバッグを肩に掛けて歌い踊り、まばゆい笑顔を弾けさせた。

はつらつとしたパフォーマンスが連続したかと思えば、R&Bナンバー「Blue」で場内はしっとりとしたムードに一変。青い照明と雨の映像に彩られながら愛来がソロで歌唱し、ウェットな歌声を会場に充満させた。その後、再びステージに4人そろったAMEFURASSHIは、先日配信リリースした初期曲「差し出された手をあの時握ってたら運命変わってたかな?」リアレンジバージョンなどを披露。温かな歌声をまっすぐに届けた。

会場の熱気と一体感が増した“夏”

“春”が過ぎ去ると、場内に流れる波の音が“夏”の訪れを観客に知らせる。AMEFURASSHIはラテン調のBGMに乗せて踊りながらブラウスを脱ぎ、カラフルなトップスの夏衣装へとチェンジ。身軽になった4人はヘッドセットマイクで「Blow Your Mind」「Fly Out」を披露し、会場全体を熱気で満たしていく。メンバーが曲中に早口言葉に挑戦する「Tongue Twister」、うちわを持って歌うのが恒例の「ALIVE」で観客との一体感はさらに強固なものに。フロアのファンは4人の顔写真が貼られた新グッズのうちわを掲げ、お祭り騒ぎのような盛り上がりを見せた。

新曲も飛び出し、エモーショナルに締めくくられた“秋”

“夏”を一気に駆け抜けると、スクリーンに「FLWRS」のリハーサル映像が映し出され、それと同時に季節が“秋”へと移り変わっていく。花柄の新衣装に着替えて姿を現したメンバーは、ここで人間の二面性をテーマにした新曲「Secret」を初披露。途中にセリフが差し込まれるなど、グループの新境地とも言えるナンバーで観客を興奮させた。なお、「Secret」はライブ翌日の3月16日に配信リリースされた。

そして市川優月によるソロダンスのインタールードを経て、「FLWRS」はいよいよクライマックスへ。AMEFURASSHIは「雑踏の中で」で切なくも伸びやかな歌声を届けると、続いてステージ上段に並び、壮大なバラードナンバー「UNDER THE RAIN」を歌唱。夕陽の映像と歌詞をバックに力強く歌い上げる彼女たちの姿に、観客はただただ圧倒される。“春夏秋冬”を締めくくる「ミクロコスモス・マクロコスモス」では、このライブのコンセプトを象徴するようにさまざまな花が咲く映像が投影される中、4人が凛々しいステージングを展開。曲が終わると、エモーショナルな余韻を残してさっそうとステージを立ち去った。

4人から“Colors”へ

アンコールはライブの定番曲「MICHI」でスタート。この曲ではメンバーが「バッテン・上・下・右・左」の振付を観客にレクチャーするのがおなじみで、この日も会場全体が一体となってダンスする。ラストのサビ前の愛来のフェイクも見事に決まった。シティポップナンバー「Lucky Number」では、入場時の整理番号が315だった観客がスクリーンに映し出されるサプライズ演出が繰り広げられ、その“ラッキーパーソン”にはメンバーのサイン入りグッズがプレゼントされた。

ライブ本編を怒涛の勢いで駆け抜けたAMEFURASSHIは、ここでようやくこのライブ初のMCへ。春は桜の香り、秋は金木犀の香りと、季節に合わせて会場内に異なるフレグランスが漂う演出を盛り込んでいたことに触れ、事前に「五感で楽しめるライブ」と語っていたその意味を明かした。続いて4人はグループの未来に期待感を抱かせるお知らせを次々に発表。6月7日に東京・文京シビックホールで「梅雨祭2024」、9月16日に東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でワンマンライブが開催されることが告げられると、盛大な歓声と拍手が沸き起こった。さらに2025年2月11日にもワンマンライブが行われる予定で、会場などの詳細は追って発表される。このほか、今年9月にオフィシャルファンクラブが開設されることもアナウンスされた。

