JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ダイアモンド☆ユカイ&木暮“shake”武彦、ライブ後にシャンパン手渡し

Diamond Shake
2か月前2023年12月01日 10:05

ダイアモンド☆ユカイと木暮“shake”武彦によるユニット・Diamond Shakeが12月20日に東京・LIQUIDROOMでワンマンライブ「Tour 2023 ~Love is R&R~ FINAL」を開催する。

「Tour 2023 ~Love is R&R~ FINAL」は、9月に開催された名阪ツアー「Tour 2023 ~Love is R&R~」の最終公演として行われるもの。ファイナルの開催に向けて、5つのスペシャル企画の実施が決まった。クリスマスシーズンにちなんでドレスコードはレッド(赤)に設定され、X(Twitter)を使ったカバー曲予想企画が行われる。またユカイとShakeがセレクトしたシャンパンを会場で購入すると終演後にそのシャンパンをオリジナルトートバッグに入れ、ユカイとShakeから手渡される企画の実施がすでにアナウンスされていたが、新たに来場者以外に向けてオリジナルシャンパンの通販がスタート。通販での購入者にはLIQUIDROOM公演の写真がプレゼントされ、抽選で3名にはメンバーのコメント動画も贈られる。シャンパンの価格は1万4300円。それぞれの企画詳細はDiamond Shakeのオフィシャルサイトで確認を。

ダイアモンド☆ユカイ コメント

俺とシャケが出会って約43年になる。殆ど半世紀か。
振り返れば良い事も悪い事も、一緒にバンドをやってた時もそうでない時も、何だかんだ共に時代を生きてきたんだなあと思う。
時はあっという間に過ぎてゆき、俺たちが憧れた若者の革命の印のロックンロールもレジェンドなんて呼ばれる時代になった。
ジョンとポール、ミックとキース、ジョーとスティーブン、キヨシローとチャボ、1本のマイクで歌うパフォーマンスを引き継いだのは俺たちが最後の輩かもしれない。
2人で共にロックンロール出来る事をロックの神様に感謝している。
俺たちはブルースの血で繋がっているからこれからもロックンロールをやり続ける。
俺たちがいる限り日本にロックンロールはあり続ける。
ツアーファイナル
12月20日を恵比寿リキッドルームでみんなと Diamond Shake のシャンパンでクリスマスをロックンロールで祝おうぜ!!
特別な曲も用意してるから愉しみにしてくれ。
LOVE IS R&R

木暮“shake”武彦 コメント

R&R(ロックンロール)は永遠なる反逆の音楽。聴けば体の血が逆流し始める。そして楽しく、腰も揺れる。
Diamond Shakeをやり始めてから、エネルギーがからだを駆け巡る時間が増えた。
日常的にハイテンションでエネルギッシュ、自由な自分がいる。ストーンズもビートルズも80代で新譜を出す。R&R(ロックンロール)は生命力に溢れる音楽だとは思っていたが、本当に健康にも良い音楽だということが証明された。
そして、昔のように一直線ではなく、今はよりクリエイティブに楽しめる。
Diamond Shakeはもっともっと行きたいね。
こんなにも素敵な楽しい音楽があるのだと、世の中の人に知ってほしいし、俺自身もっと行けるところまで行ってみたい。
シャンパンの泡のようにキラキラした人生をまっとうしたいね。

クリスマスはDiamond Shakeでキラキラと弾けよう!

Diamond Shake「Tour 2023 ~Love is R&R~ FINAL」

2023年12月20日(水)東京都 LIQUIDROOM

関連記事

Diamond Shake

ダイアモンド☆ユカイ&木暮“shake”武彦、全国ツアーは「ロックンロール黄金狂時代」

4日
ISSAY

DER ZIBET・ISSAYを追悼するトリビュートアルバム制作決定、豪華ミュージシャンが世代を超えて参加

11日
Diamond Shake

ダイアモンド☆ユカイ&木暮“shake”武彦のイベントに浅井健一がゲスト出演、セッション演奏も予定

約2か月
ダイアモンド☆ユカイ

The Street Sliders初の武道館公演で前座を務めた男、ダイアモンド☆ユカイが語る

4か月
RED WARRIORS

RED WARRIORSオーガナイズ企画に斉藤和義、ZIGGY、GLIM SPANKY、PERSONZら

7か月
「ビッグ・ウェンズデー」告知ポスター

ニューロティカの新宿企画に亜無亜危異、ダイアモンド☆ユカイ&木暮"shake"武彦ユニット

7か月
「デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム」より。

「わずか3分で大号泣」吉井和哉、布袋寅泰、清春、志磨遼平、谷中敦らデヴィッド・ボウイの映画を激賞

11か月
原始神母「THE DARK SIDE OF THE MOON 50th ANNIVERSARY / 狂気50周年記念イベント」フライヤー

Pink Floydトリビュートバンド原始神母、日比谷野音で名盤「狂気」再現ライブ開催

11か月
「ヤバイTシャツ屋さん『Tank-top Flower for Friends』SPECIAL」より、花屋になったヤバイTシャツ屋さん。(Photo by KAYO SEKIGUCHI)

ヤバイTシャツ屋さん、友だちが欲しくてお花屋さんになる

11か月