中島健人がCMでピアニスト役を熱演、流麗な鍵盤さばき披露

中島健人がCMでピアニスト役を熱演、流麗な鍵盤さばき披露

「パーフェクトワン」のテレビCM「ピアニスト」編より、中島健人(Sexy Zone)。

中島健人(Sexy Zone)が出演するスキンケアブランド「パーフェクトワン」のテレビCM「ピアニスト」編が明日1月26日から全国で放送される。

これまでプレゼンターやフォトグラファー役でCMに登場し、「パーフェクトワン」シリーズの魅力を訴求してきた中島。今回のCMでピアニストを演じた彼は「パーフェクトワンのCM史上、最高の緊張感だね」と笑いながら、オリジナル曲「パーフェクトワン」を演奏し、流麗な鍵盤さばきを披露した。オリジナル曲「パーフェクトワン」はピアニストで作曲家の林正樹が手がけた楽曲で、耳になじむ優しいメロディが特徴だ。

撮影当日、洋館の一室をイメージした美術セットを見上げるようにスタジオ入りした中島は、用意された一流ブランドのグランドピアノを見つけると、やや興奮気味の表情で近寄り「さすが、すごいね! メッチャいい!」と感激。そのまま静かに椅子に腰かけ、鍵盤の感触を確認するように指慣らしの演奏を始めた。すっかりピアノが気に入った様子の中島は「タッチが最高!」「これ欲しい! 家に入らないかな?(笑)」とヘアメイクの最中も手を止めることなく演奏を楽しんでいた。

CM内で演奏する楽曲「パーフェクトワン」について「弾けるようにはしてきました……」と話していた中島だが、撮影の準備が終わり、スタジオが静まり返ると「こんな緊張するCMある?(笑)。こんな静かなパーフェクトワンのCMなかったよ!」と苦笑い。1回目から本番として収録することを告げられた彼は「“ファーストテイク”ってやつですね」と集中して見事な演奏を披露し、「ライブの緊張がよみがえってきちゃうね」と笑顔を見せた。

カメラのアングルを変更しながらの撮影で数十回におよぶ演奏を行いながらも、疲れを見せることなくピアノを弾き続けた中島。演奏の監修者から「ばっちりです。素晴らしい!」と称賛されると「譜面を見ながら弾けないから、耳と指で覚えました」と独自の練習方法を明かした。映像をチェックして「オッケーオッケー。めっちゃばっちり!」と自身の演奏に納得した様子の中島は「ラグジュアリーだなー。これでMV撮りたい!」と完成度の高さに感心しつつ、「もし(自分が)弾けなかったらどうなったんだろ?」と話して周囲の笑いを誘った。

演奏とナレーションを組み合わせた本CMでは、セリフを話すシーンが少なく、撮影終盤になってようやく「パーフェクトな美しさへ」と声を出した中島は「初めてしゃべったー(笑)。演奏だけかと思った」と安堵の表情。そのままナレーションの収録を終えると「チャンスをいただけて、ひさしぶりに本気になれました」と演奏の難しさや緊張が続いた1日を振り返り、「フォトグラファー」編のCMを思わせるスマートな仕草でピアノや美術セットの写真を撮ってスタジオをあとにした。

中島健人 コメント

CM撮影でピアニスト役に初挑戦した感想

CMでのピアニスト役は初めてだったので、すごく新鮮で緊張感もあったんですけど楽しかったです。小さい頃からピアノを習う機会を与えられていたので両親にも感謝ですし、自分にとって宝物のようなCMになりました。7~8歳ぐらいからピアノを習いに行っていたので、それがパーフェクトワンのCMに生かせたのが本当によかったと思います。

撮影で実際に演奏したピアノの弾き心地

最高のタッチですね! パーフェクトワンを塗った後の肌くらい、最高のタッチ(笑)。素晴らし過ぎて感動しましたね。「こんなに弾き心地いいのか!」って。これで毎日練習したら本当にピアノが上達するんだろうなと思いました。

演奏に際してこだわったポイントや工夫したこと

楽譜をいただいたのが最近だったので、仕事の合間だったりとかに練習しました。メロディーから覚えて、弾いている自分のイメージをちゃんと想像して練習していたので、すぐ自分の指になじんだというか、そこが大きかったですね。後半から3連符が続く難しいところがあって……メロディーで聞くと簡単なんですけど微々たる変化があったりするので、そこを指番号とともに覚えるのがすごく大変だったんですけど、しっかりと聞こえるように工夫できたのでよかったです。

CMで披露した自身の演奏を採点するとしたら何点か?

もっと練習する時間があればより仕上げることができたので……50点くらい。まだまだ“伸びしろ”で、パーフェクトワンの(CMの)“ピアニストシリーズ2”ができたら、その時は100点で(笑)。(CMとしての)仕上がりは100点だと思うので「個人的にまだまだいけます」という意味で、はい。

“カッコよく弾く”コツ

いかに平常心を保てるかだと思いました。ドームだったりアリーナだったり、そのステージ中央で弾く時にすごく緊張するんですけど、そういう時も冷静さを保てるか(が重要)なので、平常心で弾くことがいちばんのカッコよさにつながるんじゃないかと思います。

肌本来の美しさを引き出すパーフェクトワンのように“引き出したい力”

最近は料理をする機会が増えたので、“料理力”というか“調理力”を発揮していきたいですね。

音楽が一音だけで成り立たないように、自身にとって「ひとつじゃ成り立たないもの」は

やっぱり、チーム「Sexy Zone」ですね。「Sexy Zone」のメンバーもそうですし、周りのスタッフさんとか一丸となってライブステージが出来上がるので、昨年はドームツアーもあったりしたので、絆がより深くなったんじゃないかと思います。

視聴者へのメッセージ

こんにちは中島健人です。今回はピアニスト役に初挑戦しました。音楽が一音だけでは成り立たないように、パーフェクトワンもジェルだけでなく、さまざまな商品をそろえています。ボクの演奏シーンにもぜひ注目してください。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL