JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

関ジャニ∞安田章大、初の唐十郎作品「少女都市からの呼び声」で主演

「少女都市からの呼び声」ビジュアル
約1年前2023年03月27日 19:01

安田章大(関ジャニ∞)が主演を務める舞台「少女都市からの呼び声」が7、8月に東京と大阪で上演される。

「少女都市からの呼び声」は、4月14日に開業する東急歌舞伎町タワーの6階に常設される新たな劇場「THEATER MILANO-Za」のオープニングシリーズの1つとして行われる舞台。1969年初演の唐十郎の傑作戯曲「少女都市」を、1985年に唐十郎らが立ち上げた劇団・状況劇場が改作した作品で、今回は状況劇場出身で新宿梁山泊主宰の金守珍が演出を務める。

キャストには主人公の男・田口を演じる安田をはじめ、ガラスの肉体を持つ田口の妹・雪子役の咲妃みゆ、雪子のフィアンセ・フランケ醜態博士役の三宅弘城、旧日本軍連隊長の亡霊役の風間杜夫といった面々が名を連ねる。唐作品初出演にして主演の安田は「僕が演じることによって田口というキャラクターがこういう見え方をするんだという新境地や新感覚を皆さんに届けられなければ、ここに立ってはいけないなという覚悟です。ぜひ期待値を上げて観に来てくださいとお伝えしておきます」と意気込みを述べている。

金守珍(演出)コメント

演劇界に衝撃を与える、まさに革命的“事件”になると思いました。歌舞伎町に新劇場(THEATER MILANO-Za)が完成し、唐十郎の原点とも言える新宿ゴールデン街近くの花園神社と新劇場で、「少女都市からの呼び声」を2か月連続上演。演劇の力によって新宿が風俗の街から文化の街へと大きく変貌を遂げる、歴史的な第一歩となること間違いありません!
日本人は何処からきて何処へ行こうとしてるのか?アジアを侵略してまで築き上げた“満州帝国”とは何だったのか?
未だに彷徨う旧日本軍の連隊長の亡霊(風間杜夫)を通して、経済発展に猛進する日本のありようを問いながら、決して色あせない永遠の友情や“愛”の価値を描く、時空を超えたロマンあふれる作品です。
お三人(安田章大、咲妃みゆ、三宅弘城)とも音楽のセンス、身体の切れも抜群で、唐ワールドの表現者としての資質は抜群です!
正に唐さんが提唱した“特権的肉体論”を体現できるスーパースター達。おかげで新しいイメージがどんどん湧き出し、新宿梁山泊・花園神社公演とはまったく異なる演出になり、自分でもワクワクしています!
演劇界の新しい時代に向かう船に共に乗り込み、“事件”ともいうべきこの作品の目撃者、共犯者になりませんか?

安田章大 コメント

唐さんの作品をテントで初めて観た時にカルチャーショックを受けたんです。言葉が美しく、独特の世界観ではあるけれどその言葉にはきらめきがあり、吸い込まれて、こんな世界が世にあっていいんだと思えたのが感覚的にあったので、その世界に飛び込ませていただけることは自身の芝居観も変わるでしょうし、お芝居の振り幅も大きく広がる気がしています。今回初めて唐さんの作品と金さんの演出を経験するので、まずはそのバージンを楽しもうと思っています(笑)一回経験してしまったら二回目はもうバージンじゃなくなんねんなと思うと、とてつもない嬉しさがありますし、同時に病みつきになってしまったらどうしようという不安があり、なんだか毒だなとも思います。嬉しい毒に出会えました! 僕が演じることによって田口というキャラクターがこういう見え方をするんだという新境地や新感覚を皆さんに届けられなければ、ここに立ってはいけないなという覚悟です。ぜひ期待値を上げて観に来てくださいとお伝えしておきます。お客さんもキャストですから、一緒にステージを作るという気持ちを持っていただけたら幸せに思います。

咲妃みゆ コメント

THEATER MILANO-Zaさんのオープニングシリーズに出演させていただくことを光栄に思っております。長年ストレートプレイに出演したいという夢を抱いていたので、今回のお話をいただいた時は、ついにその切符を手にすることができたんだという喜びと同時に、初のストレートプレイとしては大変私に課題を課してくれるであろう作品に巡り会うことができ、頑張るぞ!という気持ちです。これまで私が出演する舞台を楽しんでくださっていた方々には、また一味も二味も違う世界へお連れできることを楽しみにしています。そして、これまで唐さんの作品やアングラの世界を愛してこられたお客様には“ほうほう、面白い役者がやってきたか、お手並み拝見”と思っていただけるように、精一杯努めてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

