JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

GENERATIONS主演ホラー映画の見どころ熱弁「今日はもう皆さん帰れないと思います」

「ミンナのウタ」の舞台挨拶の様子。
12か月前2023年07月11日 11:02

GENERATIONS from EXILE TRIBEが本人役で出演するホラー映画「ミンナのウタ」の完成披露試写会が、本日7月11日に東京・丸の内ピカデリーで行われた。

8月11日に全国公開される「ミンナのウタ」は、小森隼がパーソナリティを務めるラジオ番組に届いた1本のカセットテープをきっかけとしてメンバーたちが恐怖の連鎖に巻き込まれていく、現実とフィクションが曖昧になった世界を描く物語。試写会の前には舞台挨拶が実施され、キャストのGENERATIONS、早見あかり、マキタスポーツ、監督の清水崇が登壇した。

GENERATIONSがそれぞれ「白濱亜嵐役の白濱亜嵐です」「片寄涼太役の片寄涼太です」と名乗って笑いを誘ったあと、司会者がキャストに印象に残った怖いシーンを問いかける。白濱が「僕が怖いと思ったのは、逆再生のシーンですね。唯一撮影していてもめっちゃ怖いなと思って。(関口)メンディーくんがおかしくなっちゃったんですよ。メンディーくんが『止めて!』と言うシーンなのに、なかなかそのセリフを言わなくて、みんなでずっとメンディーくんが悶えてるのをずっと見てるという」と撮影中の出来事について説明すると、清水はスタッフからメンディーへの伝言に行き違いがあったことを明かし「彼は真面目にやってくれてましたよ」とフォローをした。片寄は「自分が出させてもらったシーンでいうと、シャワーのシーンは難しさもあり怖さもありました。今から観ていただく方は帰ってシャワーを浴びるのは厳しいんじゃないかな」とニヤリ。メンディーは「(シャワーのシーンは)泡が多すぎたかなと。王子の裸体がもっと見たかった」と残念がった。

映画の主題歌はGENERATIONSが歌う「ミンナノウタ」。数原龍友はこの曲について「映画の企画があったからこその表現ができた楽曲で、GENERATIONS史上一番対極な色が詰まった1曲になったと思います」と自信をのぞかせる。さらに清水が「曲を聴いたとき、大丈夫かなと思いました。普段ポジティブな方向性の活動をされているから」と感想を述べると、片寄は「逆にいいきっかけをいただいたなと思います」とさわやかな笑顔を浮かべた。

続いて小森隼は「なにせ僕からいなくなるので……。ラジオブースのシーンはとてもつなく怖いです。このあとも行かなきゃなので怖いんですよね」とおどけつつ、自身の出番がすぐに終わってしまったため、撮影中に一度もマキタと会わなかったことを明かした。マキタはそんな小森を「声が芸人並みだよね。あとしゃべるときに一歩前に出るのも芸人」と評し、これに小森が「そうなんですよ。しゃべるときはちょっとでも目立たないとなって!」と返すなど、2人は息の合った掛け合いを見せた。

佐野玲於が印象に残ったと語ったのは夜道のシーン。「今日はもう皆さん帰れないと思います。展開知ってるのに怖かったですもん。帰りにぜひ人けのない自販機で飲み物を買ってほしいですね」と熱弁した。メンディーは「CMでも流れているシーンなんですけど、廊下を小さい男の子が走ってくるシーンは、撮影中も想像以上に怖くて。撮影の関係で、男の子は廊下を斜めに向かって走らなきゃいけなくて。それで混乱しちゃったのか右手と右足を同時に出しながら走ってるときもありました。呪いだと思うアレ」というエピソードを披露した。中務裕太はこれまでの話の流れを汲み取り、「廃墟のシーンが印象的ですね。皆さんもう深夜の廃墟は行けなくなります」と言うも、ほかのメンバーから「深夜の廃墟はもともと怖くて行けないわ!」とツッコミを受けた。

