JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

スチャダラパーとSTUTSが合体!サプライズ盛りだくさんのスペシャルライブはあの曲で大団円

「スチャダラパー & STUTS Presents “That's the Joint”」の様子。(撮影:Daiki Miura)
3か月前2023年12月15日 2:05

スチャダラパーとSTUTSによるライブイベント「スチャダラパー & STUTS Presents “That's the Joint”」が12月9日に東京・LIQUIDROOMで開催された。

ライブ序盤から早速コラボ

テレビ番組での対談やライブでの共演などを経て、距離を縮めたスチャダラパーとSTUTS。「That's the Joint」と銘打たれた本公演は、当日までのリハーサルと親密度次第で特別なパフォーマンスも行われるという触れ込みで開催されたが、多くの来場者は2組のコラボレーションが数曲ある程度と予想していたのではないだろうか。当日披露されたのは、そんな想像をはるかに上回るスペシャルな内容だった。

スチャダラパーのファンとSTUTSのファンが入り混じってパンパンになったLIQUIDROOM。そこにまず現れたのはスチャダラパーだ。今年発表した新曲「超時空戦隊サンミドル」でパワフルにライブを始めた彼らは、バックバンドのザ・コストパフォーマンスやサポートMCのロボ宙、トークボックス奏者のLUVRAWを加えると、これまた今年発表の楽曲「リンネリンネリンネ」をファンキーにパフォーマンス。STUTSのバンドでもおなじみの武嶋聡のサックスも交えた「CHECK THE WORD」から「ライツカメラアクション」につなげ、コール&レスポンスでフロアを沸かせた。

熟練のパフォーマンスで会場全体がすでに大盛り上がりだが、Boseは「わかってんですよ、(スチャダラパーのライブが)長いって」と自虐的なMCで笑いを起こすと、STUTSを迎え入れる。BoseとANIは「決して我々が騙して連れてきたわけじゃないんです」と両思いのコラボであることを強調しつつ、DJ SHINCOのスクラッチから「B-BOYブンガク」へ。STUTSがMPCを叩いて生み出すビートに乗せて、日本語ラップ史に残るクラシックをラップしてみせた。BoseはSTUTSをよく知らないかもしれない一部の観客に向けて、彼が叩くMPCのパッドには、さまざまな音が割り当てられていることを解説。その仕組みがわかりやすい曲として「アフタードゥービーヌーン」でもSTUTSとコラボした。

スチャダラパーとSTUTSの曲が合体

2曲のコラボパフォーマンス後、スチャダラパーが退場すると、今度はSTUTSのターンだ。サックス&フルート奏者の武嶋に加えて、トランペット奏者の佐瀬悠輔を迎えたSTUTSは、自らマイクを握ってラップする「One」でアグレッシブにライブをスタート。「急に歌ってビックリされた方もいるかと思いますが、たまに歌います」と丁寧に説明して笑いを生みつつ、続くインストナンバー「Come To Me」では激しくMPCを叩いて2ステップのビートで観客の体を揺さぶる。さらにSTUTSは盟友のシンガーソングライター北里彰久を呼び込むと、彼の伸びやかな歌声をフィーチャーした「Sail Away」「パノラマ」の2曲を続けて披露。STUTSが音楽集団・Mirage Collectiveとして発表した「Mirage」は、ザ・コストパフォーマンスを迎えて演奏された。

ここで再びスチャダラパーが現れると、Boseは「Mirage」のボーカルを担当するYONCEと江ノ島でたまたま会って握手してもらったというエピソードを披露し、STUTSはザ・コストパフォーマンスとのコラボについて「普段のバンドセットとは全然違うグルーヴがあって、音楽って面白いなって思いました」とコメント。STUTSの東京・日本武道館公演を観に行ったというBoseは、STUTSの人柄を褒め称え、彼の娘がSTUTSについて「第1印象は3つある。1つ目、かわいい。2つ目、育ちがいい。3つ目、かわいい」と評していたことも明かした。

和気あいあいとしたMCから2組が披露したのは、それぞれの楽曲を“ジョイント”させたパフォーマンス。STUTSがライブ定番曲「Renaissance Beat」を演奏する中、BoseとANIは「ドゥビドゥWhat?」のラップをビシッとハメてみせる。またスチャダラパーの代表曲の1つである「サマージャム’95」が始まったかと思えば、途中でSTUTSの「Summer Situation」に切り替わって、SIKK-Oと鈴木真海子(chelmico)が登場。2組の夏曲をシームレスに融合させたジョイントパフォーマンスに両者のファンは沸き上がった。

「Presence」や「Expressions」でもジョイント

ライブ中盤、ユーモアあふれるトークを挟みながら「ジャンクリートコングル(Ring,Ring,Ring)」「MORE FUN-KEY-WORD(Funky Sensation)」「ソング オブ ザ ヒル」「LET IT FLOW AGAIN」といったナンバーで巧みなラップスキルを見せたスチャダラパー。再びSTUTSを迎えてパフォーマンスしたのは「Presence」だ。「Presence」と言えば、さまざまなラッパーが参加したバージョンが存在するSTUTSの人気曲だが、BoseとANIはスチャダラパーの楽曲「EQ」のコミカルなヴァースを生き生きとラップ。そのままリリースできそうなほどにスムーズで息の合ったジョイントパフォーマンスで観客を夢中にさせる。

その後スチャダラパーにステージを任されたSTUTSは、SIKK-Oと鈴木真海子を迎えた「0℃の日曜」、自身がボーカルを務める「Seasons Pass」を続けて演奏し、「Sticky Step」ではサプライズゲストの鎮座DOPENESSを迎え入れる。そこから鎮座DOPENESSや北里彰久が参加したSTUTSのマイクリレー曲「Expressions」が始まると、疾走感あふれるビートに乗ってBose、ANI、ロボ宙も登場し、「ヨン・ザ・マイク」のラップを披露。KASHIF(G)やLUVRAW、武嶋と佐瀬、三星章紘(Dr, Per)の演奏もフィーチャーされ、会場はまさにお祭り騒ぎだ。

最後は出演者全員であの曲

大興奮に包まれる中、北里彰久がフックを歌い上げる「今夜はブギー・バック」からの「彼方からの手紙」という豪華なジョイントパフォーマンスでライブ本編は終了するが、サプライズ盛りだくさんのライブはまだまだ終わらない。

アンコールでは、STUTSが「夜を使いはたして」を演奏し始めたかと思えば、BoseとANIが現れて「アーバン文法」のラップをジョイントさせる。そしてステージに出演者全員がそろうと「GET UP AND DANCE」へ。バンドの軽快な演奏に乗ってBose、ANI、ロボ宙、SIKK-O、鈴木真海子、鎮座DOPENESSがマイクリレーを繰り広げ、STUTSもスチャダラパーへの熱い思いを込めたリリックをスピットする。これ以上ないピースフルなコラボで会場中に笑顔が広がり、ライブは大団円を迎えた。

なおスチャダラパーとSTUTSはコラボ曲をリリース予定とのこと。観客がフロアを出ていく中、コラボ曲のトラックがBGMとしてプレイされた。楽曲の詳細は後日発表となるので、続報を楽しみにしておこう。

セットリスト

「スチャダラパー & STUTS Presents “That's the Joint”」2023年12月9日 LIQUIDROOM

スチャダラパー

01. 超時空戦隊サンミドル
02. リンネリンネリンネ feat. LUVRAW
03. CHECK THE WORD
04. ライツカメラアクション

スチャダラパー×STUTS

05. B-BOYブンガク
06. アフター ドゥービー ヌーン

STUTS

07. One
08. Come To Me
09. Sail Away feat. 北里彰久
10. パノラマ feat. 北里彰久
11. Mirage

スチャダラパー×STUTS

12. Renaissance Beat × ドゥビドゥWhat?
13. サマージャム'95 × Summer Situation feat. SIKK-O, 鈴木真海子

スチャダラパー

14. ジャンクリートコングル(Ring,Ring,Ring)
15. MORE FUN-KEY-WORD(Funky Sensation)
16. ソング オブ ザ ヒル
17. LET IT FLOW AGAIN

スチャダラパー×STUTS

18. Presence × EQ

STUTS

19. 0℃の日曜 feat. SIKK-O, 鈴木真海子
20. Seasons Pass
21. Sticky Step feat. 鎮座DOPENESS

スチャダラパー×STUTS

22. Expressions × ヨン・ザ・マイク feat. ロボ宙, 鎮座DOPENESS, 北里彰久
23. 今夜はブギー・バック feat. 北里彰久
24. 彼方からの手紙
<アンコール>
25. 夜を使いはたして × アーバン文法
26. GET UP AND DANCE feat. ロボ宙, SIKK-O, 北里彰久, 鎮座DOPENESS, 鈴木真海子, STUTS

関連記事

「VIVA LA ROCK 2024」ロゴ

「ビバラ」最終発表でペトロールズ、フレデリック、BREIMEN、秋山黄色ら追加&タイムテーブル公開

2日
「森、道、市場2024」ビジュアル

「森、道、市場」にgroup_inou、tofubeats×藤井隆、ネバヤン、moreru、在日ファンクら追加

3日
「FUJI & SUN'24」出演アーティスト第4弾告知ビジュアル

「FUJI & SUN」にcero、ペトロールズ、Hedigan's、ネバヤン、HIMI、Chappoら追加

3日
「頂 -ITADAKI- THE FINAL」告知ビジュアル

今年で最後「頂」第2弾発表でEGO-WRAPPIN'、ネバヤン、手嶌葵、Kan Sanoら10組

5日
「LIFESTYLE with DOGS」ロゴ

犬同伴OKの音楽イベントGWに開催!OWV、OCHA NORMA、≒JOY、SARD UNDERGROUNDら出演

12日
PK shampoo

PK shampoo自主企画にchelmico、小山田壮平

15日
小沢健二 featuring スチャダラパー「今夜はブギー・バック (nice vocal)」、スチャダラパー featuring 小沢健二「今夜はブギー・バック (smooth rap)」。

小沢健二とスチャダラパー「今夜はブギー・バック」の30年を語る

15日
「今夜はブギー・バック」30周年イメージビジュアル

「今夜はブギー・バック」30周年ライブ開催、小沢健二とスチャダラパーがコラボ新曲披露

15日
鈴木真海子

鈴木真海子、花王タイアップ曲リリース

17日
STUTS「"90 Degrees" LIVE at 日比谷公園大音楽堂」ビジュアル

STUTS初の野音ワンマン決定!第1弾ゲストにKID FRESINO、JJJ、長岡亮介

20日