JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

東急歌舞伎町タワー内覧会レポート、Zepp Shinjukuは海外のクラブシーンを意識した音響設備に

Zepp Shinjuku(TOKYO)メインフロア
約1年前2023年04月06日 7:04

4月14日に東京・新宿にオープンする高層複合施設・東急歌舞伎町タワーの説明および内覧会が、本日4月6日に行われた。

東急歌舞伎町タワーは「好きを極める」をコンセプトに、ホテル、映画館、劇場、ライブホール、飲食店などのエンタテインメント施設が集まった、地上48階、地下5階からなる複合施設。本施設の地下4階に展開されるZepp Shinjuku(TOKYO)はスタンディング約1500人、シーティング約500人を収容するライブホールで、ステージが近い距離で楽しめるコンパクトな空間と都心という立地が大きな魅力となっている。スピーカーは海外のクラブシーンを意識したカナダのADAMSON製を採用。Zepp系列ホールでは初となる360°LEDビジョンや、レーザーやムービングライトといった照明機材も多数常設されており、多彩かつ臨場感のある演出が可能だ。また夜間帯の地下2~4階部分は「ZERO TOKYO」と銘打ったナイトエンタテインメントフロアとなり、お酒を飲みながらDJプレイが楽しめるバーラウンジや小規模なクラブスペースが展開される。

9、10階には坂本龍一が音響を監修した映画館「109シネマズプレミアム新宿」がオープン。109シネマズオリジナル規格のプレミアムサウンドシアター「SAION」を坂本監修のもとで進化させた音響システム「SAION -SR EDITION-」が導入され、35mmフィルムの上映が可能なシアターも用意されている。坂本は音響の監修に加えて、施設内のラウンジなどで使用される複数の楽曲を書き下ろした。

なお東急歌舞伎町タワーの開業を記念したイベント「KABUKICHO SPECIAL STAGE」が4月15、16日に屋外ステージおよび隣接するシネシティ広場で開催される。15日にはチャラン・ポ・ランタン、Appare!、UCARY & THE VALENTINEが、16日には田邊駿一(BLUE ENCOUNT)、崎山蒼志、DJ和が出演するライブが行われる。

関連記事

「GFEST.2024」ロゴ

群馬「GFEST.」にDa-iCE、フレデリック、WurtS、Novelbright、フォーリミ、ブルエン

約7時間
椎名林檎

椎名林檎、本日発売のニューアルバム「放生会」アナログ化決定

1日
椎名林檎

椎名林檎、歌姫迎えたニューアルバム「放生会」より6つの新曲ミュージックビデオを一挙公開

3日
椎名林檎「放生会」初回限定盤ジャケット

椎名林檎がPerfumeのっち、新しい学校のリーダーズ、宇多田ヒカルら迎えたアルバムを明後日発売

4日
「@JAM EXPO 2024 supported by UP-T」ロゴ

「@JAM EXPO」出演者第1弾発表!でんぱ、ジャムズ、ぴるあぽ、オケトー、透色ドロップら20組

4日
崎山蒼志

崎山蒼志、急性扁桃炎で明日の北海道公演の開催見送り

7日
ピラニア軍団「ピラニア軍団」ジャケット

東映の“大部屋俳優”集団、ピラニア軍団のアルバムが復刻 CDはインスト盤付き

10日
崎山蒼志

崎山蒼志、新曲で流れる謎の声の正体が判明

13日
「MONSTER baSH 2024」ポスタービジュアル

「MONSTER baSH」に稲葉浩志、UVERworld、村松拓、清塚信也、50TA追加 SMA50周年企画も

13日
「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」最終出演者&タイムテーブル発表

14日