“今までにないCYaRon!”見せた2ndライブ終幕、本間昭光やTAKUYAらのバンドCYaRoTOMO'sと熱演

“今までにないCYaRon!”見せた2ndライブ終幕、本間昭光やTAKUYAらのバンドCYaRoTOMO'sと熱演

CYaRon! (c)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!! 

CYaRon!が10月16、17日に千葉・幕張メッセ国際展示場でワンマンライブ「ラブライブ!サンシャイン!! CYaRon!2nd LoveLive! ~大革命☆Wake Up Kingdom~」を開催した。この記事では本日17日に行われた公演の模様をレポートする。

スクールアイドルグループ・Aqoursの高海千歌(CV:伊波杏樹)、渡辺曜(CV:斉藤朱夏)、黒澤ルビィ(CV:降幡愛)によるユニット・CYaRon!。2016年に結成されたCYaRon!は“ポップ&キュート”をコンセプトにした王道アイドルユニットとして活躍し、6月には1stフルアルバム「ある日…永遠みたいに!」をリリースした。今回彼女たちは初めてバンド・CYaRoTOMO'sを引き連れてパフォーマンスを披露。バンドメンバーには1stアルバムの新曲すべての制作を手がけたTAKUYA(G)と表題曲の編曲を担当した本間昭光(Key)に加え、かどしゅんたろう(Dr)、高野逸馬(B)、渡辺キョータ(G)が迎えられた。

海の中をイメージしたステージの中央で一際大きな存在感を放つのは大きな貝。バンドメンバーが登場し、ゆったりと音を奏で始めると貝が180°回転する。貝が正面に回ると、そこにはマーメイドのように眠るCYaRon!の3人の姿があった。目を覚ました彼女たちが歌い始めたのはアルバムの表題曲「ある日…永遠みたいに!」。美しいバンドアンサンブルが響きわたり、幻想的な雰囲気が会場に満ちていった。さわやかなギターの音色でスタートしたのは3rdシングル曲「Braveheart Coaster」。CYaRon!らしいエネルギッシュなこの曲で、3人は元気いっぱいに息ぴったりのパフォーマンスを繰り広げた。

Aqoursのナンバー「“MY LIST” to you!」をキュートに歌唱したあと、CYaRon!はCYaRoTOMO'sのメンバーを紹介。TAKUYAがAqoursの地元である静岡・沼津の「沼津みなと新鮮館」の歌を歌ってみせるなど、バンドメンバーの個性あふれる挨拶を受けて3人は爆笑。斉藤は「2日目もかましてきましたね。面白すぎて涙が出てきた」と目元に手をあて、伊波も「私たちも負けてらんないね!」と意気込んだ。斉藤がセンターを務めるAqoursの楽曲「恋になりたいAQUARIUM」は、CYaRoTOMO'sによってよりグルーヴィでみずみずしいアレンジに。「海岸通りで待ってるよ」ではCYaRon!がゴンドラに乗って、オレンジ、ブルー、ピンクの3色のライトが揺れる会場を楽しげに周回した。ステージに戻ったCYaRon!は「夜空はなんでも知ってるの?」をしっとりと歌い上げる。間奏では表現力豊かに舞う斉藤のソロダンスが観客をセンチメンタルな世界観に引き込んだ。

Aqoursのナンバー「Hop? Stop? Nonstop!」の衣装にチェンジしたCYaRon!は、メロディアスな鍵盤の音色が美しいバラードナンバー「CHANGELESS」を伸びやかに歌唱。さらにAqoursの「少女以上の恋がしたい」をカッティングギターが心地よく響くバンドアンサンブルに乗せてラブリーに披露した。「Hop? Stop? Nonstop!」で軽快にステップを踏んだ3人は、一度ステージをあとに。舞台に残ったCYaRoTOMO'sは「smile smile ship Start!」「青空Jumping Heart」を立て続けにプレイし、この日ならではの特別なバンドアレンジでオーディエンスを喜ばせた。

1stシングル曲「元気全開DAY! DAY! DAY!」の衣装に着替え、客席の中央に設けられたセンターステージに登場したCYaRon!。ペンライトの光を浴びながら彼女たちは「元気全開DAY! DAY! DAY!」をにぎやかにパフォーマンスし、Aqoursのナンバー「Dance with Minotaurus」では3人がゴンドラに乗りながらタオルを振り回して会場を盛り上げた。メインステージからは爽快なギターソロが放たれ、会場にポジティブなエネルギーが満ちていく。そしてCYaRon!流の別れの歌「サクラバイバイ」を明るく歌い上げた彼女たちは、続いてユニットのテーマでもある“友情”に重なるAqoursの楽曲「ハミングフレンド」を生き生きと披露した。

