紅白過激派・大泉洋と初司会の川口春奈、本番に向けて期待募らす「なぜ年を越しちゃいけないのかな」

紅白過激派・大泉洋と初司会の川口春奈、本番に向けて期待募らす「なぜ年を越しちゃいけないのかな」

左から和久田麻由子アナウンサー、大泉洋、川口春奈。(写真提供:NHK)

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月30日に東京・東京国際フォーラムで行われた。この記事では司会の大泉洋、川口春奈、和久田麻由子アナウンサー、制作統括の一坊寺剛氏のコメントを紹介する。

昨年に続いて2回目の司会を担当する大泉は、「大変光栄に思っております。先ほどまでリハーサルをしておりました。昨年はどこか緊張感が漂う『紅白』だったと思いますが、今年は昨年に比べますと華やいだ感じというか、ステージに応援の人たちが出てきたり、我々も応援できたり、見ていて楽しい雰囲気が伝わる『紅白』だと思います」とアピール。今回初の「紅白」司会を務める川口は「ワクワク感と緊張感を感じながらリハーサルをやらせていただきました。今年はお客さんも入ってくださるということで、年末の楽しいお祭りのような『紅白』に参加させていただけることに光栄に思います。自分自身も楽しみながら臨みたいと思っています」と意気込んだ。

大泉は当日の進行について「こんなに楽しいイベントに時間の制限をつけるというのは野暮ですよ。なぜ年を越しちゃいけないのかなと。『紅白』過激派なものですから、終わらなくていいと思ってる」とあっけらかんと語り、川口はそんな大泉に対して「時間のことは置いておいて(笑)。本当に明るくて、いるだけで私の心がやすらぐ大先輩です」と敬意を示した。

記者からの「1年を振り返って漢字1文字で表してほしい」という要望にしばし思案した2人。川口は「実」を挙げ、「『紅白』に出させていただくこともそうですし、初めてのことに挑戦できたり、お仕事したかった方とご一緒できたり、充実した1年だったなと思います」とコメント。大泉は「働」をセレクトし、「今年も忙しくさせていただけたので。仕事ができなかった年もありましたから」と説明した。

一坊寺氏は「第72回NHK紅白歌合戦」について「素晴らしい皆さまが集まってくださいました。日本の最高のエンタテインメントをお届けできると思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いします」と挨拶。出場を辞退した松田聖子の枠についての質問が飛ぶと、逡巡しつつ「現状発表できることはないので、あとはお楽しみに」と言葉を選んだ。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL