JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

超特急、超とき宣、スパドラ、東北産ら6組競演の一夜“スタダ最高フェスティバル”に国際フォーラム熱狂

「My Buddy」のパフォーマンスの様子。(撮影:笹森健一)
4か月前2023年11月04日 23:06

スターダストチャンネルのYouTube公式アカウントで更新されている音楽番組「MUSICGLOBE~Buzz the World~」のライブイベント「MUSICGLOBE FES 2023」が、昨日11月4日に東京・東京国際フォーラム ホールAで行われた。

同番組の初のライブイベントとなる今回の公演には、超特急、SUPER★DRAGON、超ときめき♡宣伝部、いぎなり東北産、BUDDiiS、ONE LOVE ONE HEARTの6組が出演。それぞれの個性と魅力を存分に発揮したステージと、グループの垣根を超えたコラボレーションで、会場に集まった満員のファンを熱狂させた。

ONE LOVE ONE HEART

ライブのトップバッターを務めたのは、男女9人組のダンス&ボーカルグループ・ONE LOVE ONE HEART。女性メンバーを中心に情熱的なボーカルで魅了する「過剰本能」をオープニングに届けた9人は、女性陣が担う流麗なメロパートと男性陣がパワフルに切り込むラップパートのコントラストが鮮やかな「The Witch」を続け、混声ユニットならではのスケール感あるパフォーマンスで“夜の渋谷の案内人”という楽曲のテーマを表現した。2曲を終えて1人ずつ自己紹介をすると、笹原遼雅は「フェスのトップバッターということで、盛り上げに盛り上げて先輩たちにバトンタッチしたいと思います!」と気合い十分に叫ぶ。続く「Glory Dayz」では、パワフルなデジタルサウンドとマーチングドラムの音色に全員でシンガロングを響かせ、聴く者を鼓舞するようなパフォーマンスを見せた9人。「最後まで僕らと楽しんでいってください!」という洸瑛の呼びかけから突入したロックナンバー「本日ハ晴天ナリ」ではコール&レスポンスとタオル回しでオーディエンスをしっかりと盛り上げる。美しいハーモニーと元気いっぱいのダンスパフォーマンスでステージを勢い付け、ラブワンは先輩グループへとバトンをつないだ。

BUDDiiS

BUDDiiSの登場を知らせるアタック映像がステージ横のビジョンに映し出されると、客席は一瞬にしてBUDDiiSのグループカラーである黄色の光に染まる。カラフルなカジュアルルックで姿を見せた10人は軽やかなラブソング「Magic」でライブをスタートさせ、サビで見せるキャッチーな“Mポーズ”を「一緒に!」と求めて一体感を高めていった。気合いみなぎるMORRIEのハイトーンボイスが響いた「To The Top」ではステージに大きく広がり、ハンズアップを求めた10人。曲を終えてのMCでは1人ずつ自己紹介を行い、リーダーのFUMINORIは「始めましての方もそうでない方も、僕らと一緒に最高の時間を過ごしていけたらと思います。10人いるので、1人でいいんで推しを見つけてください! ふみくん(自分)でもいいです!」と訴えかけた。

そんな“脱力系”MCののちに届けられた最新アルバム「BRiLLiANT」のリード曲「Koi to me」で、彼らはハイテンションに響かせるボーカルと艶やかな仕草をちりばめたダンスでクールな魅力を、続く「The One」ではキュートに振り切った一面を見せて振れ幅の広さを見せつける。「The One」の“日替わりラブコール”パートを担ったのはSHOOTで、彼の「たまにはちゃんと伝えないとなって。これからもずっと、そばにいるからな!」という言葉にバディ(BUDDiiSファンの呼称)からは黄色い歓声が飛んだ。彼らがラストに届けたのは、1人ひとりの輝く個性を讃えるアップチューンの「Brightness」。10人はそれぞれの笑顔で広い客席を見つめながら歌声を届け、晴れやかにステージを締めくくる。最後にグループを代表してのメッセージを任されたYUMAは「BUDDiiSは最高なグループなので、じぇひ……ぜひチェックしてください!」と、メンバーの期待にしっかりと応えるお茶目なひと言を残してステージをあとにした。

いぎなり東北産

ステージ上段にずらりと並んで登場したいぎなり東北産は、安杜羽加の「まずはこの曲でたくさん踊って声出して盛り上がっていきましょう! 1つになるぞ!」という声を合図に「BUBBLE POPPIN」でライブをスタートさせる。瞬くライトがステージと客席を照らし出す中、葉月結菜や伊達花彩、桜ひなのはハイテンションなシャウトで会場の熱を引き上げ、1曲目にして国際フォーラムはさながらダンスホールと化す。情熱的な歌声のボーカルリレーとクールな眼差しで皆産(いぎなり東北産ファンの呼称)を魅了した「メタハンマー」を経て、TikTokでも人気のナンバー「わざとあざとエキスパート」のイントロが響くと、客席からはにわかに歓声が。桜は「皆さん一緒に踊ってくださーい!」と聴衆に呼びかけ、メンバーは愛らしさ満点の歌声と“わざとあざと”な振る舞いで、客席のあちこちへ向け愛嬌を惜しげもなく振りまいていく。橘花怜や伊達は「好きだっちゃ!」のセリフを勢いよく放ち、間奏でカメラに抜かれたメンバーはウィンクやハートマークを次々と繰り出して皆産を撃ち抜いていった。

橘の「うちらがいぎなり東北産だー!」という力強い名乗りが響き渡った「天下一品 ~みちのく革命~」では、「Let’s go いぎなり東北産!」と9人が合わせる声に皆産の熱いコールが重なり、ホールの熱気はさらに上昇。そして、ここまでノンストップで4曲を届けた彼女たちは、勢いそのままにラストのパーティチューン「うぢらとおめだづ」へ突入する。藤谷美海は「コスプレ“フォーラム”集合!」と歌詞をアレンジして熱狂を加速させ、無尽蔵のスタミナで広い舞台を縦横無尽に駆ける9人とともに、オーディエンスはお祭り騒ぎの中で東北産のステージを楽しんだ。怒涛の5曲で東北産のパワーと底抜けの明るさをしっかりと示し、伊達は「みんなが東北に来てくれることを願って、経済を回していきたいと思います!」とコメント。最後に言葉を求められた律月ひかるは「いぎなり東北産の名前と、全員の顔と名前だけでも覚えて帰ってほしくて……」と観客に訴えかけ、メンバーから「多いよ!(笑)」とツッコまれながら挨拶を終えていた。

SUPER★DRAGON

現在開催中の「MUSICGLOBE AUDITION」より、オーディション参加者のiseが「あのね、アネモネ」という楽曲を披露したのち、ライブの後半パートはSUPER★DRAGONによる「Revolution」でシリアスに幕を開ける。池田彪馬のハイトーンボーカルがジリジリとステージ上のテンションを引き上げていくと、メンバーが作った“玉座”に腰かけた松村和哉はダウナーなラップにひりつくような熱を込めた。曲終わりに“革命”の到来を告げたジャン海渡は、サングラスに手をかけながら「みんな最高に気合い入ってんじゃん。SUPER★DRAGONと一緒に楽しんでいこうぜ!」と聴衆に語りかけ、そのまま「So Woo」へ。ぐっと腰を落としてファンキーに音に乗る9人はパワフルかつワイルドなダンスを見せ、田中洸希は得意のヒューマンビットボックスに加え、自由なフェイクでも会場を盛り上げてみせた。2曲を終えてのMCでは、鉄道オタクの伊藤壮吾が恒例の車掌モノマネで総武線東京駅のアナウンスを披露して個性をアピール。飯島颯はライブ当日の11月4日が「いい推しの日」であることに触れ「今日のパフォーマンスを見て、スパドラが推しになってもらえたらいいなと思います!」と笑顔を見せた。

