道枝駿佑、韓国ファン沸かせた2日間「ミチゲッタシュンスケとなにわ男子をよろしくお願いします!」

道枝駿佑、韓国ファン沸かせた2日間「ミチゲッタシュンスケとなにわ男子をよろしくお願いします!」

映画「今夜、世界からこの恋が消えても」舞台挨拶の様子。

道枝駿佑(なにわ男子)が1月24、25日に韓国の計5劇場で行われた映画「今夜、世界からこの恋が消えても」の舞台挨拶に登壇した。

「今夜、世界からこの恋が消えても」は11月30日に韓国で公開され、1月24日までに累計で観客動員約97万人、興行収入は約96億韓国ウォンのヒットを記録。韓国における実写日本映画の興行成績の歴代3位を記録している。

道枝が空港に到着すると、約300名の韓国のファンが出迎えた。到着後、道枝は「ドラマで観ていた街並みであったり、僕もいつか行きたいと思っていた国なので、今回『セカコイ』の舞台挨拶で実現できてうれしいですし、空港に到着した際、たくさんのファンの方が僕のことを喜んで迎えてくださったので、行く前はちょっと不安だったんですが、安心しました」と笑顔をほころばせた。

舞台挨拶では道枝が「こんにちは! 道枝駿佑です。私は韓国語がうまくないのですが、勉強してきました。私の韓国語いかがですか?」と韓国語で挨拶。最後には「これからも、ミチゲッタシュンスケとなにわ男子をよろしくお願いします!」と、「狂いそう、おかしくなりそう」を意味する韓国語の「ミチゲッタ」と自身の名前「道枝」をかけた韓国ファンの中での彼の愛称を使いながら笑顔でイベントを締めくくった。

1泊2日の韓国での映画プロモーションを終えた道枝は「本当にすごかったですね。空港に到着したときから、そして舞台挨拶の終わりまで、ずっと皆さんの熱量が直接伝わってきたので、めちゃくちゃ楽しい2日間でした。国を越えた舞台挨拶をすると、日本語と韓国語の言葉の壁もあったりするので、伝えたいことを簡潔にわかりやすく伝えるようにお話できるよう心掛ける、いい経験になりました。初主演で初海外が韓国ということで、『セカコイ』は初めてづくしの映画でした。これからも一生忘れない日になったと思います。次は僕1人だけでなく、なにわ男子として韓国を訪れ、皆さんにライブをプレゼントしたいです」と語った。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL