JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Snow Manが過去の自分たちに届けたまっすぐな歌声

再生数急上昇ソング定点観測
3か月前2023年12月15日 9:05

YouTubeでの視聴回数チャートや、ストリーミングサービスでの再生数が伸びている楽曲を観測し、今何が注目されているのかを解説する週刊連載「再生数急上昇ソング定点観測」。今週はYouTubeで12月1日から12月7日にかけて集計されたミュージックビデオランキングのトップ100の中から要注目トピックをピックアップします。

文 / 真貝聡

まずはこの週の初登場曲の振り返りから

今週のYouTubeのミュージックビデオランキングは、2位に舐達麻の「FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD」が初登場した。今年10月22日、名古屋で開催されたヒップホップの大型フェスティバル「AH1」の会場にて、ステージ裏でインタビューを受けていた賽 a.k.a. BADSAIKUSH が、BAD HOPのYZERRに突然つかみかかられ、乱闘騒ぎになる事態が発生。

その件についてこれまで沈黙を貫いてきた舐達麻が、BAD HOPに対してディスを放ったのがこの曲だ。GREEN ASSASSIN DOLLARと7SEEDSがプロデュースした温かくも悲しげなビートの上で、3人の鋭いラップが炸裂。ディスソングでありながら純粋に楽曲としてのクオリティの高さを評価する声が多く、今回の高順位となった。ちなみに、乱闘騒ぎの関係者の1人であるRYKEYDADDYDIRTYが、この曲の中で自分が揶揄されているのではと感じて作ったというアンサー曲「BUSTER CALL」も74位にランクインしている。

そのほか、6位にはSixTONESが来年1月10日にリリースする4thアルバム「THE VIBES」のリード曲「アンセム」が初登場。21位は自由と愛をテーマにした、NiziUのスウィンギンなナンバー「Love & Like」。47位はスタジオジブリ「君たちはどう生きるか」の映像で構成されているMV「米津玄師『地球儀』×宮崎駿『君たちはどう生きるか』」。48位は12月2日に大阪・京セラドームで開催された「D.U.N.K. Showcase in KYOCERA DOME OSAKA」で初披露され話題になったSKY-HI×Nissy「SUPER IDOL」のMVで、ドープなビートに乗せて、アイドルとしての生き様と価値観が表現されている。思いがけない状況から生まれた曲や、話題のコラボ曲が並んだ今週は、下記の3曲をピックアップした。

Snow Man「僕という名のドラマ」1st DOME tour 2023 i DO ME Ver.

※YouTubeウィークリーミュージックビデオランキング初登場16位

Snow Manが今年開催した初の全国4大ドームツアー「Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME」の中から、グループのデビュー発表を行った思い出の場所でもある東京ドーム公演で披露した「僕という名のドラマ」のライブ映像がランクイン。最新アルバム「i DO ME」に収められていたこの曲は、これまでのグループの軌跡を感じる歌詞がちりばめられたバラードで、いつもはレベルの高いダンスに注目されることが多い彼らだが、あえてこの曲では横一列に並び、まっすぐ歌声を届けている。ひと言ひと言を噛み締めるように歌うメンバーを観ていると、ファンに向けて歌っていると同時に、まるで過去の自分たちに「大丈夫」と歌っているようにも感じられ、思わず胸が熱くなる。

なお12月31日には「Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME」の様子が収録されたDVD / Blu-rayが発売される。YouTubeではこの作品から、「僕という名のドラマ」のほかに「タペストリー」の映像もすでに先行公開されている。

cosMo@暴走P「戦闘!初音ミク」

※YouTubeウィークリーミュージックビデオランキング初登場55位

今年8月31日に始まった、ポケットモンスターと初音ミクのコラボレーション企画「ポケモン feat. 初音ミク Project VOLTAGE 18 Types/Songs」。これまでDECO*27の「ボルテッカー feat. 初音ミク」、稲葉曇の「電気予報」、Mitchie Mの「ミライどんなだろう」、ピノキオピーの「ポケットのモンスター」など、楽曲が発表されるたびに大きな話題を集めてきた。

そして第5弾楽曲を手がけたのが、ボカロ黎明期から活動し「初音ミクの消失」などの“高速歌唱曲”で知られているcosMo@暴走P。「戦闘!初音ミク」はバトルシーンを描いた楽曲で、目まぐるしく展開が変わっていくのに、曲調が自然につながっていく構成がきれい。曲が進むごとにバトルの高揚感を想起させ、ラストには戦いを終えたあとの感動的な気持ちも体感できるようになっている。

12月8日からは「あなたの夜が明けるまで」や「贖罪」でおなじみの傘村トータによるコラボ第6弾楽曲「きみとそらをとぶ」、本日12月15日からはGigaによる第7弾楽曲「ガッチュー!」も公開中。12月22日には第8弾として、じんのポケモンコラボ曲も発表される予定だ。

湊あくあ「エイムに愛されしガール」

※YouTubeウィークリーミュージックビデオランキング初登場64位

自身のYouTubeチャンネル登録者数が194万人を誇る、ホロライブ所属のゲームが得意なメイドVtuberの湊あくあ。エレクトロニック・アーツの人気バトルロイヤル型FPS「Apex Legends」を得意としており、ソロでマスターランクに到達するほどの実力を持っている。今回は、そんな湊あくあの新曲「エイムに愛されしガール」をご紹介。

こちらは彼女の誕生日を記念して制作された楽曲で、去年7月にボカロ曲史上初めてYouTubeにて1億再生を突破した「グッバイ宣言」のChinozoが作詞作曲を務めた。「ポケットにしまったハンドガン」など、まさに湊あくあにピッタリなゲームをテーマにした歌詞と、透明感のあるさわやかなサウンドが魅力。ゲームプレイ中の湊あくあを音楽で見事に表現している。そしてクリエイターチームOTOIROによるアニメーションのMVも素晴らしい。

関連記事

ラウール (c)2024「赤羽骨子のボディガード」製作委員会

Snow Manラウール「FNS27時間テレビ」の目玉企画「ダンス大会」応援サポーターに主任

1日
NiziU

NiziU「神之塔」オープニング&エンディング曲を担当、尊敬するStray Kidsに続いて

1日
京本大我(SixTONES)

SixTONES京本大我「トニー賞授賞式」中継番組に出演「賞の魅力を伝えられるようにがんばります」

2日
再生数急上昇ソング定点観測

BE:FIRST×オーケストラが見せつける7人の成長 / Eveのひさびさのボカロ曲、回収の仕方がすごい

2日
TBS系「それSnow Manにやらせて下さいSP」より。Universal Studios Japan TM & (c) Universal Studios. All rights reserved.

Snow Manがバレないように変装してUSJを散策、立ち入り禁止エリアにも潜入

2日
「VIVA LA ROCK 2024」ロゴ

「ビバラ」最終発表でペトロールズ、フレデリック、BREIMEN、秋山黄色ら追加&タイムテーブル公開

2日
BAD HOP「BAD HOP(THE FINAL Edition)」配信ジャケット

BAD HOP最終作にA-Thug、JJJ、BIMら参加!あの寿司屋の曲も収録

2日
「キリンビール」イベントのイメージビジュアル。

Snow Man目黒蓮の巨大ビジュアルが東京、大阪、愛知に登場

2日
「KCON JAPAN 2024」M COUNTDOWN STAGEの出演者一覧。(c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

「KCON JAPAN」に&TEAM、NiziU、ILLIT、P1Harmony…第2弾出演者発表 SMからソロ2組も

3日
森本慎太郎(SixTONES)

SixTONES森本慎太郎がGP帯ドラマ単独初主演でケーキ屋店主に、店と家族を守るため悪に染まる

3日