劇中でGENERATIONSのマネージャー役を務める早見は「ほぼほぼ全部見どころ言われちゃった!」と困り顔。しかし「私、ホラーが苦手で、初号試写で初めて最初から最後までホラー作品を観たんです。そこで音や暗さとか、小さな画面で観るのとでは全然違うだろうなと感じて。なので今日ここで観られるのは贅沢だと思います。スクリーンで観るべき映画だと感じたので」と自身の体験談をもとに映画館でホラーを観ることの魅力を語り、同じく初めてスクリーンでホラー作品を観たという佐野も「ホラーが苦手な人もぜひ!」とアピールした。マキタはネタバレを気にしつつ、見どころについて「理屈じゃないところでしょうかね。具体的には申し上げませんけど、意味わからねえけど怖いみたいなシーンがあるんですよ」と説明した。さらに清水が「ホラー映画は死ぬことばかり意識されがちですが、生も死も同一線場にあると思っていて、同じように怖さと笑いを散りばめています。あとは劇中に登場するさなちゃんという女の子の夢と希望の裏側を感じ取っていただけたらと思います」と語った。

ここでキャストや観客へのサプライズ演出として、劇中に登場する女子中学生・さなが客席後方から登場。彼女は観客やキャストにカセットテープを配りながら静かに劇場内を徘徊した。さなが退場したところで、最後に白濱が「ホラー怖いなと思う人もいると思うんですけど、劇中で違和感なくGENERATIONSの楽曲が流れたりライブシーンが出てきたりするので、そのあたりで怖さを和らげてもらえたら。僕自身はホラーがすごく好きなんですけど、そういう皆さんには『観たかったやつがついに公開されますよ』と伝えたいです。僕たちのDNAに刷り込まれてる怖いものやイメージがこの映画には詰め込まれてます。ぜひ、さなに存分にビビってください」と語り舞台挨拶を締めくくった。

(c)2023「ミンナのウタ」製作委員会

関連記事

Netflixシリーズ「地面師たち」キャスト

ピエール瀧、綾野剛×豊川悦司W主演「地面師たち」に出演

11日
左から曽野舜太、佐野勇斗(ともにM!LK)。(c)日本テレビ

M!LK佐野&曽野、SixTONES田中、timelesz松島らは賞金を獲得できるのか?日テレ特番「続々」

約1か月
「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」最終出演者&タイムテーブル発表

約1か月
「あのコはだぁれ?」メインビジュアル(c)2024「あのコはだぁれ?」製作委員会 

渋谷凪咲、映画初主演で挑むのは清水崇の新作ホラー「ワクワクしながら撮影に臨みました」

2か月
「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル

「やついフェス」に氣志團、阿佐ヶ谷姉妹、吉川友にでか美ちゃん、#ババババンビら53組追加

2か月
岩田剛典(三代目 J SOUL BROTHERS)

岩田剛典が日曜劇場「アンチヒーロー」出演、ワンエン沢村玲やシッキン小栗基裕も

3か月
「藤子・F・不二雄SF短編ドラマ」ビジュアル(写真提供:NHK)

泉谷しげる、般若、荻野目洋子、渡辺大知たちが藤子・F・不二雄の“すこし・ふしぎ”な世界へ

4か月
「SAMRISE Festival」映像配信告知ビジュアル

音楽と食の総合イベント「SAMRISE Festival」映像配信、白濱亜嵐&神サイが振り返りトーク

8か月
「PONPONポリリズム」を歌うPerfumeときゃりーぱみゅぱみゅ。(c)テレビ朝日 ドリームフェスティバル2023 / 写真:岸田哲平

「Perfume FES!!」できゃりーと合体「PONPONポリリズム」誕生、ホルモンナヲはだいじょばない

8か月
「SPOOKY PUMPKIN 2023」の様子。

スチャ、OWV、chelmicoら50組超のアーティストが登場!サンリオピューロランドのハロウィン企画盛況

8か月