JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ROTH BART BARON「8」ツアー完遂、会場に広がった優しく力強く壮大な音楽世界

「ROTH BART BARON『8』TOUR 2023-2024」ファイナル公演の様子。(Photo by Daiki Miura)
2か月前2024年03月22日 12:05

ROTH BART BARONの全国ツアー「ROTH BART BARON TOUR 2023-2024『8』」のファイナル公演が3月17日に東京・Spotify O-EASTで開催された。

「8」で描かれた“ジュブナイル”の世界へ

2023年秋に最新アルバム「8」をアナログ盤と配信でリリースしたROTH BART BARON。8枚目のオリジナルアルバムである本作は、ドイツ・ベルリンで新生活を始め、その大きな環境の変化が創作の原点回帰につながったという三船雅也が、今響かせたい音楽を追求しながら完成させた。アルバムに紐付くショートムービーも含め10編の“ジュブナイル物語”を描き出したROTH BART BARONは、この作品のリリースに伴い、北は北海道、南は熊本県までを巡る全国ツアーへ。そしてその最終地点であるSpotify O-EASTへとたどり着いた。

開演時刻を迎えると、ステージ上のスクリーンに「8」の文字が映し出され、メンバーが観客の前に登場。フロアから拍手が沸き起こる中、ライブはアルバム「8」のオープニングトラック「Kid and Lost」でスタートした。スクリーン上で展開される鮮やかなVJ演出、ベースやドラム、管楽器が生み出す奥行きのある壮大なサウンド、ファルセットを織り交ぜつつ「あたらしい 扉を 開けてみせましょう」というリリックを紡ぐ三船の歌声が観客をROTH BART BARONの世界観へと誘う。曲中に三船が「やっほー」とひと言つぶやき、場内にリラックスした空気が広がる場面もありつつ、「Boy」「Ring Light」といった「8」の収録曲はもちろん、「HEX」「HAKU」などの過去のアルバムの楽曲が立て続けに披露されると、観客の視線は終始ステージに釘付けになった。

アコギ1本で歌われたミッシェル「世界の終わり」

MCに入ると、ここまでの演奏に対する感動を示すように盛大な拍手が沸き起こる会場内。続いて三船は「北海道の公演でこの曲を歌ったら、『東京では絶対にやらないでくださいよ』って言われたんですけど」と話しつつ、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのメジャーデビュー曲「世界の終わり」をアコースティックギター1本でカバーした。原曲とは対照的とも言えるシンプルな音数のアレンジながら、繊細さと力強さを併せ持った三船の歌声に、昨年11月にこの世を去ったチバユウスケへのトリビュートの精神がにじんでいた。

その後「けもののなまえ」「極彩 | I G L (S)」などをプレイし、場内にこれまで以上の高揚感をもたらしていくROTH BART BARON。ライブ終盤、三船の「踊ろうぜ」という言葉ととも「8」のリード曲であるラブソング「Closer」が始まり、かき鳴らされるエレキギターのサウンドが印象的なロック色の強いナンバー「ONI」へと続くと、フロアいっぱいに心地よい熱気が充満した。

夏はLINE CUBEで「BEAR NIGHT」

「MOON JUMPER」でライブ本編を締めくくったROTH BART BARONは、アンコールを求める声に応えて再びステージに姿を現すと、スクリーンに映し出される月をバックに「月に吠える」でライブを再開する。続くMCでは、単独公演「ROTH BART BARON "10th ANNIVERSARY"~BEAR NIGHT 5~」が8月4日に東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催されることが三船の口から発表された。「BEAR NIGHT」はバンドがやりたいことを詰め込んで作り上げる夏の単独公演フェスティバルで、特別編成のライブパフォーマンスや特別ゲストとのコラボステージ、バンドコミュニティ「PALACE」による特別企画などが展開される。2022年、2023年は東京・日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)が舞台となったが、今回は屋内での開催となる。

告知を終え、ツアーを完走できたことへの感謝の思いを口にした三船は「またいろいろやりましょう」と観客に呼びかけると、「dying for」「NIN / GEN」の2曲を歌唱。歌と演奏による雄大なムードがフロアを飲み込む中、スクリーンに投影されていたUFOのような物体がやがて「8」の形に変化し、「ROTH BART BARON TOUR 2023-2024『8』」の終幕を告げた。そしてここでライブが終わるかと思いきや、熱い声援を送る観客によって再びステージへと導かれたROTH BART BARONはラストにもう1曲、蘇生や復活、祝福をテーマにした楽曲「鳳と凰」を披露。会場全体で盛大なシンガロングを繰り広げ、ツアー完遂の喜びをファンと分かち合った。

なお、チケットぴあでは3月28日まで「ROTH BART BARON "10th ANNIVERSARY"~BEAR NIGHT 5~」のチケット先行抽選予約を受付中。

セットリスト

ROTH BART BARON「ROTH BART BARON『8』TOUR 2023-2024」2024年3月17日 Spotify O-EAST

01. Kid and Lost
02. Boy
03. Ring Light
04. みず / うみ
05. HEX
06. Exist Song
07. HAKU
08. BLOW
09. 世界の終わり
10. 千の春
11. けもののなまえ
12. ウォーデンクリフのささやき
13. 極彩 | I G L (S)
14. 赤と青
15. Ubugoe
16. Closer
17. ONI
18. MOON JUMPER
<アンコール>
19. 月に吠える
20. dying for
21. NIN / GEN
<ダブルアンコール>
22. 鳳と凰

ライブ情報

ROTH BART BARON "10th ANNIVERSARY"~BEAR NIGHT 5~

2024年8月4日(日)東京都 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
<出演者>
ROTH BART BARON
三船雅也(Vo, G) / 西池達也(key) / 西田修大(G) / 竹内悠馬(Tp) / 大田垣正信(Trombone) / KOTETSU(Trombone, G) / Ryu(Ryu Matsuyama / key) / ザック・クロックサル(B) / 工藤明(Dr) / and more

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「#あの頃のジブンに届けたいコトバ展」の様子。

尾崎世界観、imase、アユニ・Dらの直筆レター読めるFRISK展示会スタート 参加型企画も

約1か月
「#あの頃のジブンに届けたいコトバ」キービジュアル

尾崎世界観、Aile The Shota、imase、アユニ・D、SIRUPらが“あの頃のジブン”に手紙を執筆

約2か月
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO」第1弾出演アーティスト

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024」にスピッツが21年ぶり出演、スカパラは20回目

約2か月
「FUJI&SUN」キーカット

アジカン、木村カエラ、エゴ、ネバヤンら10組の「FUJI & SUN」ライブ映像を立体音響で配信

2か月
「ROTH BART BARON "10th ANNIVERSARY"~BEAR NIGHT 5~」ビジュアル

ROTH BART BARON単独公演「BEAR NIGHT」今年は渋谷で開催

2か月
ROTH BART BARON

ROTH BART BARON「Closer」MV明日公開、リミックスイベントに江﨑文武&Sakura Tsuruta

4か月
ROTH BART BARON

ROTH BART BARONリミックスコンテスト開催、グランプリにはAbleton Live 12をプレゼント

5か月
左から三船雅也、崎山蒼志。

ROTH BART BARONポッドキャストに崎山蒼志が登場、三船雅也と音楽談義

5か月
「ROTH BART BARON presents BEAR RADIO」告知ビジュアル

ROTH BART BARONポッドキャスト番組にYONCE登場、トークテーマは“ジュブナイル”

6か月