JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

齋藤飛鳥が乃木坂卒業後の心境語り、アンジュルム上國料萌衣は卒表を考えていたこと明かす「ar」10月号

雑誌「ar」10月号表紙
9か月前2023年09月11日 10:01

元乃木坂46の齋藤飛鳥が明日9月12日に発売される雑誌「ar」10月号の表紙に初登場する。

「ずっとarのカバーを飾りたくて、arのかわいいページをスクラップしていました」という齋藤は、緊張が走る撮影現場を想像していたそうで「和気あいあいで驚きました♡」とコメント。インタビューでは「アイドル活動をしていた時は、グループを大きくしたい、後輩の良さを引き出したいという目的や責任感があったし、理想に近づくためにいろんなルールを決めて、こだわっていました。でも25歳になった今は、ルールがなく純粋にお仕事を楽しめるようになったので、30代に向けて余裕のあるカラッとさっぱりした女性になりたい」と新たな理想像を語っている。齋藤は自身の性格について「長所はウジウジしないこと。短所は気分屋で頑固なところ。自分の性格がいいと思ってないし、自分にも期待していないんですよね(笑)」と告白。読者の恋愛相談に答える中で「ある程度勝算がないと、告白するのは怖い。まずは恋愛対象として見られているかを確認」と恋愛観も覗かせた。

また今号にはアンジュルムの上國料萌衣の16ページにわたる特集も掲載される。本誌で上國料は「個人のお仕事が増えていた時期、2年後くらいに卒表しようって考えていたんです。でも今はリーダーになったこともあり、心境の変化で卒業の時期は具体的に考えていません! アンジュルムのレベルアップに貢献したいという思いが強いんです」と衝撃の告白。幼少期のエピソードはもちろん、モーニング娘。のオーディションに落ちたこと、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」で集客できず、悔しい思いをしたこと、モデルやテレビの仕事を始めて人生が変わったことなど、23年の人生を振り返っている。

このほか今号の「ar」には、同日に発売される上村ひなの(日向坂46)の写真集に未収録のスペシャルカットも掲載。吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)の連載「HOKUTOIRO」では、「スイーツの中でも一番好きなのがフルーツタルトで、いつもアンテナを貼っています。デザートは幸せが詰まっているので、カロリーゼロ。太りません(笑)」「メンバーと焼肉に行っても、僕だけ最後にデザートを頼んじゃいます」と吉野がスイーツにまつわるエピソードを語っている。

関連記事

「乃木坂46 35thSGアンダーライブ」に出演したメンバー。

15人が“アンダラ”に懸けた情熱を記録「乃木坂46アンダードキュメンタリー」オンエア決定

約8時間
高本彩花(日向坂46)

日向坂46高本彩花の記憶の中で生き続ける“あの景色”、1st写真集で「オリオン座を探してみて」

約18時間
高本彩花の1st写真集「僕の記憶の中で」封入特典ポストカード。(撮影:東京祐)(c)KOBUNSHA

ランジェリー姿の高本彩花がこちらを見つめる

約19時間
Juice=Juice

Juice=Juice植村あかり卒業コンサートをCSで生中継、特番「想い出バスツアー」もオンエア

1日
阪口珠美(乃木坂46)の1st写真集「青いバラ」より。(撮影:Takeo Dec.)

乃木坂46阪口珠美、チャイナ服でにっこり

2日
高本彩花の1st写真集「僕の記憶の中で」封入特典ポストカード。(撮影:東京祐)(c)KOBUNSHA

高本彩花の愛犬ちぇり、いっぱい遊んでにっこり

2日
アンジュルム

アンジュルム、噴水広場で佐々木莉佳子の卒業ソング歌唱「曲を聴いて、自然と涙が出る」

2日
弓木奈於(乃木坂46)1st写真集「天使だったのか」通常版表紙画像(撮影:三瓶康友 / ワン・パブリッシング)

乃木坂46弓木奈於は天使だったのか、1st写真集表紙公開「少しでも近くに感じて欲しいな」

3日
「量産型リコ -最後のプラモ女子の人生組み立て記-」トレイラーのサムネイル。 (c)「量産型リコ」製作委員会2024

乃木坂46与田祐希主演ドラマ「量産型リコ」最終章もオープニングテーマは樋口楓

3日
乃木坂46とサンボマスター。(撮影:石井麻木)

「風とロック」乃木坂46×サンボ、マンウィズ×BRAHMAN×ACIDMANほか貴重対バンを初放送

3日