日向坂46ドキュメンタリー第2弾はコロナ禍のメンバーの葛藤描く「希望と絶望 その涙を誰も知らない」

日向坂46ドキュメンタリー第2弾はコロナ禍のメンバーの葛藤描く「希望と絶望 その涙を誰も知らない」

左から金村美玖、河田陽菜、上村ひなの。

7月8日に公開される日向坂46のドキュメンタリー映画第2弾のタイトルが「希望と絶望 その涙を誰も知らない」に決定した。

これは本日5月31日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて行われた、ドキュメンタリー第1弾「3年目のデビュー」と小坂菜緒主演のホラー映画「恐怖人形」が2本立て上映されるイベント「日向坂映画祭」の中で発表されたもの。2本の映画の上映の合間に舞台挨拶が行われ、メンバーの金村美玖、河田陽菜、上村ひなの、「3年目のデビュー」に引き続き「希望と絶望 その涙を誰も知らない」でもプロデューサーを務める刀根鉄太、監督の竹中優介が登壇した。

「希望と絶望 その涙を誰も知らない」は、初の東京ドーム公演の開催発表から、コロナ禍による延期を乗り越え、念願の開催に至るまでの2年間を追ったドキュメンタリー。本作について竹中監督は「『3年目のデビュー』とは同じではない。密着していたからこそ撮れた、ファンも知らないメンバーの葛藤やぶつかった困難を忖度なく描いたドキュメンタリー。けっこう重めのドキュメンタリーを、無理に美談にはせず描いた結果こういうタイトルの映画になりました」と説明した。刀根プロデューサーも「3年目のデビューは温かい気持ちになれる作品でしたが、今回はコロナ禍で戦ってきた2年間があって、東京ドームにたどり着くまでを丁寧に描いた作品です」と付け加えた。

まだ完成した映画を観ていないというメンバーだったが、本作について金村は「本当に山あり谷ありな感じで、メンバーがなかなかそろわなかったり、映さないほうがいいのかなというところもあったり。竹中さんにご迷惑をおかけしながら東京ドームまでの道のりを全部細かく撮っていただいたので、どのような反応があるのかドキドキです。でもこれを観てきっとさらに日向坂を好きになってもらえる、応援したいと思ってもらえる作品になったと思います」とコメント。河田は「おひさま(日向坂46ファンの呼称)の皆さんは、日向坂をすごく明るいグループだという印象を持っていると思います。もちろん明るいけど、その中に1人ひとりの葛藤があって、そういうところがリアルに描かれています。皆さんの知らない私たちをスクリーンで観ていただけたら」と話した。上村も「やっぱり裏側にはそれぞれの葛藤もありますし、ときには暗い気持ちになってしまうこともありました。そういった部分も包み隠さず映画にしていただいています。この映画を観て私たちのことを本当の意味でもっと知っていただけたらうれしいです」と思いを述べた。

最後に金村は「今日は皆さんのお顔が見れて本当にうれしかったです。映画のタイトルも公開になりまして、どんな内容か皆さんも気になっていると思うのですが、7月8日公開なのであと1カ月とちょっとです。またこちらのシアターに来て、感想を聞かせていただけたら」と話し、舞台挨拶を締めくくった。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL