JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Snow Man渡辺翔太が連続ドラマ単独初主演!高校教師役でラブストーリー

高校教師を演じる渡辺翔太。(c)日本テレビ
3か月前2023年11月14日 19:02

渡辺翔太(Snow Man)が主演を務めるドラマ「先生さようなら」が2024年1月より日本テレビ・シンドラ枠にて放送される。

「先生さようなら」は八寿子による同名マンガを原作とした作品で、27歳の高校教師・田邑拓郎の現在と、17歳の高校生だった過去の恋物語が描かれる。渡辺演じる田邑は美術教師で、ノリがよく、生徒たちのお兄ちゃんのような人気者。そんな田邑に誘われて美術部に入ることになった女子高生・弥生は、高校生活を彩るヒントをくれた彼に恋心を抱いていくが、ある日、田邑のスケッチブックに知らない女性の姿が描かれているのを見てしまう。実は田邑は自身が高校生のときに出会った担任の国語教師に恋をしていたというあらすじだ。

本作が連続ドラマ単独初主演となる渡辺は「これまでコメディーを演じることが多かったので、恋愛ドラマを自分で演じられるのかとプレッシャーも増しました。ドラマの主演の話をメンバーにした時に、皆かなり喜んでくれたんですけど『胸キュンのドラマなんて、照れちゃって出来ないんじゃないか?』とイジられました(笑)」とコメント。高校教師役と高校生役の両方を演じることについて「2つのストーリーが交錯するので『2つのドラマを観てるみたい』という面白さがすごくあると思います。ドラマを観てくださる人に、高校生の時の拓郎と先生の時の拓郎の演じ分けに注目して頂き、より楽しんでもらいたいと思っています」と語っている。シンドラのYouTube公式チャンネルでは、渡辺からのメッセージが公開されている。

またドラマの主題歌をSnow Manが担当することも決定した。主題歌のタイトルは「We’ll go together」で、前向きに進んでいく姿を表現した切なくも明るいナンバー。Snow Manとファン、そして9人の絆にも重ねられる、今リスナーに届けたい楽曲だという。

渡辺翔太 コメント

ドラマに出演すると決まったときの率直な感想

本当に僕が単独主演をやっていいんだ!とめちゃめちゃ嬉しかった反面、主演という重みにとてもプレッシャーを感じました。そして、高校の美術の田邑拓郎先生に加えて、高校生の田邑拓郎くんの2つのストーリーがひとつのドラマの中で観れるところがとても面白いなと思いました。

原作・台本を読んだときの感想

青春ドラマの内容に、とてもキュンキュンして楽しそうな作品になりそうだな、と思いながら台本を読みました。これまでコメディーを演じることが多かったので、恋愛ドラマを自分で演じられるのかとプレッシャーも増しました。
ドラマの主演の話をメンバーにした時に、皆かなり喜んでくれたんですけど「胸キュンのドラマなんて、照れちゃって出来ないんじゃないか?」とイジられました(笑)。

役を演じるにあたって準備していること

実は僕、キュンとするようなセリフだったり、キザな言い回しとかがあると照れてしまう所があるので、このドラマに向けてそれは取っ払おうと思って役作りに励んでいるところです。
高校生の役も自分で演じることを聞いた時は、ドキドキしました。今月31歳になりまして「何年ぶりに制服を着るんでしょうか…?」というところから始まり、学生のピュアさって出そうと思って出せるものじゃないから、すごく心配でした。ですがスタッフの皆さんと話をして、今は「僕でも出来る!」と自分を信じて演じようと思います。

ドラマの撮影で楽しみにしていること、やってみたいこと

僕は人見知りですし本当の高校生たちと話す機会があまりないので、リアルに教師になった気分で撮影の合間、生徒たちとたくさんくだらない会話をしたいなと思っています。
そして、生徒との距離を詰めていって、撮影の時に教師と生徒としての自然な関係値を画面の中で表現できたらいいなと思っています。

ドラマの見どころについて

現在と過去。教師の僕と高校生の僕をひとりで演じるところです。
2つのストーリーが交錯するので「2つのドラマを観てるみたい」という面白さがすごくあると思います。ドラマを観てくださる人に、高校生の時の拓郎と先生の時の拓郎の演じ分けに注目して頂き、より楽しんでもらいたいと思っています。

主題歌について

僕が単独初主演を務めさせていただくドラマの主題歌に、Snow Manの楽曲が選ばれる事が初めての経験でしたので「こんなに嬉しいものなのか!」と率直に思いました。
この「We’ll go together」はまっすぐな言葉で、今の関係だったり、未来がどうなっていくのか、などドラマの世界観を分かりやすく表現できている楽曲だと思っています。
このドラマの主題歌を決める時、色々な曲をメンバー全員で聞き込んだのですが、圧倒的に「We’ll go together」への票数が多く、打ち合わせが1回で終わりました!
「ここで巡りあえたことが」や「永遠だよ」など、ドラマの内容だけでなく、今のSnow Manにもリンクしている部分があるかと思いますので、ぜひ、歌詞にも注目していただけたら嬉しいです。

視聴者へのメッセージ

2024年はこのドラマで一緒にキュンキュンしてもらえたらとても嬉しいです。
最終回まで田邑拓郎の恋がどうなるのか見続けてほしいなと思ってますし、ぜひSNSなどで盛り上げてくれたらとても嬉しいです。観てくださる方と一緒にこの作品を盛り上げていきたいです。よろしくお願いします。

原作者 八寿子 コメント

この作品は、私が学生時代に日々感じていた学校の空気を思い出しながら描きました。
内容のほとんどはもちろん創作ですが、登場する先生の田邑拓郎・内藤由美子という名前は、当時お世話になり、大好きだった先生方の名前から取らせて頂きました。
思い入れは強くありつつも漫画界の片隅でひっそり数回だけで連載を終えたのですが、まさか10年越しで新たな作品として息を吹き込んで頂けるとは思いもよりませんでした。スタッフ・キャストの皆様、本当にありがとうございます。
視聴者の皆様、ぜひ一緒に楽しみましょう!

関連記事

「MORE」Spring 2024号表紙 (c)「MORE」 Spring 2024号/集英社
(撮影:東 京佑)

女神のようなTWICE・SANAが「MORE」表紙に降臨、誌面には中島健人や向井康二ら登場

1日
「恋し続けて警護240日」より。(c)テレビ朝日・ストームレーベルズ

なにわ男子・藤原丈一郎主演「恋する警護24時」スピンオフドラマの後編配信スタート

3日
Aimer「800」リリックビデオより。

Aimer「マッチング」主題歌のリリックビデオ公開

4日
FENDIのアイテムを身に着けた目黒蓮(Snow Man)。

Snow Man目黒蓮のミラノ旅に密着した特別動画、FENDIサイトで公開

4日
Snow Man

Snow Man、INI、DA PUMP、SPYAIRらのスタジオライブを今夜「バズリズム02」で

5日
「千鳥のクセスゴ! 2時間SP」より。(c)フジテレビ

Snow Man渡辺翔太&佐久間大介あるあるをBTS楽曲に乗せて

5日
左から相葉雅紀(嵐)、覆面ダンスチーム1、覆面ダンスチーム2、松田元太(Travis Japan)。(c)フジテレビ

Travis Japan“えなり覆面”でパワーパフボーイズと対決

6日
「DREAM BOYS」ポスタービジュアル

渡辺翔太×森本慎太郎「DREAM BOYS」特典映像入りでパッケージ化

6日
「non-no」4月号特別版表紙 (c)集英社(撮影:MELON[TRON])

こーじ個のQ&AでSnow Man向井こーじを知る、付録はコージカード

8日
「anan」2386号スペシャルエディション表紙 (c)マガジンハウス

絆が深い亀梨和也と宮舘涼太「anan」バディ表紙、プリクラ風“ゼロ距離撮影”も

9日