“トルコと日本のハーフ”と古川毅から紹介されたジャンによる簡単な振付レクチャーから展開した「LRL -Left Right Left-」では、四つ打ちのサビパートで9人と客席が“左・右・左“のダンスで一体化。続けて彼らのキラーチューン「Untouchable MAX」が投下されると場内はさらにヒートアップし、9人は噴き上がるスモークの奥からマシンガンの構えでオーディエンスを撃ち抜いていく。曲中には彼らのテクニカルなパフォーマンスにフィーチャーするダンスブレイクも差し込まれ、このスペシャルなアレンジにはBLUE(SUPER★DRAGONファンの呼称)も熱狂。客席の確かな熱を受け取った古川は曲のラストで情熱的なシャウトを響かせ、オーディエンスへ鋭い視線を投げかけていた。青い炎で国際フォーラムを熱くさせた9人のパフォーマンスは「Reach the sky」でさわやかに締めくくられ、飯島は最後に「スタジオと違って、実際のライブでは素敵な光景が見られましたし、最高のライブでした!」と満面の笑みで感想を伝えていた。

超ときめき♡宣伝部

「LOVEイヤイヤ期」のイントロに乗せてステージに駆け出したのは、超ときめき♡宣伝部。宣伝部員(超ときめき♡宣伝部ファンの呼称)の熱烈なコールが響く中でパフォーマンスをスタートさせた彼女たちは、6色のフリルを可憐に揺らしながら声を重ね、客席に笑顔を届けていく。菅田愛貴の「よかったら一緒に踊って歌ってくださーい!」という呼びかけから突入した「ラヴなのっ♡」では辻野かなみがクールに、吉川ひよりがキュートに「ラブなのっ!」の決めゼリフを炸裂させ、会場の視線を一身に集めてみせた。2曲を終えてのMCでは6人が順に自己紹介を行い、名前を言ったあとにカメラ目線で見せる決めポーズには、客席のあちこちから「かわいい……」という声が漏れる。そして、「皆さんの声援を聞いて、ぶち上がってます! このまま楽しんでいきましょう!」という吉川の声かけから「かわいいメモリアル」がタイトルコールされると、超特急のタクヤこと草川拓弥の主演ドラマ「みなと商事コインランドリー2」の主題歌であるこの曲に、宣伝部員のみならず8号車(超特急ファンの呼称)も大きく反応。客席からは大きな「かわいい!」のコールが飛び、サビパートではメンバーと一緒に頭の上でハートマークを揺らすダンスでオーディエンスがひとつになった。

続く「ギュッと!」もドラマ「みなと商事コインランドリー」の主題歌とあって、イントロが響いた瞬間客席からは歓喜の歓声が。メンバーは次々にカメラ目線の愛らしい表情でセリフを放ち、小泉遥香は柔らかな表情で気持ちよさそうに、クリアなロングトーンを響かせた。6人が放つスイートな魅力がホールに充満する中で届けられたラストナンバーは、彼女たちの代表曲である「すきっ!~超ver~」。菅田が「この気持ちー! 止まりませーん!」と叫んで始まったこの曲でステージはピンク色の光に染まり、客席もTikTokで大流行したサビのダンスで盛り上がる。ファンダムの垣根を超えた一体感に、辻野は曲を終えると「すっごい盛り上がりましたね!」とひと言。坂井も「皆さんがキャーとかかわいい!って言ってくれるたび、私たちめちゃくちゃうれしかったです!」と破顔し、充実感いっぱいにステージをあとにした。

超特急

発車ベル響くSEがこの日の大トリ・超特急の登場を予告すると、8号車の大きな歓声が会場に響き渡る。9色のペンライトの光が揺れる国際フォーラムにモノトーンのスタイリッシュな衣装で姿を見せた超特急の9人は、最新曲の「Lesson II」でライブの幕を開けた。優美なダンスが持ち味のタクヤをセンターに据えたこの曲は、“禁断の愛”“人の性”を表現する激情的なダンスナンバー。めくるめくフォーメーションチェンジを見せながら艶やかに激しく曲の世界観を浮き上がらせてゆく9人のステージを、満員の観衆は熱い眼差しで見つめていた。ダンサーメンバーもスピーディなボーカルリレーに参加するアッパーチューン「Typhoon」で強固なチームワークと圧倒的なシンクロ率のダンスパフォーマンスをオーディエンスに見せつけたのち、MCパートではカイが「超ときめき♡群青色・カイです!」と自己紹介をアレンジして、宣伝部員をロックオン。一方でタクヤはFUMINORIの“ぶりっ子ポーズ”をマネしながら「4号車、タクヤでーす!」と言って、メンバーから次々に「それBUDDiiSのFUMINORIくん!」とツッコミを受ける。そして8号車の声を求めたリーダーのリョウガは、客席から返ってきた大きな声に「はい、今叫んだ周りのうるせえのが8号車です!」と、競演グループのファンへ向けて“もう1人のメンバー”を紹介。「今日は我らがメンバーとして、僕らのステージを一緒に楽しんでもらえたらいいなと思います!」と会場全体へ呼びかけた。

