JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

かもめ児童合唱団が新アルバムで奥田民生、電気グルーヴ、ブルーハーツ、大貫妙子などカバー

かもめ児童合唱団
3年近く前2021年06月26日 6:06

かもめ児童合唱団が7月14日に4thアルバム「海に向かって歌う歌」をリリースする。

かもめ児童合唱団は“こころある音楽生活者(ファン)に向けて”というコンセプトのもと、今作でもさまざまな楽曲のカバーに挑戦。奥田民生「イージュー☆ライダー」、吉田拓郎「どうしてこんなに悲しいんだろう」、大貫妙子「じゃじゃ馬娘」、ソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕」、電気グルーヴ「かっこいいジャンパー」、THE BLUE HEARTS「情熱の薔薇」などカバー10曲と、オリジナル曲2作が収録される。なおジャケットのイラストはマンガ家の山本直樹が手がけた

かもめ児童合唱団は、2ndアルバム「インターネットブルース」に、2019年5月開催の「かもめ児童合唱団『クアトロへ、行くっ!』」のライブ音源を追加収録したデラックスエディション盤を同時リリースする。

かもめ児童合唱団「海に向かって歌う歌」収録曲

01. イージュー☆ライダー(原曲:奥田民生)
02. 情熱の薔薇(原曲:THE BLUE HEARTS)
03. かっこいいジャンパー(電気グルーヴ)
04. 砂の女(原曲:鈴木茂)
05. じゃじゃ馬娘(原曲:大貫妙子)
06. ある日ぼくらはおいしそうなおかしを見つけた(原曲:友部正人)
07. あたらしいともだち(原曲:Soggy Cheerios)
08. サブマリン(原曲:ゆうらん船)
09. 世界で一番大切な人(オリジナル曲)
10. どうしてこんなに悲しいんだろう(原曲:吉田拓郎)
11. 満月の夕(原曲:ソウル・フラワー・ユニオン)
12. 海に向かって歌う歌(オリジナル曲)

※記事初出時、楽曲クレジットに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連記事

「頂 -ITADAKI- THE FINAL」ロゴ

ラスト「頂」に電気グルーヴ、水曜日のカンパネラ、ハナレグミ、渋さ知らズら追加

2日
「OTODAMA'24~音泉魂~『必死のパッチで20年目!大感謝祭』」メインビジュアル

「OTODAMA'24~音泉魂~」全42組の入浴順決定、トリは四星球&Cornelius

3日
左上から時計回りに安藤裕子、大橋トリオ、岸田繁(くるり)、大貫妙子。

J-WAVE春の新番組に詩羽、安藤裕子、大橋トリオ、大貫妙子、岸田繁、SHISHAMO、日向坂46佐々木

3日
LA-PPISCH

LA-PPISCH東名阪ツアー開催、サポートメンバーにソウル・フラワー・ユニオン奥野真哉ら

8日
大貫妙子

大貫妙子の恒例冬コンサートが映像作品&音源化

12日
冨田ラボ「プラシーボ・セシボン feat. 高橋幸宏+大貫妙子 / アタタカイ雨 feat. 田中拡邦(MAMALAID RAG)」ジャケット

冨田ラボの2006年アルバム収録曲アナログ化へ、規定予約数を上回れば発売決定

15日
「FUJI ROCK FESTIVAL '24」ロゴ

フジロックにノエル・ギャラガー、キム・ゴードン、電気、マンウィズ、betcover!!、Hedigan'sら27組

27日
フィフィ・ザ・フリーの「栄光の朝」ジャケット

アルファ55周年プロジェクト第1弾でフィフィ・ザ・フリー、ガロ、フォージョーハーフの3作品再発

28日
鈴木茂と大瀧詠一。

鈴木茂、大滝詠一のボーカルトラックとデュエット

29日
「汽水域の旅友 in 北上川」フライヤー

七尾旅人と友部正人、石巻市でジョイントライブ 青島テラスで北上川を臨みながら

約1か月