JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

“新米記者”藤吉夏鈴走る!主演映画の予告編公開、主題歌はクレナズム

「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」ポスタービジュアル(c)2024「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」製作委員会
約1か月前2024年04月23日 23:02

8月9日に公開される藤吉夏鈴(櫻坂46)の主演映画「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」の予告編がYouTubeで公開された。

藤吉が映画初出演にして初主演を務める今作は、私立櫻葉学園高校の新聞部を舞台とした社会派青春エンタテインメント。藤吉演じる文学オタクの高校1年生・所結衣が、憧れの作家・緑町このはの正体を突き止めるべく新聞部の新米記者“トロッ子”として奔走するうちに学園の大きな闇にぶつかり、正義とは何か、善悪とは何かに迫っていく。監督は「恋は光」の小林啓一が務めた。

初の映像公開となる今回の予告編は、「新聞部はこちらでしょうか?」と、結衣が学園のスクープを狙う新聞部を訪ねるシーンから始まる。なお、今作の主題歌はクレナズムが書き下ろした「リベリオン」に決定。予告編にはこの「リベリオン」に乗せ、結衣がさっそうと走る姿も映し出されている。クレナズムは主題歌に加え、劇中音楽も担当した。

クレナズム コメント

「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」の主題歌と劇中音楽をやらせていただきました。
主題歌は、大人への反抗心やどうしようもない感情、子どもでも大人でもない10代の葛藤を描いた楽曲です。
劇中音楽では疾走感のある曲、寂しさの詰まった曲、憂鬱さのある曲、クレナズムらしい幅広い表現で制作しました。
ぜひ映画館で本編と一緒にクレナズムの音楽もお楽しみください。

関連記事

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」ロゴ

蘇我「ロッキン」にNumber_i、Vaundy、ポルノグラフィティ、UVERworld、あいみょん、INIら追加

1日
セントチヒロ・チッチとMISATO ANDO。(撮影:土屋文護[TRON])

「装苑」古着特集にチッチ&MISATO ANDO、詩羽、櫻坂46藤吉夏鈴、HIMIら登場

7日
山下瞳月(櫻坂46)

櫻坂46「自業自得」センターは山下瞳月、表題曲での担当は三期生初

10日
「イワクラと吉住の番組」5月14日放送回より。(c)テレビ朝日

櫻坂46田村保乃、あだち充作品の虜に「帰ったらすぐ読もうと思います」

16日
小池美波(櫻坂46)

櫻坂46小池美波、活動再開「自分に今できる事は精一杯頑張ります」

17日
櫻坂46

櫻坂46、9thシングルは「自業自得」

17日
櫻坂46「承認欲求」ライブ映像のサムネイル。

櫻坂46、3周年ライブより「承認欲求」映像を1回だけ公開

19日
「バズリズム LIVE -10th Anniversary-」ロゴ

4DAYS開催「バズリズム LIVE」にイエモン、櫻坂46、INI、MAN WITH A MISSION、龍宮城ら登場

29日
櫻坂46の8thシングル・BACKSメンバー。

櫻坂46「BACKS LIVE!!」の生配信が決定

約1か月