JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

サニーデイ、ザゼン、カネコアヤノ、七尾旅人が競演 「サマー・ソルジャー」大合唱で告げた夏の終わり

左から大工原幹雄(Dr / サニーデイ・サービス)、田中貴(B / サニーデイ・サービス)、カネコアヤノ、向井秀徳(Vo, G / ZAZEN BOYS)、七尾旅人、曽我部恵一(Vo, G / サニーデイ・サービス)。(撮影:石崎祥子)
6か月前2023年09月16日 9:06

9月9日と10日に埼玉・秩父ミューズパークで野外音楽イベント「WIND PARADE '23」が開催された。この記事では2日目の公演の模様をレポートする。

ZAZEN BOYS

2日目はZAZEN BOYSのステージで幕開け。向井秀徳(Vo, G, Key)の「MATSURI STUDIOからやって参りました、ZAZEN BOYS!」というお決まりの挨拶に続けて「Himitsu Girl's Top Secret」が演奏され、いきなり会場は高揚感と緊迫感の入り混じった異様な空気に包まれる。その後、オーディエンスを心地いい揺れへと誘う「Weekend」、ザゼンらしい複雑なリズムで展開していく「RIFF MAN」などが披露されると、真っ昼間の陽気と相まって会場の熱気はどんどん上昇していった。さらに4人は新曲「バラクーダ」「チャイコフスキーでよろしく」や「永遠少女」を披露し、ZAZEN BOYSにしか作れない強固なアンサンブルで観客を魅了していく。「Crazy Days Crazy Feeling」ではキャップとサングラスを身に付けた向井が、前列の観客目がけて激しいラップを飛ばした。そして4人はラストに「Asobi」を披露。グルーヴィな演奏に乗せて向井がポエトリーリーディングのような独特な節回しで歌唱し、最後は「MATSURI STUDIOからやって参りました、ZAZEN BOYS! 乾杯!」という言葉でステージを締めくくった。

カネコアヤノ

2番手として登場したのは2年連続での「WIND PARADE」出演となるカネコアヤノだ。彼女は林宏敏(G)、Hikari Sakashita(Dr)との特別編成で、昨年のアグレッシブなパフォーマンスとは打って変わって情緒豊かなステージをゆったりと展開。しなやかなギターの音色やパーカッションのサウンドに乗せて「エメラルド」「朝になって夢からさめて」を歌唱し、少ない音数だからこそ際立つ繊細な歌声の変化をじっくり聴かせる。「追憶」ではカネコが傍らに設置されたトイピアノを鳴らして儚い空気を演出し、「わかりやすい愛 丈夫なからだ」では林が突如ギターを思い切り歪ませるなど、さまざまなアプローチで聴衆の感情を掻き立ていく3人。8分の6拍子のビートが開放感を作り出す「タオルケットは穏やかな」では、原曲とは趣の異なる柔らかなサウンドに会場中が包み込まれた。その後カネコは「腕の中でしか眠れない猫のように」で笑顔を覗かせながらベースを演奏したあと、1人で「わたしたちへ」をパフォーマンス。一心不乱にアコースティックギターをかき鳴らしながら、高く抜ける秋空に強靭な歌声をまっすぐ放ち続けた。

七尾旅人

徐々に気温が下がり始めた16:30頃、ステージにはアコースティックギターを抱えて1人ぽつんと座る七尾旅人の姿が。彼は波の音に乗せながら「湘南が遠くなっていく」を弾き語り、会場を感傷的な空気に浸す。続けて七尾は、17歳の頃の気持ちを歌ったという「ストリッパーのおねえさん」、コロナ禍中に制作した楽曲「Wonderful Life」を歌唱。「Wonderful Life」の後半では強烈なシャウトを響かせ、緩急の効いた歌唱で観客の心を揺さぶった。さらに今一番好きな曲だというトレイシー・チャップマン「Fast Car」の日本語カバーが披露され、力強いギターの音色と真摯な歌声に観客はじっと耳を傾ける。その後打ち込みのビートに乗せて「Rollin' Rollin'」がパフォーマンスされると、会場の空気はガラリと変貌。観客が体を動かしながらハンドクラップを鳴らし、秩父の野外会場がダンスホールさながらの幸福感あふれるムードに満たされていく。最後に彼は代表曲「サーカスナイト」とルイ・アームストロング「この素晴らしき世界」のカバーを披露。七尾に導かれる形で観客がハーモニーを作り出し、壮大なエンディングを迎えた。

サニーデイ・サービス

日が暮れ始め、あたりが薄暗さに覆われ始めた頃、大トリを飾るサニーデイ・サービスが登場。3人は9月を舞台にした楽曲「TOKYO SUNSET」でライブをスタートさせ、今のサニーデイのモードを色濃く反映した剥き出しのロックサウンドを響かせる。続けて彼らは「江ノ島」を演奏し、夏の香りがほのかに残る9月の風にさわやかなサウンドを乗せて届けた。その後も彼らは、曽我部恵一(Vo, G)の「急遽、みんなで歌える曲やっていい?」という言葉に続けて披露した「スロウライダー」、夜のステージに映えるダンスチューン「魔法」、代表曲「恋におちたら」と往年の名曲を惜しみなく連発。タイトル通り夏の終わりを歌った「夏は行ってしまった」が披露された頃には、あたりはすっかり暗闇に包まれ、ステージの照明だけが煌々と輝いていた。

中盤で彼らは「桜 super love」「春の風」「風船讃歌」と近年の楽曲を立て続けに演奏。「セツナ」のアウトロでは数分間にわたって轟音が響き渡り、どんどんボルテージの上がっていく激しいセッションを目の当たりにした観客は、思い思いに歓声をあげたり体を揺らしたりする。その後曽我部が「青春狂走曲」のサビのフレーズでもある「そっちはどうだい? うまくやってるかい?」という問いを客席に投げかけると、観客が大きな歓声をあげて応答。そのまま3人は「青春狂走曲」を朗らかに演奏し、ベテランバンドとは思えないフレッシュさあふれるパフォーマンスを繰り広げた。

2日間続いた「WIND PARADE」もまもなく終了という頃に、曽我部は「今日は素晴らしいミュージシャンばっかり、お友達ばっかり。昔からよく知ってる向井くんとか、旅人くんとか、カネコさんとか」と語り出す。そして「今日は最後に一緒に歌おうと思う。いい?」と問いかけると、客席からは大きな歓声が。曽我部がカネコアヤノ、七尾旅人、向井秀徳の3人を呼び込んだのち、会場に鳴り渡ったのはさわやかなアルペジオの音。サニーデイ屈指のサマーチューン「サマー・ソルジャー」のイントロだ。夏の終わり、そして秋の始まりにぴったりのこの曲を、4人は世代を超えてバトンを受け渡すように順々に歌い継ぐ。曽我部と七尾の伸びやかなボーカルに、向井の唯一無二のハスキーボイス。そしてカネコの朴訥とした歌声と、それぞれの個性をたたえた歌唱が届けられ、観客は手を振りながらそのパフォーマンスを堪能した。最後に出演者たちはお互いを讃え合うようにハグをし退場。貴重なコラボを見届けた観客たちの熱気だけをそこに残して、長い夏の終わりとともに「WIND PARADE」は閉幕した。

このイベントの模様が、12月にWOWOWプラスで独占放送されることが決定。詳しい放送日は追ってアナウンスされる。

「WIND PARADE '22」2日目 2022年9月10日 秩父ミューズパークセットリスト

ZAZEN BOYS

01. Himitsu Girl's Top Secret
02. Weekend
03. This is NORANEKO
04. RIFF MAN
05. バラクーダ
06. ポテトサラダ
07. チャイコフスキーでよろしく
08. 永遠少女
09. Crazy Days Crazy Feeling
10. Asobi

カネコアヤノ

01. エメラルド
02. 朝になって夢からさめて
03. りぼんのてほどき
04. 花ひらくまで
05. やさしい生活
06. 追憶
07. わかりやすい愛 丈夫なからだ
08. もしも
09. ゆくえ
10. タオルケットは穏やかな
11. 腕の中でしか眠れない猫のように
12. わたしたちへ

七尾旅人

01. 湘南が遠くなっていく
02. ストリッパーのおねえさん
03. Wonderful Life
04. Fast Car(原曲:トレイシー・チャップマン)
05. Rollin' Rollin'
06. サーカスナイト
07. この素晴らしき世界(原曲:ルイ・アームストロング)

サニーデイ・サービス

01. TOKYO SUNSET
02. 江ノ島
03. スロウライダー
04. 魔法
05. 恋におちたら
06. さよなら!街の恋人たち
07. 夏は行ってしまった
08. 桜 super love
09. 春の風
10. 風船讃歌
11. セツナ
12. 青春狂走曲
13. サマー・ソルジャー

関連記事

「緑光憩音2024HARU」告知ビジュアル

角銅真実、NakamuraEmi、七尾旅人が能楽堂でライブ 月見ル君想フがプロデュースする「緑光憩音」

10日
ZAZEN BOYS

ZAZEN BOYSの12年ぶりアルバムがアナログ化

12日
「ホフディラン 春のベースまつり2024」告知ビジュアル

ホフディラン「春のベースまつり」に田中貴と林幸治も参加決定

13日
「森、道、市場2024」告知ビジュアル

「森、道、市場」にAwich、おとぼけビ~バ~、折坂悠太、ralph、土岐麻子、どんぐりず、ベボベら追加

15日
「ONE MUSIC CAMP 2024」出演アーティスト第1弾

「ONE MUSIC CAMP」に石野卓球、サニーデイ、スぺアザ、七尾旅人、マスドレ、モーモー出演決定

16日
「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」に七尾旅人、ホムカミ、ラブサマちゃん、BiS、トップシークレットマンら33組追加

16日
向井秀徳(Vo, G)(撮影:菊池茂夫)

向井秀徳が“首振りダンス”連発!ZAZEN BOYSの鉄壁アンサンブルにTDCホール熱狂

22日
ZAZEN BOYS

ZAZEN BOYS、今年も野音で「THE MATSURI SESSION」

23日
「汽水域の旅友 in 北上川」フライヤー

七尾旅人と友部正人、石巻市でジョイントライブ 青島テラスで北上川を臨みながら

25日
「Sunny Day Service 2024 tour Hong Kong」ビジュアル

サニーデイ・サービスが香港と台湾巡るライブツアー開催、台湾撮影の映像2本も公開に

26日