JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

「俺イコールONE N' ONLYだから」ワンエンが初のFCツアー完走、SWAGの前であふれ出したグループ愛

ONE N' ONLY(写真は大阪公演)
5か月前2023年08月28日 1:01

ONE N' ONLYが8月20日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)、27日に大阪・Zepp Namba(OSAKA)でファンクラブツアー「ONE N' ONLY FC TOUR 2023 ~Welcome to SWAG~」を開催した。

「ONE N' ONLY FC TOUR 2023 ~Welcome to SWAG~」は、昨年ファンクラブ「SWAG」を発足したワンエンにとって、初のファンクラブツアー。昼は「Concept F」、夜は「Concept C」と内容を変え、2部制で行われた公演には大勢のSWAG(ONE N' ONLYファンの呼称)が集結。メンバーと共に、唯一無二の夏の思い出を作り上げた。この記事では20日に行われた東京公演の模様をレポートする。

「Concept F」と銘打たれた昼の部はポップな「HOLIDAY」からスタート。カラフルなサマーカジュアルに耳付きのニットキャップというキュートないでたちでステージに姿を見せたREI、TETTA、HAYATO、KENSHIN、NAOYAの5人は、コール&レスポンスで初っ端からSWAGを巻き込んでいく。6人の名前を順にコールする場面では、体調不良のためあいにくの欠席となってしまったEIKUのうちわをNAOYAが持ち、SWAGからの大きな「EIKU!」というコールを受け止めた。曲を終えると、リーダーのHAYATOは「今日はEIKUの分まで楽しんでいきたいと思います」と約束。この言葉に、KENSHINも「気持ちは6人です!」と続く。

軽快なダンスビートに乗せて愛しい人への思いを歌い上げる「YOU???」では、REIが伸びやかなボーカルを響かせながらHAYATOの肩を抱き寄せる。「POP! POP!」ではKENSHINが「みんな、まだまだ“POP! POP!”できるでしょ! キャラメルポップコーンみたいに弾けて!」と呼びかけてSWAGを盛り上げ、HAYATOはスイートなラップを聴かせてフロアをメロウなムードで満たしていった。メンバーの仲のよさやフレンドリーな魅力が存分に伝わる、ワンエンの“サニーサイド”な楽曲の数々を集めたパートを締めくくったのは「LUCKY」。曲を終えると、メンバーは「Concept F」のFは「Funny」の頭文字であることをSWAGに明かし、HAYATOは「ファニーな雰囲気の衣装やセットリストでやってみたんですが、いかがでしたか?」と楽しそうにオーディエンスの反応を確かめていた。

一方「Concept C」と銘打たれた夜の部では、昼の部とはがらりと雰囲気を変えたブラックスーツ姿でステージに現れた5人。そのスタイリッシュないでたちに、フロアは冒頭から大きな盛り上がりを見せた。最新アルバム収録のアッパーなロックナンバー「OPEN」をオープニングナンバーに選んだ彼らは、ダイナミックかつアグレッシブなダンスでワイルドな魅力を全開に。曲を終えると5人は自己紹介を行い、HAYATOはパフォーマンス中にEIKUの存在を感じるとSWAGに伝えたうえで「気持ちは6人でやっていきたいなと思います!」と誓った。

HAYATOの「皆さん、クールなワンエンを浴びる準備できてますか?」という呼びかけからスタートしたのは、ワンエンのクールかつセクシーな楽曲の数々をつないだパフォーマンスパート。5本のスポットライトにフォーカスされた5人がしなやかな一挙一動でリズムに乗った「FOCUS」では、TETTAが美しく芯の通ったハイトーンボーカルでオーディエンスを圧倒する。ダンサブルかつセクシーな「What's Your Favorite?」では、KENSHINがジャケットやシャツをはだけさせる動きでSWAGを誘惑。また、イントロでフロアから歓声が沸き上がった「Black Hole」でも、振りの中で思い切りシャツを引き上げる5人の挑発的な仕草にたびたび熱狂の声が上がる。HAYATOいわく「ワンエン史上最大のセクシーメドレー」は曲を重ねるごとに艶めかしさを増していき、極め付けとばかりに届けられた「QUEEN」では、5人がマイクスタンドとハットを使ってスタイリッシュに魅せるパフォーマンスがSWAGを魅了した。

各公演のテーマを反映したライブパートを終えると、続いて企画コーナーへ。「ONE N' ONLY オンリーワン選手権」と題されたゲームは、次々に投げかけられるお題に「自分が当てはまる」と思い立ち上がったメンバーが1人だけだったらチャレンジ成功というゲームで、メンバーそれぞれのグループ内の“立ち位置”への理解とチームワークが試された。「Concept F」公演では「一番グループ思いなのは?」という問いかけにHAYATO、REI、NAOYAが立ち上がる。TETTAが「リーダー(HAYATO)が立つのがきれいな形じゃない?」と言うと、REIは「俺イコールONE N' ONLYだから。人生がONE N' ONLY」と胸を張り、NAOYAも「だって(ワンエンが)大好きだもん」とグループ愛を吐露してSWAGを沸かせた。メンバーは「Concept C」公演でもこのゲームに挑戦。「一番ミステリアスなメンバーは?」という質問に誰1人として立ち上がらなかったことから、5人はSWAGに向けて「誰が一番ミステリアスか?」という問いかけをすることに。すると最も声が上がったのがREIで、この結果にREI本人は驚きの表情。目を丸くしながら「毎日ブログであんだけ私生活さらけ出してるのに!? まだミステリアスに感じる!?」とSWAGに確認して笑いを誘った。「一番髪をかき上げる仕草がセクシーなのは?」「振り向きざまのウィンクがイケてるのは?」という質問でKENSHINとTETTAが譲らぬ立候補合戦を繰り広げたりと白熱したゲームの最後に5人に投げかけられたのは、「一番SWAGを大切にしているのは?」という質問。5人はチャレンジ失敗を顧みずに自信満々に立ち上がり、SWAGからの大きな歓声を集めていた。

「オンリーワン選手権」に加え、「Concept F」公演では会場に集まったSWAGの中から6人だけに該当する質問を作れるかを競う「3000分の6」、「Concept C」公演ではフラフープやけん玉、万歩計ダンスといった体力勝負の種目で競う「ONE N' ONLYのスポーツGP」というゲームも行われ、「3000分の6」ではKENSHINが、「スポーツGP」ではHAYATOが最下位の罰ゲームを受けることになった。罰ゲームの内容は、面と向かってメンバーそれぞれの大好きなところを褒め称えるというもの。KENSHINがメンバーに送ったのは「なおくん(NAOYA)はかわいいお顔が大好き! TETTAは一番面白い感じだけど実は芯があって、背中がでっかいな、かっけえなって思います。REIくんは悩んだときに一番に連絡をくれたり、誰よりも優しくて大好き。HAYATOは15歳のときに出会ってから“はやけん”としてやってきたけど……グループを引っ張ってくれたり、俺はすべてにおいてお前を尊敬してる。ありがとう! EIKUは小動物みたいで、一番仲がいいかなというくらい、一緒にごはん行くし……本当に愛してる、EIKU!」という熱いメッセージ。そしてHAYATOはメンバーそれぞれの顔を見ながら「なおくんは出会った頃から眉毛の角度がかわいいなって思ってます。KENSHINは高い鼻がカッコいい。TETTAは、みんなにはあまりわからないかもしれないけど……上半身の筋肉の付き方がめっちゃ好き。REIくんは、このプニプニの腕、触り心地がたまんない! EIKUは全部好きなんだけど、ぷるんぷるんの唇かな!」と、自身が思うメンバーのチャームポイントを次々と挙げていく形で、仲間への愛情を表現していた。

「この会場をもっと夏にしていきたいと思います!」。HAYATOがそう告げ、ステージは「EVOL」で再びライブパートへ。「EVOL」は8月16日にリリースされたばかりの新曲で、圧倒的なテンションでボルテージを高めるレゲトン調のナンバー。「EVOL」という言葉に“進化”の意味を込め、メンバーは「EVOL EVOL(エヴォ エヴォ)」というサビのアッパーなリフレインでフロアの温度を引き上げていく。アイコニックな稲妻の“EVOLポーズ”を掲げて曲を締めくくると、HAYATOは「TikTokなどぜひチェックして、エヴォエヴォダンス、一緒に踊ってください!」と聴衆へ語りかけた。

ライブの後半には、ファンクラブメンバーのためのレアで特別な時間も用意されていた。ステージに残ったREIとTETTAは「1回もライブで披露したことのない曲を」と告げて、アルバム「ON'O」収録のミドルバラード「もっと大きな愛で包み込むから…」をデュエットで歌い届ける。ハイチェアに腰かけた2人が、時折目を合わせてコンタクトを取りながら響かせる柔らかで繊細なハーモニーに、SWAGはじっくりと耳を傾けた。そして、HAYATO、KENSHIN、NAOYAのラッパー組3人は、その3MCのユニット曲である「CIRCLE」をこのFCツアーで初披露する。淡々と静かに進んでいくトラックに、確かな熱量をはらんだラップを乗せていく3人。張り詰めたテンションの中でシリアスな世界観を浮き上がらせる彼らのパフォーマンスを、オーディエンスは息をのむように見つめていた。

「後半戦、まだまだ盛り上がっていこうぜ!」とKENSHINが告げ、けたたましいアラーム音とともに「Category」が始まると、5人はギアをさらに引き上げてアッパーなパフォーマンスで場内の熱を引き上げてゆく。ここから彼らは「Dark Knight」「YOUNG BLOOD」という代表的なキラーチューンをメドレーでつなぎ、曲を重ねるごとにテンションを引き上げていくような気迫に満ちた歌とダンスをSWAGに叩き付けた。赤の光に染まったステージの上、体の芯まで響く重低音にパワフルに体を弾ませる彼らの姿にオーディエンスもハンズアップで呼応し、熱気が充満する会場。メドレーのラストにはさわやかなメッセージソング「Step Up」が届けられ、メンバーとSWAGは元気いっぱいのタオル回しで大きな一体感を作り上げた。

最後の曲を前にメンバーはライブを振り返り、「もっと大きな愛で包み込むから…」についてTETTAは「EIKUの分も気持ちを込めて歌わせていただきました。3年間温めました」とコメント。ラッパーチーム3人による「CIRCLE」については、HAYATOが「ここで初披露できました!」と笑顔を見せ、TETTAも「やっとライブで披露してくれた! ラッパー3人の曲ができたのがうれしいんですよ」と喜んだ。

「Concept F」公演は「My Love」で、「Concept C」公演は「STARLIGHT ~未来ノトビラ~」でライブ本編が締めくくられる。「STARLIGHT ~未来ノトビラ~」はメンバーが初めて作詞に参加した、ONE N' ONLYとSWAGの絆を歌う楽曲。ミラーボールの光の粒が美しい星の光を演出する中で、5人は優しい歌声とたおやかなダンスに思いを詰め込んでSWAGにプレゼントした。曲を終えてメンバーは1人ずつ思いを語り、NAOYAは「ファンクラブができてからずっとこういうライブをしたかったので、今回やっとできてうれしいです。次はEIKUも一緒に、皆さんにしっかりパフォーマンスを届けたい」とコメント。KENSHINが「これからも楽しいことをみんなで共有していけたら」と思いを語ると、TETTAは「もっと盛り上げて、皆さんをいろんなところに連れていける最高のファンクラブにできたら」と続く。REIは「(SWAGの)熱い気持ちがEIKUにも伝わっていると思う。これからも支えてくださったらうれしいです」と語りかけ、HAYATOは「EIKUを感じながらのライブ、これはこれで特別なものになったんじゃないかなと思います。次は6人でやりたいですし、第2回、第3回と続けていけたらと思いますので。これからもONE N' ONLYを愛してください!」とまっすぐに訴えた。

SWAGからの止まない「ワンエン!」コールに応えてステージに戻った5人は「Sexy Beach Party Yes!!」でアンコールをスタートさせ、ミラーボールのまばゆい光の下に熱狂のパーティ空間を作りだす。「Last Forever」の明るくさわやかなサウンドで一体感をさらに高めた彼らがラストナンバーとして贈ったのは「Call Me」。ぎゅっと密着しながらステージを右から左へ、楽しげに歩きながら歌声を届ける5人の姿を見つめるSWAGにも笑顔の輪が広がり、KENSHINは「改めてSWAGのみんなに感謝したいと思います。愛してるぜ!」「EIKUの分も声聞かせてくれ!」とSWAGに語りかけた。ステージ上もフロアもひとつになって「僕らは同じ星の上!」と叫ぶとステージの両端からはテープキャノンが放たれ、心地よい高揚感の中でワンエン初のFCツアーのステージは締めくくられた。

すべてのパフォーマンスを終えたのち、夜の部の最後にはONE N' ONLYが初の47都道府県ツアー「ONE N' SWAG ~Hook Up!!!!!!~」を行うことが告知された。約半年をかけて各地のライブハウスを回るこのツアーの終着点は、ワンエンにとって過去最大規模の会場となる神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール。この大きな発表に歓喜の声を上げるSWAGの反応を受け止めたNAOYAは「なんか泣けてきちゃった。みんながすごい喜んでくれるからさ、こんなにみんな、僕たちに会いたいと思ってくれてるんだなって……がんばります!」と瞳を潤ませる。するとKENSHINも「(パシフィコ横浜は)目指していたところだし、込み上げてきた……」と言って目を真っ赤に。TETTAが「その思いをぶつけようぜ」と声をかけると、KENSHINは「6人でONE N' ONLYだし、みんな絶対欠けちゃいけないから。ようやくパシフィコ来たぞ!」と思い切り叫んだ。それぞれの思いがあふれ出す中で、HAYATOが「ONE N' ONLY大好きな人!?」とフロアに語りかけると、SWAGからは大きな声が返る。声を受け止めたHAYATOは「俺らも大好きだぜ!」と思いを伝え、メンバーは「みんな最高だぜ!」と声を上げながらステージをあとにした。

ONE N' ONLY FC TOUR 2023 Welcome to SWAG 2023年8月20日 Zepp Haneda(TOKYO)セットリスト

Concept F

01. HOLIDAY
02. YOU???
03. POP! POP!
04. LUCKY
05. EVOL
06. もっと大きな愛で包み込むから…
07. CIRCLE
08. Category~Dark Knight~YOUNG BLOOD~Step Up
09. My Love
<アンコール>
10. Sexy Beach Party Yes!!
11. Last Forever
12. Call Me

Concept C

01. OPEN
02. FOCUS
03. What's Your Favorite?
04. Black Hole
05. QUEEN
06. EVOL
07. もっと大きな愛で包み込むから…
08. CIRCLE
09. Category~Dark Knight~YOUNG BLOOD~Step Up
10. STARLIGHT ~未来ノトビラ~
<アンコール>
11. Sexy Beach Party Yes!!
12. Last Forever
13. Call Me

撮影:小坂茂雄、牧野孝彦

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

対決前にマイクパフォーマンス合戦を繰り広げるタカシ(超特急)と塩崎太智(M!LK)。(c)テレビ東京

EBiDANいち“オイシイ”強運の持ち主は誰?「ダンエビ」最新回、MCの座をかけたグループ対抗戦

5日
ONE N' ONLY

ONE N' ONLY、国際フォーラムで初披露した「Hunt」ライブ映像公開

8日
「JUNON」2024年3月号特別版の表紙。

「JUNON」に帰ってきた長渕剛、愛のある方向にしか人間は進まない

10日
ONE N' ONLY(撮影:笹森健一)

ONE N' ONLY、満員の豊洲でHook Up!“2024年最高のスタート”に「このメンバーでよかった」

10日
「QJカメラ部」新メンバーに決定したRUI、TAIKI、KANON。

BMSGトレーニーのRUI、TAIKI、KANONが「QJカメラ部」で週替わり連載

18日
「DAN! DAN! EBiDAN!」場面カット一覧 (c)テレビ東京

EBiDAN冠番組の特別映像を新宿&渋谷の街頭ビジョンで公開

21日
「DAN! DAN! EBiDAN!」初回収録の様子。(c)テレビ東京

「DAN! DAN! EBiDAN!」初回収録に潜入!56人の団結力やいかに?波乱のプレッシャーチャレンジ

23日
ONE N' ONLY

ONE N' ONLYの新潟公演が延期に

24日
ユーキ(超特急)

超特急ユーキ “パフォーマー×演出プロデューサー” 二刀流の挑戦

27日
EBiDAN

EBiDANのYouTubeチャンネル本日開設、動画第1弾は「Stage of the Universe」MV

28日