ファンと喜びを分かち合った4人は、それぞれ現在の心境や感謝の思いを言葉に。市川は「私たちは3B juniorのときにこのステージに立って、7年ぶりに戻ってきたんですけど、当時は本当に悔しい思い出しかなくて。満員の景色を見れなかったし、『こんな会場、埋められる人いるの?』と思うくらい大きな壁だったんですよ。だから7年越しにここでライブをすると決まったとき、絶対に思い出を塗り替えたいと思ったし、この4人でもっと上に行きたいと思っていたから、絶対に満員の景色を見たかったんです」と今回のライブに対する強い思いを語った。メンバーのうち鈴木、市川、小島は、2014年3月に東京・国立競技場で行われたももいろクローバーZのコンサートでステージデビューを果たした経歴を持ち、その日から10周年を迎えたばかり。このことに触れた市川は「10年でもっと上に行けなかったのかなという悔しさはすごくあります。どんな選択肢も正解はないんだろうけど、私はこの景色が見れてよかったな、あきらめないでよかったなとすごく思います」と達成感を噛み締めた。

4人全員が挨拶を終えると、愛来はこれまで定まっていなかったAMEFURASSHIのファンネームを発表。彼女が「老若男女問わず幅広い世代の方、日本だけじゃなく外国の方、アイドルを好きになったことがない方、いろいろなところからいろんな方が集まっていただけるように、という意味を込めて『Colors』に決めました」と告げると、温かい拍手が場内に広がった。

この流れを経てAMEFURASSHIがアンコールの最後に歌った楽曲は、メンバーが作詞に参加し、昨年末のステラボール公演で初披露された「Colors」。愛来、小島、鈴木と1人ずつ歌い、途中から市川のラップが加わる。曲の最後にステージ中央で寄り添った4人は「自分を信じて 歩き続ける yeah 君と君と君と君と生きていく」とユニゾンで歌い、愛来のひと言「ありがとう」でパフォーマンスをフィナーレへ。彼女たちのメッセージを受け取った会場のColorsが改めて拍手喝采を送り、約2時間半にわたるワンマンライブ「FLWRS」の幕が閉じた。

セットリスト

AMEFURASSHI「FLWRS」2024年3月15日 EX THEATER ROPPONGI

01. SPIN
02. SENSITIVE
03. Love is love
04. Snow Drop
05. DROP DROP
06. メタモルフォーズ
07. グラデーション
08. Magic of love
09. Batabata Morning
10. バカップルになりたい!
11. Blue
12. One More Time
13. 差し出された手をあの時握ってたら運命変わってたかな?(AMEFURASSHI version)
14. Blow Your Mind
15. Fly Out
16. Tongue Twister
17. ALIVE
18. Secret
19. Drama
20. 雑踏の中で
21. UNDER THE RAIN
22. ミクロコスモス・マクロコスモス
<アンコール>
23. MICHI
24. Lucky Number
25. Colors

ライブ情報

梅雨祭2024

2024年6月7日(金)東京都 文京シビックホール

AMEFURASSHI ワンマンライブ

2024年9月16日(月・祝)東京都 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

AMEFURASSHI ワンマンライブ

2025年2月11日(火・祝)

※会場は後日発表

オンエア情報

BS日テレ「AMEFURASSHIの春休み2024 in沖縄」
2024年3月30日(土)23:00~23:30
2024年4月6日(土)23:00~23:30

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「竹中夏海プロデュース おもカワ~アイドルコントバトル」ビジュアル

8人のアイドルがコント対決!振付演出家・竹中夏海プロデュースの「おもカワ」新イベント開催

1日
「週刊少年サンデー」2024年24号表紙

AMEFURASSHI愛来が「サンデー」表紙&巻頭グラビア初登場

1日
AMEFURASSHI「Secret」ダンスプラクティス映像より。

AMEFURASSHI、新曲「Secret」ダンスプラクティス&レコーディング映像を同時公開

18日
「@JAM 2024」ロゴ

「@ JAM 2024」にAMEFURASSHI、つばきファクトリー、でんぱ組.incら登場

24日
「TOKYO IDOL FESTIVAL 2024」ロゴ

「TIF2024」iLiFE!、でんぱ組.inc、FRUITS ZIPPERら出演決定 チェアマンは今年も長濱ねる

29日
スターダストプラネットの所属アイドルグループ全11組。

ももクロを筆頭に計11組69名が「無限会社スタプラ」発足!日本全国からコラボプロジェクト大募集

約1か月
「LuckyFes」ロゴ

茨城「LuckyFes」第2弾発表で7ORDER、yama、相川七瀬、リーダーズ、ふるっぱーら14組追加

約1か月
AMEFURASSHI

AMEFURASSHI、EX THEATER公演より新曲「Secret」ライブ映像公開

約2か月
「LuckyFes」ロゴ

「LuckyFes」第1弾発表にマンウィズ、SCANDAL、金爆、水カン、Novelbrightら19組

2か月