JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ODD Foot Works、NIKO NIKO TAN TAN、カメレオン・ライム・ウーピーパイが晩夏の新宿で激突

「ライブナタリー “ODD Foot Works × NIKO NIKO TAN TAN × カメレオン・ライム・ウーピーパイ”」出演者(Photo by Hayato Niiya)
6か月前2023年09月01日 9:05

ライブイベント「ライブナタリー “ODD Foot Works × NIKO NIKO TAN TAN × カメレオン・ライム・ウーピーパイ”」が8月30日に東京・新宿MARZで開催された。

フェスやメディアなどで注目を浴びる、今勢いに乗っている3組が出演した本イベント。トップバッターはChi-によるソロユニットのカメレオン・ライム・ウーピーパイが務めた。「CHAMELEON LIME WHOOPIEPIE's THEME」が場内に流れる中、まずはChi-の仲間であるWhoopies1号と2号がステージに現れ、自由奔放な動きでフロアを盛り上げる。そしてWhoopiesのパワフルなドラミングとともにChi-がステージへ勢いよく登場し、「LaLaLa」でイベントの幕を開けた。サイケデリックな映像を背に、飛び跳ねたり、腕を大きく回したり、とびきり楽しそうにアッパーチューンを連発したChi-は、「Dislike」ではマイクに思いをぶつけるように歌唱。続いてメロウナンバー「scrap」「Wonderful」を歌い上げ、観客をチルアウトさせた。

後半に披露されたのは、ハイポジションでうねるベース、抜けのいいスネア、断続的なベルの音が印象的な未発表曲「Chair」。「Stand Out Chameleon」ではChi-の指揮によって、しゃがんだ観客が一斉に飛び跳ね、ステージとフロアが一体となった。「今日のお客さん、音楽好きですね! 最高です!」と高ぶる思いを口にしたChi-。パンキッシュな「Whoopie is a Punkrocker(CLWP ver.)」を皮切りにラストスパートをかけた彼女は、最後に「Love You!!!!!!」でシャウトを轟かせ「また一緒に遊びましょう!」と観客との再会を誓った。

2番手は2019年結成のクリエイティブミクスチャーユニット・NIKO NIKO TAN TAN。ピカチュウの耳が付いたヘッドバンドを付けたAnabebe(Dr)と、バケットハットを被ったOCHAN(Vo, Syn, etc)は、スタンバイするやいなや「WONDER」でアグレッシブにライブを始めた。Drug Store Cowboyによる映像演出とともに「多分、あれはFly」「ヨルガオ」を情熱的にプレイしたのち、OCHANは「今日は仲のいいバンドとのスリーマン、楽しみにしてました!」とコメント。そして「友達呼んでいいですか?」と言ってChi-をステージに迎え、2022年発表のコラボ曲「胸騒ぎ feat. Chi- from カメレオン・ライム・ウーピーパイ」を一緒にパフォーマンスしてファンを喜ばせる。Chi-がステージから去り、浮遊感のあるサウンドの「琥珀」の演奏が始まると、ミラーボールの光で場内が幻想的なムードと化した。

Anabebeはヘッドバンドについて、この日リリースされた新作EP「YELLOW」と関連があるとタネを明かす。そんなトークを挟み、「次のODD Footまでめちゃめちゃ温めて帰りたいんで、みんなよろしく!」というOCHANの言葉をきっかけに、攻撃的なサウンドの「Jurassic」でライブ後半がスタート。「Paradise」「同級生」というダンスナンバーに合わせて、観客は思い思いに体を揺らした。最後に披露されたのは「パラサイト」。2人はラストまで力を緩めることなく、フロアに熱気を生み出した。なおAnabebeはヘッドバンドを観客にプレゼントしてステージから去っていった。

トリを務めたODD Foot Worksのライブは、ショパン「ノクターン第2番」を引用した「Love Is Money?」でスタート。「ぶちあがっていこうぜ!」と声をかけたPecori(Rap)は、「KAMISAMA」「JELLY FISH」といったナンバーでブレないフロウを聴衆に浴びせる。「Papillon」では榎元駿(B)と有元キイチ(G)が熱い掛け合いを繰り広げ、サポートメンバーのTaishi Satoによるトークボックスのパフォーマンスも観客を沸かせた。「夏のライブ納めというつもりで超がんばるんで、みんなも付いてきて」というPecoriの言葉に続き、彼らは「浪漫飛行機」「in the city magnolia」「I Love Ya Me!!!」をシームレスに演奏。観客は一緒に歌ったりハンズアップしたりして、全身で音楽を楽しんだ。

さらに、疾走感のある「VIRTUAL DANCER」、原曲にAAAMYYY(Tempalay)を迎えた「髪と紺」で観客を踊らせたODD Foot Works。「“夏”で締めたいと思います」というPecoriの宣言通り、彼らはこの季節にぴったりのミディアムナンバー「Summer」をパフォーマンスし、心地よい余韻を残してステージをあとにした。その後、4人は観客のアンコールに応えて再登場。Pecoriは最前列のファン1人に「何をやってほしいですか?」とリクエストを求める。予定になかった行動ゆえか、観客だけでなくメンバーも驚く中、白羽の矢が立ったファンが少し考えたのち「卒業証書」と答えると、Pecoriは「OK!」とひと言。そして彼らはすぐさま「卒業証書」の演奏を始め、フロアを大いに盛り上げてイベントに幕を下ろした。

「ライブナタリー “ODD Foot Works × NIKO NIKO TAN TAN × カメレオン・ライム・ウーピーパイ”」2023年8月30日 新宿MARZ セットリスト

カメレオン・ライム・ウーピーパイ

01. LaLaLa
02. Mushroom Beats(Orange ver.)
03. Where Is The Storm
04. Dislike
05. scrap
06. Wonderful
07. Mole Dancer
08. Chair
09. Stand Out Chameleon
10. Whoopie is a Punkrocker(CLWP ver.)
11. Crush Style
12. Love You!!!!!!

NIKO NIKO TAN TAN

01. WONDER
02. 多分、あれはFly
03. ヨルガオ
04. 胸騒ぎ feat. Chi- from カメレオン・ライム・ウーピーパイ
05. 琥珀
06. Jurassic
07. Paradise
08. 同級生
09. パラサイト

ODD Foot Works

01. Love Is Money?
02. KAMISAMA
03. JELLY FISH
04. テレコになって
05. Papillon
06. 浪漫飛行機
07. in the city magnolia
08. I Love Ya Me!!!
09. VIRTUAL DANCER
10. 髪と紺
11. Summer
<アンコール>
12. 卒業証書

関連記事

「~新宿LOFT歌舞伎町移転25周年記念~『SHINJUKU LOFT 25TH 2MAN SHOW』」告知画像

ASP×ODD Foot Worksのツーマン開催、新宿LOFTの移転25周年記念で

2日
BREIMEN「AVEANTIN」通常盤ジャケット

BREIMENメジャー1stアルバム収録曲明らかに 目印はメンバー5人の“顔”

9日
「INSPIRED BY TOKYO」告知ビジュアル

「SXSW」でFRIENDSHIP.、Spincoaster、The Orchard Japanのショーケース開催

11日
「YAJICOLABO 2024」東京公演よりYAJICO GIRL。(撮影:鈴木友莉)

YAJICO GIRL、ダンスポップな新曲「MissU」配信リリース

26日
「SYNCHRONICITY'24」第6弾出演アーティスト

「SYNCHRONICITY'24」に(sic)boy、呂布カルマ、chelmico、水曜日のカンパネラら16組追加

約1か月
NIKO NIKO TAN TAN「カレイドスコウプ」ミュージックビデオ(芸人・永野Ver.)より。

NIKO NIKO TAN TANの顔がすべて芸人・永野になったらこうなる

約1か月
ASP(Photo by Sotaro Goto)

ASP、イギリスから来日したWargasmと渋谷で熱烈競演

約1か月
再生数急上昇ソング定点観測

Number_i「GOAT」に世界が衝撃 / 「8番出口」非公式ソングに絶賛の嵐

約1か月
Number_i (c)TOBE Co., Ltd.

ラップで話題のNumber_i、ダンスも完全に「GOAT」

約2か月
Number_i (c)TOBE Co., Ltd.

Number_iの音楽活動がついに始動!全編ラップ詞の1stシングルで“最高到達点”へ

約2か月