JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

50周年「New Year Rock Festival」にシナロケ、AI、The BONEZ、BAD HOP、般若ら

「50th New Year Rock Festival 2022-2023」ビジュアル
1年以上前2022年10月26日 3:03

年越しロックイベント「New Year Rock Festival」が12月31日に東京・東京ガーデンシアターで開催される。

「New Year Rock Festival」は内田裕也が1973年にスタートさせた恒例の年越しオールナイトイベント。2019年3月に内田が死去してからは彼の遺志を継いだHIRO(カイキゲッショク、湾岸の羊~Sheep living on the edge~)がプロデューサーを務めている。2019、2020年はコロナ禍の影響により無観客配信で行われたが、50周年を迎える今年は3年ぶりに有観客で開催されることとなった。

今年は出演者第1弾としてSHEENA & THE ROKKETS、カイキゲッショク、亜無亜危異、AI、The BONEZ、J-REXXX BAND、BAD HOP、般若、KATAMALIがラインナップされている。また、COプロデューサーとしてZeebraの参加も決定。キョードー東京では本日10月26日12:00より各種チケットの第1次先行予約を受け付けている。

HIRO コメント

ROCK で年越しを!!
コロナ禍の2年間を無観客で開催して来ましたが、今年は満を持しての有観客開催!
記念すべき50周年のニューイヤーロックフェスティバル!
ご来場される皆様と出演アーティスト陣、今年は一緒に年越し出来ること!を感謝すると
共にお待ちしています!
何卒よろしくお願い致します。

50th New Year Rock Festival 2022-2023

2022年12月31日(土・祝)東京都 東京ガーデンシアター
OPEN 18:00 / START 19:00
<出演者>
SHEENA & THE ROKKETS / カイキゲッショク / 亜無亜危異 / AI / The BONEZ / J-REXXX BAND / BAD HOP / 般若 / KATAMALI / and more
Co Producer:Zeebra
Produced by HIRO

※「HIRO」のOはストローク符号付きが正式表記。

関連記事

ALI / 梅田サイファー「Professionalism feat. 般若 / Odd Numbers」ジャケット (c)南勝久・講談社/アニメ「ザ・ファブル」製作委員会

「ザ・ファブル」スプリットシングル発売、ALI×般若と梅田サイファーのテーマソング収録

3日
BAD HOP「BAD HOP FOREVER(ALL TIME BEST)」ジャケット

BAD HOP初のベストアルバム収録曲はこの32曲

4日
「WILD BUNCH FEST. 2024」メインビジュアル

「ワイバン」に宮本浩次、Vaundy、BE:FIRST、クリープ、サカナ、オーラル、マカえんら63組

4日
GADORO「大爆笑 feat. SIMON & Zeebra」ミュージックビデオより。

GADOROがZeppワンマン開催、SIMON&Zeebraとのコラボ曲MV公開

6日
aiko

「Mステ」にaiko、ATEEZ、SixTONES、スカパラ×TAKUMA、日向坂46、Yaffle×AI×OZworld

11日
Ken Yokoyama(撮影:岸田哲平)

Ken Yokoyamaが32曲演奏!The BONEZと迎えた「Indian Burn Tour」ファイナル

13日
「AH1」ロゴ

T-Pablow&YZERRが「AH1」出演

13日
「VIVA LA ROCK 2024」ロゴ

「ビバラ」配信の最終ラインナップ&タイムテーブル発表、Creepy NutsやBE:FIRSTらの登場時間は

16日
左からAI、Mori Calliope。

Mori CalliopeとAIがコラボ曲発表、プロデューサーは蔦谷好位置

19日
高橋優

高橋優主催フェスにAI、Saucy Dog、キタニタツヤ、斉藤和義ら出演

20日