JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ICExが初ワンマンで誓った愛「COOLerのこと愛してるよ!」8人が歩んだ軌跡示し、夢描く未来へ

ICEx(撮影:小坂茂雄)
6か月前2023年08月05日 14:06

ICExが本日8月5日に東京・ヒューリックホール東京で初のワンマンライブ「ICEx First concert “ICEx LOVEx YOU”」を開催した。

「すべての愛を愛す」というコンセプトを掲げて結成されたEBiDANの新グループであるICEx。「ICEx First concert “ICEx LOVEx YOU”」は、結成が発表された3月31日にメンバーにサプライズで伝えられたグループ初となるワンマン公演で、メンバーの8人は4カ月間、この日のために準備を重ねてきた。

氷がグラスに落ちる音がライブの幕開けを告げたICExのファーストコンサート。ひんやりとしたスモークが立ち込めるステージに現れた8人は、デビューシングル「CANDY」のカップリング曲「COUNT DOWN」をオープニングナンバーとして届けた。シルバーカラーで統一された新衣装に身を包んだ彼らが、シングルの中でも際立って大人のムードを漂わせるこの曲を艶っぽくパフォーマンスする姿に、COOLer(ICExファンの呼称)からは熱い視線が注がれる。そんな熱っぽいムードを加速させるように、中村旺太郎は筒井俊旭をバックハグ。竹野世梛は「3、2、1」とつぶやくカウントダウンに合わせてクールな笑みを浮かべ、会場にさらなる歓声を起こしてみせた。

流れるようにデビュー曲「CANDY」が始まると、1曲目とは打って変わってポップでキュートな魅力を全開にした8人。同じくデビューシングルに収録のダンサブルなナンバー「Play The Music」を続けて客席の熱をぐっと高めたあとには8人が順に自己紹介をして、記念すべき初ワンマンに集まった満員のファンへ向けて呼びかけを行っていく。八神遼介は「皆さん緊張してませんか? 大丈夫ですよ、僕のが緊張してるんで!」と言ってCOOLerを和ませ、阿久根温世は「今日はここにいるみんな、俺のこと好きにさせます」と宣言。「皆さんのペンライト、星みたいできれいです!」と客席を見つめた千田波空斗は「(ペンライトを持つ)腕が痛くなるくらい楽しませるんで!」と約束した。

中村が「次は僕らICExの軌跡をお楽しみください」と告げてスタートしたのは、「EBiDANスペシャルメドレー」と題した全11曲のスペシャルメドレー。EBiDAN全体曲「Believe yourself」で幕を開けたこのコーナーでは、彼らがEBiDAN研究生時代に歌い踊り、さまざまな経験と思い出を積み重ねてきた楽曲の数々が披露された。「NEXT ZONE」の気迫あふれるパフォーマンスを8人で見せたのち、EBiDAN OSAKA出身の筒井、阿久根による冒頭のセリフパートで歓声が上がったのはBATTLE BOYS OSAKAの「ズバッと!オ・ノ・マ・ト・ペ!」。EBiDAN NEXT TEAM B「Run on this my way」はTEAM Bのメンバーだった山本龍人と筒井のデュオで届けられ、山本はロッキン、筒井はアクロバットとバレエを織り交ぜたダンスと、それぞれの得意ジャンルを生かしたダンスパフォーマンスでもCOOLerを魅了する。蠱惑的なナンバー「poolside romance」では、メンバーはアロハシャツにサングラスを着けた夏の装いで客席通路に姿を見せ、COOLerのさらなる熱狂を誘う。中村、山本、千田がボーカルを取った「Mascarade shadow」を経て、EBiDAN SENDAIの楽曲「真っ白な恋」ではEBiDAN SENDAI出身の千田と志賀李玖に加え、筒井と八神もステージに立ってまっすぐな歌声を響かせた。

「With you With me」で再び8人がステージにそろい「With you!」「With me!」のコールで客席が温まったあとに続けられたのはICExの前身チームであるTEAM Sの「Courlorful Magic」で、チームSのメンバーだった阿久根、志賀、竹野、千田、中村、山本によるさわやかなパフォーマンスがCOOLerへと贈られる。そして、終盤に届けられたのはTEAM M! from EBiDAN NEXTの人気曲「Hug Hug Hug」。阿久根のセリフパートから始まったこの曲では8人が身を寄せ合って見せるかわいらしい仕草に、客席から絶えず歓声が。それぞれの思い出と成長の軌跡を乗せて届けられたメドレーはTEAM S「ONE WAY ROAD」で締めくくられ、8人は声を合わせて未来にまっすぐ進んでいく意思をCOOLerに伝えた。

衣装チェンジを兼ねたMCタイムでは、メドレーで着用した衣装に触れた8人。志賀、阿久根、竹野、山本が自身の過去衣装を着用した一方で先輩や仲間たちの衣装をまとってこの日のステージに立ったメンバーもおり、筒井は相原一心(現ONE LOVE ONE HEART)、八神は中谷光希、中村は柏木悠(現超特急ハル)、千田はEBiDAN TOKYOの衣装を着ていることをCOOLerに紹介した。そして、志賀はここで改めて8月16日にメジャーデビューすることをファンに報告。「こうやって面と向かって伝えられてうれしいです!」と、8人を代表して思いを伝えた。

にぎやかなトークが繰り広げられたMCタイムを経て、ライブの後半パートはEBiDAN全体曲の「恋心」でスタート。山本や筒井、中村のパワフルなラップ、八神や千田の伸びやかなボーカル……8人それぞれが持ち味を存分に発揮し、ICEx流の「恋心」をファンに提示する。彼らが「君に届いてますか」と歌って曲を締めくくると、COOLerからは「届いてるよ!」という大きなレスポンスが返された。そしてここから8人は、EBiDANの先輩であるM!LKと超特急の楽曲をカバーしてさらなる興奮を誘う。M!LK「テレパシー」では淡い恋心を切なげに歌い上げ、オーディエンスに“テレパシー”を送るポーズをする8人のキュートなポーズに会場が沸き立つ。落ちメロの歌唱を担当した志賀のもとに7人が集まる場面では、阿久根が志賀の頬にキスをしてCOOLerの悲鳴のような歓声を集めた。超特急「My Buddy」は客席降りの演出込みで届けられ、8人はめいっぱいに元気な歌声を届けながらメンバーやCOOLerと笑顔を交わし、“大切な相棒”と歩むこれからを描き出した。

ここで8人がステージから姿を消すと、ステージ奥のビジョンに映し出されたVTRに注目が集まる。“ドアのない部屋”に閉じ込められたメンバーが志賀が見つけたルービックキューブを取り合っているうちに、そのキューブはバラバラに弾け飛んでしまう。するとステージ上には弾けたキューブの1つひとつにもたれかかりながら眠る8人の姿が。志賀が彼らを1人ずつ起こす流れから展開したセクションでは、「TIMELIMIT」というインストナンバーに乗せたコンセプチュアルなダンスがCOOLerの目を奪う。メンバーはキューブを巧みに操りながら息ぴったりのパフォーマンスを見せ、竹野はアクロバティックなソロで観客を魅了。最後に8人が組み上げたキューブに「ICEx」のロゴが浮かび上がると、客席からは大きな拍手が送られた。

きらめく新衣装にこれまでの軌跡を振り返るメドレー、メンバーのチームワークを見せるダンスセクションと、多彩な要素でCOOLerを楽しませてきたICExの8人が極め付けとばかりにライブ終盤に用意していた“ファンへのプレゼント”は、未発表の新曲。「今日のライブのために作った曲です」という八神の紹介とともに披露されたのは「Destiny」と題された楽曲で、ビジョンに手書きの歌詞が映し出される中、美しくまぶしい光に照らされた8人は“運命の出会い”と希望に満ちた未来を晴れやかな表情で歌い上げた。そして、竹野の「盛り上がっていきましょう!」というコールで、本編のラストナンバーの「Sunny Road」へ。筒井による流暢な英語のセリフから始まるこの曲はご機嫌なディスコポップで、8人は軽やかなステップを踏みながら高らかに歌声を響かせた。曲が終わると、自然とお互いの肩を組み合ったICExの8人。メンバーを代表して挨拶に立った志賀は「これから僕たちICExは8人で全力で走っていきます。夢に向かっていくにはCOOLerの皆さんが必要です。僕たちについてきてください!」と思い切り叫んだ。

COOLerの大きな声に導かれて始まったアンコールでは、2024年にICExの1st写真集が発売されることと、初の東名阪ツアー「ICEx First Concert Tour 2024」が2024年3月に開催されることが発表に。ツアー開催決定はメンバーに知らされていなかったサプライズで、8人は「ICExはサプライズが多すぎる!」と動揺を見せながらも喜びを分かち合っていた。また、ここでメンバーは初のワンマンライブを迎えられた今の心境を1人ずつファンに伝えていく。阿久根が「僕たち本当に、みんなの存在が愛おしいです。だから、みんなが見たい景色を全部見せたいなって思います」と思いを伝えると、千田は「これからもたくさん愛すので、僕たちのことを愛してください」と誓いを立てる。そして志賀は「ステージに立てていることが幸せだし、皆さんの温かな笑顔や声が、自分の力になっています。皆さんは僕らにとって、本当に必要不可欠な存在だなって思いました」と実感を語り「僕たちICExとCOOLerの未来が、晴れやかなものになりますように」とまっすぐに客席を見つめた。

「僕たちが初めてもらったこの曲で締めくくりたいと思います」。そう中村が伝え、ICExのファーストワンマンはデビュー曲の「CANDY」で幕を下ろした。最後に阿久根は「やりたいことがあって!」とCOOLerに伝え、グループ紹介のセリフでライブを終えることを提案する。メンバーが「僕たちは!」とコールすると、客席からは「ICExでした!」という大きな声が。8人は最後まで手を振ってCOOLerとの別れを惜しみ、「これからもCOOLerのことを愛してるよ!」と声を合わせて思いを叫んだ。

ICEx メンバー挨拶コメント

中村旺太郎

ライブの開催発表から今日まで、5カ月っていう期間がICExにとってすごく濃くて、成長につながったと思います。絆、パフォーマンス力、いろんな面で強くなることができました。僕はこの日を人生の中で一番の思い出にしたい、来年になっても再来年になっても、思い出せるようなライブにしたいと思いました。これから僕らが進んで行く未来に、COOLerの皆さん、ついてきてください。

筒井俊旭

僕はちょうど1年前の8月5日に研究生として初めてライブに出させていただいたんですが、そのときには1年後、こんなに大きなステージでライブをするなんて思っていなかったし、本当に怒涛の1年だったなと思います。大変なこともあったけど、諦めずにがんばってきてよかったなって、今日皆さんの笑顔を見て思いました。これまで経験したことは、この日のためにあったんだなと実感しています。そして何より、メンバー、COOLerの皆さんに出会えた僕は幸せ者だなと思います。

竹野世梛

本当に楽しくて、一生思い出に残る1日になりました。レッスンのときから、メンバーみんなで「どうやったら楽しんでもらえるだろう?」と考えながら過ごしてきたんですけど、どうでしたか? 僕らに関わってくれたスタッフさん、COOLerの皆さんに感謝しかないです。もっともっと大きくなって、僕らの成長を見届けてほしいです。

阿久根温世

この活動を始めて、僕はみんなから優しさ、楽しさを教わって、愛をもらいました。まず「ここまでやってきてよかったな」という思いがあります。皆さんが忙しい中、僕たちのライブに駆けつけてくれたから今日がありますし、僕たち本当に、みんなの存在が愛おしいです。だから、みんなが見たい景色を全部見せたいなって思います。これからもついてきてほしいですし、応援よろしくお願いします。

千田波空斗

楽しい時間はあっという間でしたね。このライブができるまでにつらいこともあって……もちろん楽しいこともあったんですけど、メンバーとめっちゃケンカしちゃったりもして。さっき仲直りしたんですけど……(笑)。とにかくいろいろあったけど、この景色を見て、世界中の人にお裾分けしたいくらい僕は幸せ者だなって思いました。みんなの優しさ、温かさが僕にとって必要で、ありがたいなって思いました。これからもたくさん愛すので、僕たちのことを愛してください。

山本龍人

このライブが決まったのが3月31日。そのときは「だいぶ先だな」と思っていたけど、いざ始まったらあっという間の時間でした。僕は、COOLerがいるからICExがいると思っていて。しんどいとき、苦しいときもあったけど、笑顔で迎えてくれるCOOLerがいる、最高の景色を知っているからがんばることができました。皆さんと一緒にいる時間が本当に好きだし、時が止まればいいと思ってしまいます。これからも愛し合える存在でいられたらなって思います。

八神遼介

今日は幸せな時間をありがとうございました。こういう時間が一生続けばいいなと思うけど、そうはいかなくて。日常生活に戻ったら、皆さんそれぞれにいろいろあると思うけど、そういうときはICExに頼ってほしいなって思います。ライブとかいろんな形で支えられること、僕らにはいっぱいあると思うので、「疲れたな」って思ったら遊びに来てください。そして、僕たちが同じように思ったときは、COOLerのみんなの、そのキラキラした笑顔を見せてください。

志賀李玖

こうしてステージに立てていることが幸せだし、皆さんの温かな笑顔や声が、自分の力になっています。皆さんは僕らにとって、本当に必要不可欠な存在だなって思いました。僕は皆さんの笑顔が見られることが本当に幸せだし、これからも僕たちのことを愛してほしいです。今日は本当にありがとうございました。僕たちICExとCOOLerの未来が、晴れやかなものになりますように。

ICEx First concert “ICEx LOVEx YOU” 2023年8月5日 ヒューリックホール東京 セットリスト ※カッコ内はオリジナルアーティスト

01. COUNT DOWN
02. CANDY
03. Play The Music
04. Believe yourself
05. NEXT ZONE
06. ズバッと!オ・ノ・マ・ト・ペ!
07. Run on this my way
08. poolside romance
09. Mascarade shadow
10. 真っ白な恋
11. With you With me
12. Courlorful Magic
13. Hug Hug Hug
14. ONE WAY ROAD
15. 恋心
16. テレパシー(M!LK)
17. My Buddy(超特急)
18. TIMELIMIT
19. Destiny
20. Sunny Road
<アンコール>
21. CANDY

ICEx First Concert Tour 2024

2024年3月2日(土)愛知県 BM THEATER
2024年3月3日(日)大阪府 ESAKA MUSE
2024年3月17日(日)東京都 日本橋三井ホール

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

対決前にマイクパフォーマンス合戦を繰り広げるタカシ(超特急)と塩崎太智(M!LK)。(c)テレビ東京

EBiDANいち“オイシイ”強運の持ち主は誰?「ダンエビ」最新回、MCの座をかけたグループ対抗戦

5日
「DAN! DAN! EBiDAN!」場面カット一覧 (c)テレビ東京

EBiDAN冠番組の特別映像を新宿&渋谷の街頭ビジョンで公開

21日
「DAN! DAN! EBiDAN!」初回収録の様子。(c)テレビ東京

「DAN! DAN! EBiDAN!」初回収録に潜入!56人の団結力やいかに?波乱のプレッシャーチャレンジ

23日
ICEx

ICEx、1st写真集完成に「興奮が止まらなかったです」志賀李玖思い出の韓国グルメはピザ

23日
ユーキ(超特急)

超特急ユーキ “パフォーマー×演出プロデューサー” 二刀流の挑戦

27日
EBiDAN

EBiDANのYouTubeチャンネル本日開設、動画第1弾は「Stage of the Universe」MV

28日
EBiDAN

「エビライ」の幕開け飾ったEBiDAN全体曲、元旦にリリース

30日
ICEx「シブヤ 午後6時」ミュージックビデオより。

ICExがダンサー20人とスクランブル交差点で踊る、ダイナミックな新曲MVプレミア公開

約2か月
「DAN! DAN! EBiDAN」制作発表会見に登壇したEBiDANメンバー。

EBiDANの冠番組「DAN! DAN! EBiDAN!」テレ東で始動!9グループ57名登壇の会見完全レポート

約2か月
ICEx「シブヤ 午後6時」ティザー映像より。

ICExがスクランブル交差点でダンス

約2か月