リョウガとともに超特急のMCを担うカイは、ここで全グループのファンネームで客席に呼びかけ、改めて会場をひとつにして自己紹介を終える。そんなカイからバトンを受け取ったアロハが「よし、では最後まで盛り上がっていきましょう!」と呼びかけ、スクラッチポーズでスピンした3曲目は「No.1」。サビに入るとカイは「みんな一緒にマネして!」とオーディエンスに呼びかけ、9人が“No.1”のポーズを天に掲げると同時に、客席からは推しメンバーへの愛を叫ぶ8号車の大きなコールが響いた。ユーキの「Let’s go!」の叫びにも気合が漲り、間奏のダンスセクションではメインダンサーの7人がそれぞれのダンススキルを存分に見せつけるソロリレーで会場を沸かせる。バックボーカルのタカシとシューヤも伸びやかな歌声と自在なフェイクを聴かせ、豊かに楽曲を彩っていた。

前半の3曲ではクールかつスタイリッシュな一面を存分に見せつけた超特急だったが、顔をしかめたリョウガが「我は怒っている!」と切り出すとステージの空気は一変。彼は特徴的な太鼓のリズムに合わせ「最近、気のせいなのかな、花粉が来てる。“鼻の水”とか! 目がかゆかったり! いろいろする!」と怒りを露わにしながら、自身のセンター曲「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームわ~るど」へと誘導する。タカシとシューヤのコミカルな歌声が響く中、アイコニックな“激おこ”ポーズと百面相の変顔を随所で繰り出しながら独自の世界観を炸裂させる超特急。リョウガはところどころでクシャミをしてイントロの伏線を回収する芸の細かさを光らせる。そんなリョウガの独壇場と化した「激おこ」が終わるなり、ステージセンターに躍り出たのはタクヤ。彼は「かわいい! かわいい! かわいすぎだよ!」と、異様なテンションで「かわいいメモリアル」を歌ったのちにバタンと寝転ぶ、自由すぎる振る舞いで「SAY NO」の曲振りをする。歌詞にある通り、9人が“マジでハンパない”大暴れを繰り広げるこの曲では、カイが再び全6組のグループ名とファンネームを使ったコール&レスポンスを巻き起こし、会場はこの日一番の熱狂と一体感に包まれた。アロハが得意の横跳びで音に乗ったり、タカシがなぜか全力の“徳井ダンス”を踊ったりと、文字通りの狂騒の中で自分たちのステージを終えた超特急。最後に彼らは全出演者を呼び込み、舞台いっぱいにメンバーがラインナップしたところでステージをフィナーレへと進めた。

