JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

NONA REEVES奥田健介がソロ名義ZEUSの新曲第3弾配信、作詞&歌唱は一十三十一

3年以上前2020年11月04日 9:03

NONA REEVESの奥田健介(G, Key)がZEUS a.k.a.Kensuke Okuda名義で配信シングル「それは、ウェンズデー」を11月18日にリリースする。

BONNIE PINKとタッグを組んだ「Little Bit Better with BONNIE PINK」、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)を迎えた「ホライズン」を9月に配信リリースし、ソロ活動をスタートさせたZEUS。彼にとって第3弾となる配信曲「それは、ウェンズデー」は、ZEUSが作曲および編曲し、一十三十一が作詞と歌唱を担当した、テクノポップやシティポップを感じさせる仕上がりとなっている。

なお2021年春にはZEUSのフルアルバムのリリースが予定されている。

関連記事

NONA REEVES

ノーナ西寺郷太がプロデュースする京都イベント「GOTOWN FREAK」今年は2DAYS開催

約1か月
後藤輝基

フットボールアワー後藤が藤井隆プロデュースカバーアルバム第2弾発表 実姉も参加するその中身とは

約1か月
「ある日、下北沢で」場面写真より左から西寺郷太、鈴木愛理。(c)TOKYO MX/BS11

「ある日、下北沢で」主題歌は主演の鈴木愛理、西寺郷太が書き下ろし

約2か月
「堂島孝平生誕フェス -2024-」の様子。(Photo by KEIKO TANABE)

堂島孝平「生誕フェス」竹内朱莉もお祝いに駆けつけ、めでたく閉幕

約2か月
堂島孝平

堂島孝平の「生誕フェス」、1カメ配信が決定

2か月
「ある日、下北沢で」キービジュアル (c)TOKYO MX/BS11

鈴木愛理ドラマ「ある日、下北沢で」に曽我部恵一、西寺郷太、おかもとえみ、高野洸、ピエール中野ら

2か月
レキシ

レキシが本格的に再始動、記念碑的なあの場所で東阪ワンマン開催

2か月
「西寺郷太のPOP FOCUS」

ノーナ西寺郷太が「ひょうきん族」のエンディングテーマを解説

3か月
竹内朱莉

竹内朱莉がお祝いに!堂島孝平「生誕フェス」出演

3か月
「坂本真綾 LIVE TOUR 2023『記憶の図書館』」東京公演の様子。(撮影:羽田誠 / 原田捺未)

坂本真綾2024年のライブ初め、いろんな感情の真ん中を突っ切って歩いていくための力を

4か月