JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

「僕は本気で、ここで生きてここで死にたい」さくらしめじはこれからも舞台の上で歌い、弾き、笑い合う

さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)
8か月前2023年06月15日 5:04

さくらしめじが、昨日6月14日に東京・EX THEATER ROPPONGIでワンマンライブ「さくらしめじ 桜TOUR 2023 FINAL<しめたん>」を行った。

田中雅功と高田彪我、2人のキャリアの中で最長のツアーとなった「さくらしめじ 桜TOUR」の締めくくりと、毎年恒例の結成記念日ライブ「しめたん」を兼ねた本公演。弾き語りで各地を回った「さくらしめじ 桜TOUR <早春>」、アコースティック編成のバンドによるライブハウスツアー「さくらしめじ 桜TOUR <晩春>」を経た最終公演は、フルバンド編成でパフォーマンスが披露された。

キーボード、ドラム、ギターにベース……。開演時刻と同時にバックバンドの4人が順に音を重ねたのを合図に幕を開けた、9回目の「しめたん」。桜色に染め上げられたステージに姿を見せた雅功と彪我は、まっすぐに力強いメッセージを放つ「My Sunshine」をオープニングナンバーとしてきのこりあん(さくらしめじファンの呼称)に届けた。普段のカジュアルな衣装とは異なるジャケットスタイルの2人の姿も相まって、どこか凛とした空気感に包まれた会場。曲を歌い終えると、雅功は気合いのにじんだ声で「さくらしめじです。ファイナル、よろしく!」と叫んだ。

エレキギターを構えた彪我のまっすぐ突き抜けるような歌声が響いた「青春の唄」を疾走感いっぱいに演奏して勢いを加速させると、続く「ケセラセラララ」ではステージ上の熱気に応えるように、オーディエンスも「ケセラセラララ」のメロディを口ずさむ。雅功はスタンドマイクを離れてステージ前方でアコースティックギターをかき鳴らし、客席の熱い反応を笑顔で受け止めた。

3曲を終え、雅功が「今日が結成記念日です!」と告げると客席からは温かな拍手が2人に送られ、彪我は「早いですね。今日で結成9年。10年目に突入するということで……」としみじみつぶやいた。「今日はとにかくいっぱい歌を聴いてほしいと思います」と予告した雅功の「歌いますか」という声に「ええ」と返した彪我。2人の何気ないやりとりから始まった「simple」では、軽やかなリズムの上で息ぴったりに声を重ねる彼らのボーカルワークが会場にさわやかな空気を運ぶ。甘く切ない歌い出しから感情をさらけ出す叫び混じりのハイライトへ、雅功の巧みな歌い分けが光る「届けそこねたラブソング」では、きのこりあんもクラップを響かせて2人の演奏を盛り上げた。

続くMCで、2人は9年間の歩みを振り返り「9年やれているっていうことがすごいことだなと思うし、ありがたいことだなと思います。1つひとつ増えた曲をみんなで歌えるのが最高に幸せ」と、ファンに思いを伝えた。「中学2年生の頃から曲を作り始めて、今からやるのは高校1年生のときにベッドの上で作った曲」という紹介とともに「天つ風」が始まると、ステージ後方のビジョンには夜空を仰ぐ窓景が広がり、雅功が紡いだ文学的な歌詞もその横に浮かび上がる演出がオーディエンスの目を奪う。郷愁を誘うメロディに2人の豊かな歌声が響いた「合言葉」を経て、2月にリリースされた「花びら、始まりを告げて」でも花びら舞うリリックビデオの演出が雅功と彪我のパフォーマンスを温かく彩る。グループ名にもある「桜」を初めて楽曲モチーフとして取り入れ、彪我が作詞を、2人で作曲を手がけたこのメッセージソングを心を込めて歌い届けるさくらしめじの姿を、観客は熱い眼差しで見つめていた。

「俺、この曲めっちゃ好きなのよ。彼(彪我)、宇宙人なんですけど、宇宙から見た地球の美しさを書いていて。その視点が新鮮で、当時の僕は『地球人には書けない歌詞だ』って思ったんだよね」。お互いのことをよく知り合う“相方”ならではの表現で彪我の才能を讃えた雅功の言葉ののちにプレイされた「夕空小道」は、彪我が中学3年生の頃に書いた楽曲。リードボーカルを取る彪我が澄んだ声で歌う“夏の終わり”の景色を雅功のコーラスとバックバンドの演奏が鮮やかに彩り、会場にはノスタルジックなサウンドスケープが広がっていった。

中学生のときに行った全国行脚の記憶を重ねながら、「桜TOUR」で全国各地を回った思い出をファンの前で振り返った2人。「かぜだより」「かぜいろのめろでぃー」は、「桜TOUR <早春編>」を再現するかのようにアコースティックギターの弾き語りスタイルで届けられた。ギター2本と2人の声のみで奏でられる「かぜいろのめろでぃー」では、生々しくドラマティックな肌触りのボーカルがオーディエンスの胸を打つ。冴えない天気が続く梅雨の季節、週の真ん中という条件下でも客席を埋め尽くすきのこりあんの愛に、2人が「うれしいよ!」と感謝と感動をあらわにしたMCを経て、ライブは「ストーリーズ」で後半戦へ。この曲限定でピンク色のペンライトの光1色に染まる客席を笑顔で見渡し歌声を響かせる雅功と彪我は「ひだりむね」を続け、きのこりあんから送られる手拍子を受け止めながらパワフルなユニゾンを聴かせる。「ここらで一緒に声を出してみませんか?」という雅功の呼びかけから「六本木! ギロッポン!」という楽しいコール&レスポンスがこだましたのは「1・2・3」。カラフルな照明が明滅するステージの上、雅功と彪我は全身で喜びを表現しながらオーディエンスとの声のコミュニケーションを楽しんでいた。

雅功の熱い煽りによってギアをさらに一段引き上げた2人は、ここで「わがままでいたい」をドロップ。うねるベース、シャープなギター、重たく響くドラムの音。バックバンドが奏でるダイナミックなサウンドを背に雅功と彪我も不敵な笑みを浮かべながらエッジーなギターサウンドを響かせ、ライブハウスに渦巻く熱気をぐんぐんと引き上げていく。熱狂のムードのままなだれ込んだ「でぃすとーしょん」では、雅功が感情のままに「もっといけるだろ? いけるよな!?」と客席にさらなる一体感を求める場面も。ギターをかき鳴らす右手と歌声にほとばしるような熱を乗せる2人の気迫を受け取ったきのこりあんは、ペンライトを置いて拳を掲げステージ上の2人と同じように全身で音に身を委ねた。

場内に渦巻く熱い空気感に雅功が「最高!」と声を上げた「同じ雲の下」ののち、「なるため」ではエレキを抱えた彪我がギターソロを取り、メロディアスな演奏でオーディエンスを魅了。心地よい高揚感で会場の空気をさわやかに塗り替えていった。曲数を重ねるごとに演奏に熱が帯びていった怒涛の終盤パートを駆け抜けると、雅功は静寂の中で静かに口を開く。彼がここでファンに伝えたのは、デビュー当初から恵まれた環境で活動を続けてこられたことに、コンプレックスを感じていたという独白。「思っていたものと全然違う自分でいることがすごくコンプレックスで。でも最近ようやく、それでもよかったと心から思えています。『なりたい自分になれていない』なんて贅沢なことを言って、それすらもカッコ悪くてやだなって。そう思って今回のツアーを組みました」ときのこりあんに伝えた彼は「誇張でもなんでもなく、皆さんに生かされていると思う日々を今、送っています。僕は本気で、ここ(ステージ)で生きてここで死にたい。そういうの(コンプレックス)を全部振り払えたのもみんなのおかげ。『生きててよかった』って本気で思っているし、『生きててよかった』と思わせてくれているみんなに、僕はこのステージ上で殺されたいなって思ってます」と笑顔混じりに続けた。

「最後の最後まで死ぬ気で。僕らの全部をあなたの奥の奥まで届けられればなと思います」。2人の強い思いを乗せて送られた本編のラストナンバーは「お返しの約束」。「君に届けたい これからの僕らを見ていてね」と曲の中でファンと“約束”を交わした2人は、何度も感謝を伝えながらステージをあとにした。