フィナーレ

「みんなで踊れる、本当にハートフルなナンバーです!」という声で始まったラストナンバーは超特急「My Buddy」。センターに立つタクヤは「MUSICGLOBE!」と歌いながらリズムに乗り、タカシは「いきものたちの声に」と歌うところを「“スタダたち”の声に耳をすませば」と言い換えて笑顔を浮かべる。ステージ上の面々は楽しそうにお互いを見ながら“いきものダンス”を踊り、テープキャノンも発射される晴れやかなムードの中で初の「MUSICGLOBE FES」を締めくくった。最後に全出演グループの代表メンバーがライブを終えての思いをひと言ずつ述べ、BUDDiiSのFUMINORIは「こんなアットホームな空間でひとつのステージを作り上げたことが最高でした!」とBUDDiiS代表としての思いを伝えたうえで「タクヤ、自己紹介イジりすぎな!(笑)」と時間差でタクヤにツッコミを入れる。とき宣の辻野かなみが「皆さんの心がときめきであふれていたらうれしいなと思います!」と思いを語ったのち、タクヤは「僕ら男性グループはEBiDANですが、EBiDAN以外のメンバーも素敵な子たちばっかりなので! 皆さん、全グループのライブに絶対行ってください!」とコメントし「皆さんで大きい輪を作りましょう」と訴えかける。このタクヤの言葉にカイが「スタダDDでお願いします!」と言うと、ステージ上は大盛り上がり。最後にリョウガは「“スタダ最高フェスティバル”……じゃなかった、MUSICGLOBE FES、ありがとうございました!」と挨拶を締めくくり、出演メンバーは大きな笑顔でファンに手を振りながら会場をあとにした。

セットリスト

「MUSICGLOBE FES 2023」2023年11月4日(土)東京国際フォーラム ホールA

ONE LOVE ONE HEART

01. 過剰本能
02. The Witch
03. Glory Dayz
04. 本日ハ晴天ナリ

BUDDiiS

01. Magic
02. To The Top
03. Koi to me
04. The One
05. Brightness

いぎなり東北産

01. BUBBLE POPPIN
02. メタハンマー
03. わざとあざとエキスパート
04. 天下一品 ~みちのく革命~
05. うぢらとおめだづ

ise

01. あのね、アネモネ

SUPER★DRAGON

01. Revolution
02. So Woo
03. LRL -Left Right Left-
04. Untouchable MAX
05. Reach the sky

超ときめき♡宣伝部

01. LOVEイヤイヤ期
02. ラヴなのっ♡
03. かわいいメモリアル
04. ギュッと!
05. すきっ!~超ver~

超特急

01. Lesson II
02. Typhoon
03. No.1
04. 激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームわ~るど
05. SAY NO
06. My Buddy / 全出演者

関連記事

「好きなオトコと別れたい」キャスト (c)「好きなオトコと別れたい」製作委員会

ファンタ木村慧人がハイスペ後輩、超特急・柏木悠はバンドマンに 堀田茜主演ドラマ「スキワカ」で

約22時間
「EBiDAN愛を示せ! OSE! OSE! 早押しメンバークイズ」の様子。

「ダンエビ」今週はEBiDAN愛深まるクイズ大会!グループ超え明かされる素顔のエピソードに騒然&爆笑

1日
草川拓弥フォトブック「辻褄」楽天ブックス限定の特典ポストカード。(撮影:前康輔)

超特急・草川拓弥のフォトブック「辻褄」特典には“こだわりのモノクロ”ポストカード

3日
「リトライ、青春!」告知画像

超とき宣が主演務めるリアルタイム配信ドラマ、主題歌は6人が歌う新曲「リトライ、⻘春!」

3日
「超特急オフィシャルカレンダー2024.4-2025.3」通常版表紙(c)SDP

超特急、9人体制初のカレンダー完成 ハルの誕生日に発売

6日
「恋愛戦略会議」の新たな出演者。

草川拓弥「今回はエリート好青年スーツ男です」フジの4夜連続ドラマで齊藤京子が憧れる先輩社員に

7日
超ときめき♡宣伝部「最上級にかわいいの!」ライブ映像より。

超ときめき♡宣伝部、横浜アリーナ公演よりコレサワ提供曲「最上級にかわいいの!」ライブ映像公開

7日
超特急の新しいアーティスト写真。

9人で“らしさ”を再定義&アップデート!超特急、1st EP「Just like 超特急」リリース決定

8日
いぎなり東北産「沼れ!マイラバー」ミュージックビデオのサムネイル。

いぎなり東北産、TikTokで話題「沼れ!マイラバー」のMV公開

8日
超特急

EBiDAN最強の福男は誰?「ダンエビ」全62名の運勢まるわかりランキングで歓喜&落胆の嵐

8日