JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Negicco地元で20周年ライブ!ネギ色に染まった新潟県民会館で新曲もたっぷり

「Negicco 20th Anniversary Live ~MY LIFE is Negicco~」新潟公演の様子。
11か月前2023年07月26日 11:03

Negiccoが7月23日、地元新潟のホール会場・新潟県民会館 大ホールにて結成20周年記念ライブ「Negicco 20th Anniversary Live ~MY LIFE is Negicco~」を行った。

新潟名産の「やわ肌ねぎ」をPRする1カ月限定ユニットとしてNegiccoが誕生したのが2003年7月20日。ユニット活動は1カ月後も継続し、Negiccoはそのまま新潟を拠点としながら20年にわたって活動を重ねてきた。彼女たちが地元を代表するホール会場・新潟県民会館のステージに初めて立ったのは2015年。結成15周年を迎えた2018年にはアリーナ会場の朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 展示ホールBでのライブを成功に収めた。メンバーのNao☆、Megu、Kaedeは2019年から2020年にかけて全員結婚。2022年には3人とも出産を経験し、「オリジナルメンバーのまま活動20周年を迎え、子育てをしながら現役で活動するアイドル」という異例の領域に踏み込んだ。20周年ライブにはそんな彼女たちのさまざまを祝うべく全国からファンが集まり、場内を緑色の“ネギライト”で埋め尽くした。

ステージにはsugarbeans(Key)、末永華子(Piano, Cho)、千ヶ崎学(B)、設楽博臣(G)、岡本啓佑(Dr / 黒猫チェルシー)、高橋結子(Perc, Cho)、永田こーせー(Sax)、真砂陽地(Tp)、前田大輔(Tb)という過去のNegiccoのライブを支えてきたバンドメンバーが集結。生演奏によるきらびやかなアレンジで、新旧のナンバー合計26曲が歌われた。ライブ前半には、結成記念日の7月20日に配信リリースされたアニバーサリーミニアルバム「Perfect Sense」から、小西康陽がキラーチューン「アイドルばかり聴かないで」以来10年ぶりにNegiccoのために書き下ろした新曲「お久しぶりです・お元気ですか」が披露され、観客は当日グッズとして販売された「お久しぶりです・お元気ですか」タオルを掲げて産休明けのNegicco本格再始動を祝福した。またライブ中盤には同じく「Perfect Sense」から、クラムボンのミトが提供したラップナンバー「サークルゲームのなかで」、Negiccoプロデューサー・connieによる新曲「ル・ルーラは愛の言葉」が初披露された。

Negiccoの3人は20年間の活動に感慨深そうな様子を見せつつも、ユルい雰囲気のMCは相変わらずで、初期衣装のサンバイザーに関する話題からなぜか「ドラゴンボール」の話へと脱線したかと思えば、Nao☆が「めっちゃくちゃ話変わりますけど、みんな今日どこから来ました?」と急角度で話の腰を折ったりと、いつも通り自由闊達に進む3人のトークに観客は大笑い。バンドメンバーもその様子を微笑ましく見つめていたが、Meguがconnieとの思い出を語っている最中、Nao☆とKaedeがしゃがんで水を飲み“休憩”に入っていることに気付くと、バンドメンバーも次々と無言で水を飲み始めるという連携プレーを見せた。

ライブはほのぼのと進行し、終盤にはメンバー3人がそれぞれの言葉で思いを伝えていく。Kaedeは「誰もが抗えない2、3年間があって、私たちもいろんなことがあって。でもこうやって20周年のタイミングで戻ってこられたのはすごくうれしいことだし、『20周年を盛大にやろう』と新潟県民会館を用意してくださったことは本当にありがたいことだなと思っています」と感謝を伝え、「この先どうなるかは正直わからないですけど、続けられる限り続けたいなって。皆さんと同じ場所や時間をこれからも共有していきたいと思っております」と宣言した。Meguは「私たちはやっぱり楽曲に恵まれてるなあ、と思いながらここまで歌って踊ってきました。その素敵な楽曲に、皆さんの声援や合いの手、掛け声が入ることによって、また曲の魅力が増していくなあと今日のライブで改めて実感しました。20周年のライブで声出しがOKになって、本当に間に合ってよかったなって。21年目のこの先がどうなっていくのか、自分たちが一番楽しみにしながら、これからも活動をがんばっていきたいと思います」とコメント。Nao☆はこの日のライブを楽しみにしていたという父親のことを大粒の涙を流しながら話し、「こうしてみんなが活動を続けさせてくれてるから、私たちも大好きなみんなに恩返しができてるし、本当に本当にたくさんの皆さんに感謝しています」という言葉に場内割れんばかりの拍手が鳴ると、Nao☆はタモリ譲りのポーズで「パン、パパパン」と見事な統制を見せる。「これがNegiccoとファンの皆さんの結束なんです!」と誇らしげなNao☆に場内は再び拍手喝采となった。

アンコールでは満を持してNegiccoの代表曲「圧倒的なスタイル」が披露され、間奏ではおなじみのラインダンスへ。3人の動きに合わせて観客も肩を組み、ラインダンスがホールいっぱいに広がった。またこの日のアンコールでは、こちらもおなじみとなっているサトウ食品「サトウの鏡餅」の来年の正月に向けた新CM「ハレバレ!もちもち!」編の映像およびメイキングがいち早く上映され、鏡餅の妖精に扮した子供たちとたわむれるNegiccoの姿に場内はほっこりムードに。このCMは11月より全国で放送される予定だ。

Negicco「Negicco 20th Anniversary Live ~MY LIFE is Negicco~」東京公演

2023年8月13日(日)東京都 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

Negicco 20th Anniversary “桃栗三年葱二十年”写真展 Negicco×ナタリー supported by サトウ食品

2023年8月8日(火)~8月13日(日)東京都 KATA
<スケジュール>
8月8日(火)11:30~21:00
8月9日(水)13:00~21:00
8月10日(木)13:00~21:00
8月11日(金)13:00~21:00
8月12日(土)11:30~21:00
8月13日(日)11:30~16:00
<入場料>
500円(税込)特典写真付き ※全4種(ランダム)
<展示内容>
ナタリー撮影によるフォト展示、オリジナルグッズ販売。

関連記事

Kaede(Negicco)

Negicco・Kaedeが生誕ライブを新潟&東京で開催、バックバンドはひさびさのスカート

8日
黒猫CHELSEA。左から渡辺大知(Vo)、澤竜次(G)。

黒猫チェルシーからメンバー脱退、渡辺大知&澤竜次の新体制でバンド名改め活動再開

21日
忌野清志郎

次回「EIGHT-JAM」は忌野清志郎特集 寺岡呼人、ワタナベイビー、渡辺大知が名曲紹介

約1か月
Negicco

Negiccoの20周年ミニアルバムがフィジカル化、ジャケットは江口寿史描き下ろし

約2か月
Nao☆

Negicco Nao☆が歌とユーモアでファンを笑顔に!大盛況の36歳バースデーライブ東京公演

2か月
Nao☆(Negicco)「ゆるく ゆれる」配信ジャケット

NegiccoのNao☆新曲配信、THE BLDSが再び編曲担当

2か月
「七夕忌 PANTA一周忌&頭脳警察55周年記念ライブ」告知画像

頭脳警察PANTA一周忌ライブ開催 鈴木慶一、仲野茂、大槻ケンヂ、ROLLY、花田裕之、夏川椎菜ら出演

2か月
courtesea「恋始まりのダイアリー」ジャケット

新潟発アイドルcourteseaのニューシングル発売決定、東京初ワンマンも

3か月
カジヒデキ

カジヒデキ5年ぶりのアルバムでネオアコ回帰 客演に中森泰弘、深沼元昭、Negicco・Naoら

3か月
「LINE MUSIC PRAYLIST」ビジュアル

NGT48、NiziU、Negicco、フジファブ、ラッキリらが能登地震被災地を音楽の力で支援

3か月