TAKUYAのソロプレイでスタートしたのはアルバムの新曲「Whistle of Revolution」。疾走感あふれるギターサウンドをバックにCYaRon!は強いパワーを歌声に乗せて届けた。ライブも終盤を迎え、TAKUYAが背面弾きを披露するなど、CYaRoTOMO'sのプレイにも一層力が入っていく。CYaRon!がAqoursの「スリリング・ワンウェイ」を熱唱すると、オーディエンスもペンライトを力強く振り上げた。降幡は「ボルテージ最高潮!」とハイテンションで会場を見渡し、「今までにないCYaRon!じゃない?」と手応えを語る。ロックナンバー連投を経て、「王道アイドルですし、かわいいCYaRon!も見ていただければと思います」という降幡の言葉とともにCYaRon!はポップなナンバー「P.S.の向こう側」で弾むような歌声を響かせた。「ラブライブ!サンシャイン!!」2期のエンディングテーマ「勇気はどこに?君の胸に!」ではルビィ役の降幡がセンターとなり、千歌役の伊波のソロパートを託されるというエモーショナルな演出も。最後まで元気いっぱいに夢と希望を観客に届け、3人は笑顔でステージを去って行った。

メンバーが太極拳を習うVTRを経て、アンコールではチャイナ風の衣装を身にまとったCYaRon!が登場。3人はアルバムに収録されている中華テイストのナンバー「ドラゴンライダーズ」を太極拳の動きを取り入れながらパワフルにパフォーマンスした。そのまま彼女たちは炎が吹き上がるステージでAqoursの和風ナンバー「MY舞☆TONIGHT」を艶やかに披露。センターを務めた降幡の力強いロングトーンが場内いっぱいに響きわたった。

降幡が「フルアルバムを出して2ndライブができて、『MY舞☆TONIGHT』も歌えて、成長したルビィを皆さんにお見せできたんじゃないかなと思います。3rdライブもやりたいな。皆さんついて来てくれるかな?」と呼びかけると、会場は割れんばかりの拍手に包まれる。斉藤は「『ある日…永遠みたいに!』から登場して、この光景をひさしぶりにCYaRon!で見れて泣きそうになりました。この景色を見れることがこんなにも幸せだなんて。うれしいです」と感激した様子で、「さっきルビィちゃんが言ったように3rdライブもやりたいので、CYaRon!はもっともっとがんばっちゃいます!」と意気込んだ。伊波は「1年8カ月ぶりのライブということで、1stライブから空いてしまったなという印象があります」とライブができなかった悔しい日々を振り返り、「でも今日この場所を経て『あっ、前に進んでるんだな』ってみんなで思ったよね」と思いを噛み締める。そして彼女は「みんながたくさん背中を押してくれて、大きな一歩を踏み出せたんだと思います。この先怖いものはないです。進むのみです!」と力強く宣言した。

最後にCYaRon!はゴンドラに乗って2ndシングル曲「近未来ハッピーエンド」を歌い、ハッピーな空間を観客に届ける。3人はCYaRoTOMO'sとオーディエンスと“CYR”ポーズを楽しみ、明るく再開を誓って2ndライブの幕を閉じた。

CYaRon!「ラブライブ!サンシャイン!! CYaRon!2nd LoveLive! ~大革命☆Wake Up Kingdom~」2021年10月17日 幕張メッセ国際展示場 セットリスト

01. ある日…永遠みたいに!
02. Braveheart Coaster
03. “MY LIST” to you!(CYaRon!Ver.)
04. 恋になりたいAQUARIUM(CYaRon!Ver.)
05. 海岸通りで待ってるよ
06. 夜空はなんでも知ってるの?
07. CHANGELESS
08. 少女以上の恋がしたい(CYaRon!Ver.)
09. Hop? Stop? Nonstop!(CYaRon!Ver.)
10. 元気全開DAY! DAY! DAY!
11. Dance with Minotaurus(CYaRon!Ver.)
12. サクラバイバイ
13. ハミングフレンド(CYaRon!Ver.)
14. Whistle of Revolution
15. スリリング・ワンウェイ(CYaRon!Ver.)
16. P.S.の向こう側
17. 勇気はどこに?君の胸に!(CYaRon!Ver.)
<アンコール>
18. ドラゴンライダーズ
19. MY舞☆TONIGHT(CYaRon!Ver.)
20. 近未来ハッピーエンド

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL