JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

リーガルリリー、新体制初のツアーで伝えた感謝と未来への思い

リーガルリリー「Regallily “LIVE HOUSE TOUR 2024”」東京・渋谷CLUB QUATTRO公演の様子。(撮影:藤井拓)
約1か月前2024年04月13日 13:06

リーガルリリーが4月11日に東京・渋谷CLUB QUATTROでライブツアー「Regallily “LIVE HOUSE TOUR 2024”」のファイナル公演を開催した。

大切な武器を磨く春

3月にゆきやま(Dr)が脱退し、リーガルリリーはたかはしほのか(Vo)と海(B)の2人体制での活動をスタート。2人はサポートドラマーにUraraを迎え、新体制初のツアーを行った。

「教室のドアの向こう」をたかはしが弾き語りで歌い始め、ゆるやかにライブの幕が上がる。無垢な歌声でワンコーラスが紡がれたところで海とUraraの演奏が加わり、3人はみずみずしいサウンドを勢いよく鳴り響かせた。さらに彼女たちは17歳の感情が描かれた楽曲「17」をプレイ。どこか開放的な空気をまといながら、学生時代を彷彿とさせる楽曲を続けて届けた。

その後もメンバーは息ぴったりに生き生きと楽曲を披露していく。「スターノイズ」や「東京」といった楽曲では、衝動に身を任せるようなアグレッシブな演奏が繰り広げられた。ミラーボールが輝いた「ハイキ」を経て、たかはしが笑顔で飛び跳ねながら弾き始めたのは「GOLD TRAIN」。3人の前のめりなプレイがオーディエンスの心を熱く駆り立て、会場は高揚感で満たされた。

「春になってきましたね。4月になって新しい生活が始まります。新しいものに挑戦するときって、今までの自分が偽物だったように感じることがあって」と話を切り出したたかはし。彼女は「だけど、私にはこうやってギターがあって、それが自分を守るための一番大切な武器。そういうものがみんなそれぞれあると思います」と穏やかな表情で語った。「その武器を、『ありがとう』って磨いてあげるような春になったら。そういう曲ができたらいいなと思って作った曲をやります」とたかはしが述べ、歌い始めたのは2月に配信リリースしたナンバー「春が嫌い」。環境の変化が多い春という季節に焦点を当てたこの曲をまっすぐにオーディエンスに届けた。

リーガルリリーは、1つの生命体

歪んだベースリフで代表曲の1つ「1997」の演奏がスタートすると、フロアからひと際大きな歓声が上がる。メンバーは楽しげな表情を浮かべ、音を弾ませるようにこの曲をプレイした。たかはしは「リーガルリリーは今年で結成して10周年目になります。私は高校生のときにバンドを始めたんですが、高校に通っていたときに教室の中で、どこが自分の息を吸える場所なのかわからなくて。なぜそうなのかというと、吐くことがまるで許されないような気がして。じゃあどこで息をすればいいんだろうって、そんな高校生活を送っていました」と学生時代を振り返り、「でも、音楽に出会って、バンドに出会って、ライブハウスで息を吸って吐く場所があるんだと思いました。ライブハウスも教室も箱だけど、こんなにも息を吸う気持ちが違うんだなって」と話す。そんな言葉に続いて披露されたのは、当時教室でメロディが生まれたという「教室のしかく」。たかはしは教室にいながら頭の中で口ずさんでいたというこの曲を切なげに歌い上げた。さらにライブ終盤、「好きでよかった。」「魔女」といったバンド初期に生まれた楽曲がエモーショナルに披露される。そして最後に彼女たちは初期の代表曲「リッケンバッカー」を勢いよく放ち、ステージを去って行った。

アンコールを求める拍手に呼ばれ、再びステージに登場したリーガルリリー。たかはしはバンドが新体制になったことに触れ、「今までドラムを10年間も私の後ろで叩いてくれたゆきやま。私が17歳のときにライブハウスですごくドラムのうまい女の子に出会って、一緒にやりたいなと思って、いっぱいいっぱい連絡をして。最初は断られたりしちゃったんですけど、一緒にバンドを組んでくれて、10年間ずっとやってくれた」とゆきやまへの感謝の思いを述べる。そして彼女が「私はリーガルリリーというのは、1つの生命体だと思っていて。私がいるからリーガルリリーというわけじゃなくて、私すらも所属することができない、そういう1つの生命体。私はそのお花に水をあげたりしていて、聴いてくださる方たちも水をあげてくれて、生命体が育っていく感じがして。ゆきやまもたくさんお花に水をあげてくれていたんだなと思ったから、そこで育ったお花を枯らさないように、ゆきやまが育ててくれたお花を、皆さんと一緒にすごいお花にできたらいいなと思います。これからも私たちをよろしくお願いします」と観客に言葉を届けると、フロアは温かな拍手に包まれた。

その後、リーガルリリーはテレビアニメ「ダンジョン飯」第2シーズンのエンディング主題歌としてオンエア中の新曲「キラキラの灰」を披露。きらめくようなポップなメロディをグルーヴ感たっぷりに紡いだ。ラストナンバーは「せかいのおわり」。疾走感のあるプレイで最後まで駆け抜け、彼女たちは新体制初のライブを締めくくった。

なおリーガルリリーは7月よりバンド結成10周年を記念した全国ツアー「リーガルリリー 10th Anniversary TOUR 2024」を行う。チケットぴあでは、4月21日までチケットの先行抽選予約を受け付けている。

セットリスト

リーガルリリー「Regallily “LIVE HOUSE TOUR 2024”」2024年4月11日 渋谷CLUB QUATTRO

01. 教室のドアの向こう
02. 17
03. トランジスタラジオ
04. スターノイズ
05. 東京
06. ハイキ
07. GOLD TRAIN
08. 60W
09. 蛍狩り
10. 猫のギター
11. 春が嫌い
12. たたかわないらいおん
13. 1997
14. 教室のしかく
15. 好きでよかった。
16. 魔女
17. リッケンバッカー
<アンコール>
18. キラキラの灰
19. せかいのおわり

ツアー情報

リーガルリリー 10th Anniversary TOUR 2024

2024年7月5日(金)東京都 Zepp DiverCity(TOKYO)
2024年7月20日(土)大阪府 GORILLA HALL OSAKA
2024年7月21日(日)愛知県 THE BOTTOM LINE
2024年8月31日(土)香川県 DIME
2024年9月7日(土)北海道 cube garden
2024年9月14日(土)広島県 広島CLUB QUATTRO
2024年9月15日(日)福岡県 DRUM Be-1
2024年9月21日(土)宮城県 darwin
2024年9月22日(日)新潟県 GOLDEN PIGS RED STAGE
2024年9月28日(土)石川県 Kanazawa AZ
2024年9月29日(日)京都府 磔磔

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

Cody・Lee(李)「最後の初恋」ジャケット

Cody・Lee(李)新アルバム「最後の初恋」詳細、リーガルリリーたかはしほのか参加曲のMV公開

約2時間
「YON FES 2024」ロゴ

フォーリミ主催「YON FES 2024」にKANA-BOON、ユアソン、チリビ、リーガルリリー出演

14日
「忘れられない風景と音楽 プロジェクト」キービジュアル

リーガルリリーたかはしほのか、Technics「忘れられない風景と音楽 プロジェクト」ナレーション担当

23日
リーガルリリー「キラキラの灰」MVより。

リーガルリリーと少年と老人、「キラキラの灰」横スクロールなMV公開

約1か月
リーガルリリー

リーガルリリー「ダンジョン飯」ED主題歌をCDリリース、カップリングに新曲「ゴーレムの涙」収録

約1か月
「ライブナタリー “ドミコ × cinema staff × リーガルリリー”」フライヤー

ドミコ×cinema staff×リーガルリリー、GW明けの渋谷で三つ巴対バン

約1か月
「リーガルリリー 10th Anniversary TOUR 2024」フライヤー

2人になったリーガルリリー、バンド結成10周年ツアーで全国11カ所を回る

約2か月
「ダンジョン飯」PVより。(c)九井諒子・KADOKAWA刊/「ダンジョン飯」製作委員会

「ダンジョン飯」OP主題歌をsumika、ED主題歌をリーガルリリーが担当

約2か月
「ARABAKI ROCK FEST. 24」ロゴ

「ARABAKI」トリ務める9mm、リーガルリリー、10-FEETのセッションゲストは

約2か月