三宅弘城 コメント

演劇人として憧れを抱かずにはいられない唐作品、なんとなく自分とは縁がないんだろうなと勝手に思っておりました。マネージャーからこのお話を聞いた時は、もう嬉しくて「やります!是非やりたいです!」と食い気味に返事をしました。とはいえこの名作を演らせていただくとなると、やはり背筋がピンと伸びる思いでもあります。この作品を新宿で演れるという喜び、「ミラノ座(THEATERMILANO-Za)」というイイ名前の新劇場に立てる喜び、初めて金守珍さんの演出を受けられる喜び、魅力的なキャストの皆さんと新たな「少女都市からの呼び声」を作ることができたら、そして新たな世代にも唐作品の面白さを伝えられたらと思います。とにかく楽しみです。

風間杜夫 コメント

「唐版 風の又三郎」「泥人魚」に続いて唐作品は3作目の参加となります。今回は、新宿梁山泊が主催する花園神社の野外テント公演、THEATER MILANO-Zaと、小屋が違う上演に連続して出演しますが、状況が違う中でどうこの作品が変わるのか、変わらないのか、両方出演できることはとても楽しみです。戯曲を読み込むのはまだこれからですが(笑)、僕がこの作品に出演するのは、唐さんの戯曲であり、金さんの演出だからやる、ただそれだけです。唐さんの作品は詩の世界を飛翔するような劇空間の中、時間と空間を自在に行き来して翻弄されながら、楽しんで演じることが出来るんです。そして金さんは状況劇場時代から唐作品を肌で感じて理解している人。難解ではありますが、金さんは誤読OK と言ってくれるし、その難解さを力業で演出していくのが魅力。金さんだからこそ唐さんの作品が出来ると思っています。花園神社で観るのも良し、観たら是非「THEATER MILANO-Za」で観て欲しい。同じものをTHEATER MILANO-Zaで観ないと完成しない! 是非両方お越しください。

THEATER MILANO-Za オープニングシリーズ / COCOON PRODUCTION 2023「少女都市からの呼び声」

2023年7月9日(日)~8月6日(日)東京都 THEATER MILANO-Za
2023年8月15日(火)~8月22日(火)大阪府 東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール

関連記事

グループ魂。左から2人目がバイト君。

グループ魂は6人で活動継続、バイト君の麻薬特例法違反判決を受け

6日
「関ジャム 完全燃SHOW」ロゴ(c)テレビ朝日

関ジャニ∞改名当日放送「関ジャム」はクラシック特集 WONK江崎文武、常田俊太郎、もふくちゃん出演

約2か月
左から清水研氏、安田章大。(写真提供:NHK)

安田章大と精神科医・清水研氏が病からの再起を語り合う、NHK「スイッチインタビュー」

2か月
左から石田明、岡村隆史。(c)カンテレ

改名直前の関ジャニ∞、「おかべろ」生放送特番でぶっちゃける

2か月
ACIDMAN

ミスチルや宇宙飛行士も、ACIDMANの“愛され相関図”で魅力を紐解く

2か月
「関ジャニ∞ - 大阪ロマネスク / THE FIRST TAKE」より。

関ジャニ∞が再び「THE FIRST TAKE」に、清塚信也とのコラボで歌うは「大阪ロマネスク」

2か月
三浦大知

関ジャニ∞と三浦大知がドリカムのあの曲でコラボ、キタニタツヤも新曲披露「MUSIC FAIR」

2か月
「CDTVライブ! ライブ!」2時間スペシャルの出演アーティスト第1弾。(c)TBS

次週「CDTV」2時間SPにAwich、edhiii boi、関ジャニ∞、チョーキューメイ、DXTEEN、ミセス

3か月
再生数急上昇ソング定点観測

Number_i「GOAT」に世界が衝撃 / 「8番出口」非公式ソングに絶賛の嵐

3か月
関ジャニ∞

なりふり構わず吠える関ジャニ∞、新曲「アンスロポス」MVは炎のような煙や豪雨の中で

3か月