客席からの大きな拍手に迎えられてのアンコールでは「辛夷のつぼみ」がプレイされ、「変なこといっぱい言ってきましたけど(笑)、この曲がすべてかなと思います」という雅功の言葉の通り、2人は強い気持ちで前へと進んでゆく意志を演奏で示してみせた。お互いの顔を見合わせて笑顔を浮かべる雅功と彪我を中心に笑顔の輪が広がっていった客席にはテープキャノンも放たれ、過去最長ツアーのゴールと9回目の誕生日を華々しく締めくくる。演奏のあとには2人からのお知らせとして、さくらしめじのロゴが一新されること、そして10月18日に3rdアルバム「ゆくえ」がリリースされることが発表された。最後に彪我は「ツアーを乗り切れるか、最初は不安な気持ちもあったけど、こうしてファイナルで皆さんと顔を合わせて、バンドメンバーも一緒に音楽を奏でられたのは、本当に一生の思い出になったと思っています。これからもまだまだやりたいこといっぱいありますので。ここからまた、再発進していきます。皆さんぜひ付いて来てください!」と思いを伝える。そして雅功は「僕ら、まだまだ9歳。新人、若手の部類だと思っています。これからの僕たちのことも、どうか生かしてもらえたらなと思っています!」ときのこりあんに呼びかけてメモリアルなライブに幕を下ろした。

さくらしめじ 桜TOUR 2023 FINAL<しめたん> 2023年6月14日 EX THEATER ROPPONGI セットリスト

01. My Sunshine
02. 青春の唄
03. ケセラセラララ
04. simple
05. 靴底メモリー
06. 届けそこねたラブソング
07. 天つ風
08. 合言葉
09. 花びら、始まりを告げて
10. 夕空小道
11. かぜだより
12. かぜいろのめろでぃー
13. ストーリーズ
14. ひだりむね
15. 1・2・3
16. わがままでいたい
17. でぃすとーしょん
18. 同じ雲の下
19. なるため
20. お返しの約束
<アンコール>
21. 辛夷のつぼみ

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「EBiDAN愛を示せ! OSE! OSE! 早押しメンバークイズ」の様子。

「ダンエビ」今週はEBiDAN愛深まるクイズ大会!グループ超え明かされる素顔のエピソードに騒然&爆笑

4日
超特急

EBiDAN最強の福男は誰?「ダンエビ」全62名の運勢まるわかりランキングで歓喜&落胆の嵐

10日
佐野勇斗(M!LK)の胸キュンチャレンジの様子。

バレンタイン直前!EBiDAN“4世代”があの手この手で胸キュンお届け「DAN! DAN! EBiDAN!」最新回

17日
綱を引く超特急となすなかにし。

先輩後輩関係なし!“EBiDANのマッスル王”かけ8グループが激突「DAN! DAN! EBiDAN!」最新回

25日
対決前にマイクパフォーマンス合戦を繰り広げるタカシ(超特急)と塩崎太智(M!LK)。(c)テレビ東京

EBiDANいち“オイシイ”強運の持ち主は誰?「ダンエビ」最新回、MCの座をかけたグループ対抗戦

約1か月
「DAN! DAN! EBiDAN!」場面カット一覧 (c)テレビ東京

EBiDAN冠番組の特別映像を新宿&渋谷の街頭ビジョンで公開

約2か月
「DAN! DAN! EBiDAN!」初回収録の様子。(c)テレビ東京

「DAN! DAN! EBiDAN!」初回収録に潜入!56人の団結力やいかに?波乱のプレッシャーチャレンジ

約2か月
さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)

結成10周年のさくらしめじ、全国12カ所21公演の春ツアー開催

約2か月
ユーキ(超特急)

超特急ユーキ “パフォーマー×演出プロデューサー” 二刀流の挑戦

約2か月
EBiDAN

EBiDANのYouTubeチャンネル本日開設、動画第1弾は「Stage of the Universe」MV

約2か月