草野華余子が贈るがんばることに疲れた人へのバラードにペンギン堀江、ヒトリエ・イガラシら参加

草野華余子が贈るがんばることに疲れた人へのバラードにペンギン堀江、ヒトリエ・イガラシら参加

草野華余子

草野華余子が本日12月7日に新曲「最終電車は泣いている」を配信リリースした。

「最終電車は泣いている」は草野が“がんばることに少し疲れてしまった人”へ向けて制作したバラード。堀江晶太(G / PENGUIN RESEARCH)、イガラシ(B / ヒトリエ)、モチヅキヤスノリ(Piano)が演奏で参加しているほか、岸田(岸田教団&THE明星ロケッツ)がビートプログラミングとミックスを手がけている。

またリリースに合わせて公開されたミュージックビデオは、草野が初めてディレクションした作品となっている。

草野華余子 コメント

“頑張る、頑張れ、頑張ろう。”
時と場合によっては呪いのように聞こえてしまうその言葉を口にすればするほど、自分自身で囚われることが増えた2022年。
もう、わたしも貴方も頑張ってるんだから頑張らなくても良いよ、なんて無責任なことは言えない。みんな踏ん張っている。
少し疲弊して色んなことを諦めかけたけど、まだ希望は捨てられない、ずっと光溢れる未来を願っている。
そんな、狭間で揺れ動く今のわたしが作るべき音楽とは何か?
その答えを詰め込んだ一曲です。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL