JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

佐野玲於が中川大志らと「虹色デイズ」イベント登壇「見てるよ…ずっと見てるよ…」

5年以上前2018年05月30日 11:03

本日5月30日に東京・丸の内ピカデリーにて映画「虹色デイズ」の完成披露イベントが行われ、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、坂東希(E-girls、Flower)らキャスト陣と飯塚健監督が登壇した。

「虹色デイズ」は2012年から2017年まで集英社「別冊マーガレット」で連載された水野美波の同名マンガを原作とした実写映画。佐野はピュアな愛されキャラで同級生の杏奈(小早川杏奈)に片思いするなっちゃん(羽柴夏樹)役を、坂東はなっちゃんのクラスメイトでバレー部のキャプテンの千葉ちゃん(千葉黎子)役を演じた。イベントには佐野、坂東のほか、なっちゃんのクラスメイトのまっつん(松永智也)役の中川大志、つよぽん(直江剛)役の高杉真宙、恵ちゃん(片倉恵一)役の横浜流星、杏奈役の吉川愛、まり(筒井まり)役の恒松祐里、つよぽんの彼女・ゆきりん(浅井幸子)役の堀田真由、まりの兄・筒井昌臣役の山田裕貴、飯塚監督が出席。本イベントでは「“虹入れ”セレモニー」と舞台挨拶が行われた。

丸の内ピカデリーが入る東京・有楽町マリオンの9階ロビーで開催された「“虹入れ”セレモニー」では主演の4人が、「虹色デイズ」の巨大パネルに描かれた、まだ3色しかない虹にそれぞれ異なる色を塗り足し、鮮やかな7色の虹を完成させた。セレモニーが終わると、会場は劇場内へ。舞台挨拶では“虹色撮影デイズ”と題して、登壇者それぞれが撮影時の印象的だったシーンについて語った。中川は予告編映像でも使われている佐野、中川、高杉、横浜の4人でプールに浮かぶシーンを挙げた。10月末に朝の9時からプールに入り、夜まで撮影したというこのシーンでは、なかなか4人全員がプールに浮かぶことができず制服の中にビート板を仕込んで何度もテイクを重ねたという。「流星の唇がアスファルトみたいな色になっちゃって(笑)」と中川が話すと、横浜は「CGで血の気を足してもらったのかな? 逆にみんななんでならないの?」とコメント。それに対して佐野は「流星が異常なんだよ(笑)」と言い、中川も「繊細すぎる」と笑った。

高杉が挙げたのは“勉強会”のシーン。このシーンについて佐野が「すごくときめいてしまうシーンが……」と補足すると、高杉は「がんばりましたよ、高杉真宙!」と自信に満ちた表情を見せた。吉川と電車内での撮影に挑戦したという佐野は「貸し切っている電車もあったけど、実際に走っている電車での撮影は大変でした。みんなのスケジュールとか香盤の中でチャレンジしないといけないし、なおかつ日の落ちる時間が……」と撮影時の苦悩を明かす。佐野と吉川が電車での撮影について話していると、飯塚監督は「2人は愚痴を?」とツッコミ。佐野は「いやいや、スタッフの皆さんの繊密な計算があって……貴重な経験でした。すごい素敵なシーンです! 監督、決して文句ではございません!」とすかさずフォローし、飯塚監督は安堵の表情を見せた。坂東は学芸会のシーンが印象的だったそうで、「まさかこんな格好で映画の大画面に映る日が来るなんて……すごく楽しい格好をさせていただきました」とコメント。彼女が劇中でどのような格好をしているのか、気になるところだ。

舞台挨拶の後半では主演の4人による“本気の告白”が披露される場面も。じゃんけんで順番を決め、最初にマイクを取ることとなった横浜は「あのさ、このあと……俺んち、来る?」とものすごい勢いでデートに誘うセリフを放つ。笑いが起こる中、山田は「めっちゃキュンキュンする! 行く行く!」と跳びはねながら大興奮していた。高杉は「俺が幸せにするので付き合ってください! よろしくお願いします!」とストレートに告白。続く佐野は「告白はいろいろありますから……」と前置きしたうえで、目を見開きながら「見てるよ……ずっと見てるよ……ずっと見てるからね……」とステージ上をウロウロと歩き回る。佐野の狂気を感じさせる表情に客席から悲鳴が上がる中、いつもの笑顔に戻った佐野は「これはうちの(GENERATIONSの白濱)亜嵐くんがよくやるんすよ」と話した。中川は「虹色デイズ」を観た帰り道というシチュエーションで、虹を見ながらキスをするという大胆な告白を披露した。その後、佐野は「監督、山田くんもやっておいたほうがいいですよね? 全然キラキラ王子ですよね?」と監督に提案。監督もそれを快諾し、山田も“本気の告白”に挑戦することに。山田は中川と同じく「虹色デイズ」の帰り道という設定で、「4人共みんなカッコよかったね。1つお願いが……」と言い、突然ひざまずく。そして「5番目でもいいから好きになってください!」と土下座して、会場の笑いをかっさらった。

映画「虹色デイズ」は7月6日より、全国の劇場で上映される。

(c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社

関連記事

「パレード」キービジュアル

RADWIMPS野田洋次郎、Netflix映画「パレード」劇伴音楽&主題歌担当

16日
香取慎吾とGENERATIONS。

GENERATIONSが香取慎吾の神エピソード続々披露、一緒に温泉旅行したい白濱亜嵐「重いですか?」

約1か月
「ある閉ざされた雪の山荘で」場面写真 (c)2024映画『ある閉ざされた雪の山荘で』製作委員会 (c)東野圭吾/講談社

重岡大毅と間宮祥太朗の貴重なベッドシーン、ヒット中の映画「閉ざ雪」から2枚だけ公開

約1か月
左から間宮祥太朗、重岡大毅、戸塚純貴。

重岡大毅「本当にやってよかった」、主演映画「閉ざ雪」公開直前イベントで作品に込めた思い語る

約1か月
左から向井康二、木梨憲武、満島真之介、芝大輔。(c)カンテレ

Snow Man向井康二「グータンヌーボ」でNGなし恋愛トーク、Sexy Zone中島健人は爆笑セクシートーク

約2か月
鷲尾伶菜

鷲尾伶菜がLDH JAPANを退社、所属レーベルはソニーからLDH Recordsへ移籍

約2か月
Awesome City Club

Awesome City Club、オークラ脚本医療ドラマの主題歌担当「絶対にいい曲で応えたい!」

約2か月
大泉洋「YO OIZUMI ALL TIME BEST」初回限定盤ジャケット

北海道の大スター・大泉洋のベストアルバム発売決定、最新曲や「本日のスープ」など収録

2か月
仲良くトークを繰り広げる山田裕貴とMrs. GREEN APPLE。

ミセスが友人・山田裕貴の多忙を心配、「曲を聴いて元気をもらっています」と感謝される

3か月
アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンド「第48回報知映画賞」で新人賞受賞

3か月