JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

大滝詠一、佐野元春、杉真理「A面で恋をして」と大滝「夢で逢えたら」が7inchシングルに

約2年前2022年04月25日 2:01

大滝詠一、佐野元春、杉真理によるナイアガラ・トライアングルの楽曲「A面で恋をして」と、大滝作の楽曲「夢で逢えたら」の7inchシングルが8月3日にリリースされる。

「A面で恋をして」は、1981年にリリースされたシングルの表題曲。1983年に発表されたアルバム「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」にも収録されており、3月21日に発売された「NIAGARA TRIANGLE Vol.2 40th Anniversary Edition」からのリカットという形で、シングルバージョンがアナログリリースされることとなった。B面には、同時期にラジオ特番でのみお披露目された金沢明子「イエローサブマリン音頭」の別バージョン「イエローサブマリン音頭(特別変)」が収録される。

「夢で逢えたら」は吉田美奈子やシリア・ポール、ラッツ&スターなどの歌唱でも知られているナンバーだが、7inchシングルには本人歌唱のバージョンを収録。また同楽曲は映画「ぜんぶ、ボクのせい」のエンディングテーマとして使用されることが決定した。シングルのB面には大滝の「FUN×4」が収められる。

なお「ぜんぶ、ボクのせい」は8月11日に公開される松本優作監督の映画で、白鳥晴都、川島鈴遥、オダギリジョーらが出演する。

「A面で恋をして」収録曲

SIDE A

01. A面で恋をして / NIAGARA TRIANGLE

SIDE B

01. イエローサブマリン音頭(特別変) / 金沢明子

大滝詠一「夢で逢えたら」 収録曲

SIDE A

01. 夢で逢えたら

SIDE B

01. FUN×4

関連記事

佐野元春 & THE COYOTE BAND「Youngbloods(New Recording 2024)」MVより。

佐野元春&ザ・コヨーテバンド新録「ヤングブラッズ」MV公開、ダンスチームCyberAgent Legitとコラボ

21日
佐野元春 & THE COYOTE BAND「Youngbloods(New Recording 2024)」配信ジャケット

佐野元春が1985年発表「ヤングブラッズ」をTHE COYOTE BANDと再録音

約1か月
鈴木雅之の音楽履歴書。

鈴木雅之のルーツをたどる|ブラックミュージックだけじゃない、ラブソングの王様を作った10曲

約2か月
「短冊CDの日」ロゴ

短冊CDの日に大瀧詠一プロデュース「ナイアガラ音頭」が8cmCD化

約2か月
「世界サブカルチャー史 欲望の系譜」シーズン4「21世紀の地政学」ポップス編 第2回より。(写真提供:NHK)

70年代「日本語ロック論争」についてEテレで放送、当時の日本人にとって洋楽とはなんだったのか

約2か月
佐野元春 & THE COYOTE BAND

佐野元春 & THE COYOTE BAND、Zepp Tourほぼ完売で追加公演決定

3か月
大滝詠一「MAKING OF “EACH TIME”」ビジュアル

DOMMUNEで大滝詠一の特別番組配信、「EACH TIME」誕生の背景に迫る

3か月
大滝詠一「ペパーミント・ブルー」ミュージックビデオより。

大滝詠一「ペパーミント・ブルー」MV公開、依田伸隆が河田久雄のイラストを使用

4か月
「大滝詠一レコーディング・ダイアリー Vol.3」

大滝詠一の貴重な肉声を使用、「レコーディング・ダイアリー Vol.3」トレイラー公開

4か月
「佐野元春 ライヴ・ドキュメンタリー・フィルム『Film No Damage』」ビジュアル

佐野元春の1983年ライブ映像収めたドキュメント映画放送決定

4か月