JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

“第二期”SPANK HAPPYの未発表曲リリース決定、岩澤瞳の最後のレコーディング音源

SPANK HAPPY「ethic c/w フロイドと夜桜(sweet voices mix)」配信ジャケット
2か月前2024年03月11日 3:01

菊地成孔と岩澤瞳による“第二期”SPANK HAPPYの未発表音源2曲が4月10日に配信リリースされる。

1992年に活動をスタートしたSPANK HAPPY。岩澤をボーカルに迎えた菊地とのデュオスタイルで活動していた2001年から2004年が“第二期”とされる。このたび配信されるのは2003年リリースのアルバム「Vendôme, la sick KAISEKI」に収録予定だった未発表曲 「ethic」と、シングル「普通の恋」に収録されている楽曲 「フロイドと夜桜」の別ミックスバージョンの2曲。“埋蔵音源”のリリースにあたり、菊地は各曲の解説とコメントを発表しており、今回リリースする音源が岩澤の最後のレコーディング音源だという事実も明らかにしている。

なお4月12日には東京・UNITで“第二期”SPANK HAPPYの楽曲のみをDJプレイするイベント「セカンド・スパンクハッピー・レトロスペクティヴ」が開催される。このイベントでも「ethic」が披露される予定だ。またDOMMUNEでは本日3月11日19:00から「セカンド・スパンクハッピー・レトロスペクティヴ・前夜祭」が配信される。

菊地成孔 コメント

<2期スパンクハッピー、埋蔵音源「ethic」を4月10日より追加配信>

2期スパンクハッピーがレトロスペクティヴ記念に、2ndアルバム「Vendôme, la sick KAISEKI」の未収録曲 / 未発表曲「ethic」をシングル曲として配信します。詳しくはこちらをご覧ください。

<新曲 / 最後の、未完成の、発掘された、ヴィンテージ・ポルト>
スパンクハッピーのレトロスペクティヴを心待ちにしている愛好家の皆様、あなたを愛しています(岩澤さんもどこかできっと)。
現在私は、松永天馬さん(アーバンギャルド)、長田左右吉さん(電影と少年CQ proud / MG)等の、非常に頼もしい御協力の元、2度のイベントをより美しくすべく尽力しています。画像、ライブ音源共々、ご提供してくださった方々にも深く感謝致します。有難うございました。
そんな中、いわゆる「埋蔵音源」にあたる音源が(大袈裟ではなく、そう申し上げるしかないのですが)<奇跡的>としか言いようがないタイミングで目の前に現れましたので、熟考の末、サブスクリプションに追加させて頂きます。
私は、この曲のことを忸怩たる思いではっきりと記憶していましたが、正直、一生、聴くことは出来ないだろうと思っていました。ミッシング・パーソンやミッシング・ソング、あらゆる「失われたものたち」は「美しくなる」以外の事が、きっと、できません。もしそれが、忌まわしく醜い思い出だとしても。
とはいえ、私は、突然にして眼前に現れたこの曲を聴くのが、正直とても怖かったです。いざタイプカプセルを開いた瞬間の私の気持ちは、まだ書くべきではない。と判断します。
ただ、しかし、今はもう、2期スパンクハッピーの、録音当時のバックヤードを話せる者は、私だけになってしまいましたので、最低限の解説だけさせて頂きます。

*****


「Vendôme, la sick KAISEKI(2003)」のレコーディングは難航を極めました。時間との戦いの中、私がパニック障害の治療中だった、ということも加味していたかも知れません、しかしそれは、あのアルバムの意味も決定していたので、ダブルバインドです。
結果、本来12曲入りを予定していたアルバムは、10曲入りで発売される事になりました。
あのアルバムが、今聴いても、奇妙に切断的、不全的に(フックだけ作曲されたダンスナンバーで)終わってしまうのは、作品のダークなオーラを担保しているとはいえ、それは結果論という、非常に優れた運命のあり方の1つを示しているに過ぎません。
収録予定だった「あと2曲」のうち、1曲が「フロイドと夜桜」であることは愛好家の皆さんには周知の事ではないかと思われます。
恋愛依存がテーマのこの曲は、クリスマスソングと御座敷小唄の要素を持ったテクノポップチューンですが、「余りに陽気すぎる」という理由から、後のシングル発売だけ決定して、アルバムからは外されました。
後に「普通の恋」というシングルのc /w曲として発売され、今回無事サブスク解禁と相成りました(今回、サブスクの機能上の問題を配慮して、スパンクハッピー名義になっていますが、あれは私のポップシンガーとしての初めてのソロシングルです)。
「フロイドと夜桜」の未収録は、こうして致命的な問題ではなくなりました。そして、アルバムの掉尾を飾るべきエンドソングは、井上陽水さんの「背中まで45分」のカヴァーが予定されていたのです。
私が、陽水さんが沢田研二さんのために書いたこの曲に込められた、デカダンとエロティシズムをどれだけ崇拝しているかは、言葉にできません。そして、崇拝は尊きなり。という事でしょうか、神の導きで、私はこのアルバムで結果失われることになった、「背中まで45分」を、翌年の「井上陽水空想ハイウェイ」というテレビ番組で、ご本人と共演するという僥倖を授かりましたが、オンエア時には既に「Vendôme, la sick KAISEKI」はリリースされた後でした。
時は戻って「Vendôme, la sick KAISEKI」の納品前夜、私と岩澤さんはほぼ眠らずにレコーディングにトライしていました。「フロイドと夜桜」のカットになったの事後の判断としても、「背中まで45分」は、どうしてもダメでした。なぜダメだったのかは、私にも(岩澤さんもきっと)未だに分かりません。
その結果、私は「背中まで45分」にインスパイアを受けたオリジナル曲として、スタジオの時計を横目で見ながら、この曲を数時間で作詞、作曲、編曲しましたが、作曲の僅か数音と、作詞の3割ほどは「仮」という状態までしか持って行けませんでした。編曲に至っては「デモ」と呼ぶに相応しい程度のクオリティまでしか届きませんでした。
それでも、急いで岩澤さんに聴いて貰い、2人でスタジオに入り、何度かテイクを重ね、時計を見たら、納品時刻は大幅に過ぎており、「仮」部分の修正も、音程修正も、とてもではないがしている時間がない(当時、音程修正は、現在よりも遥かに時間を要する作業でした)。という事になり、芳醇な予算を持っていたわけではない我々は、ブースの中でタイムアップを迎えました。

「岩澤さん。ごめんなさい。タイムアップです」
「はいー。でもわたしこの曲が一番好きかもー」
「いや、ダメです。これじゃダメだ」

頭を抱えたままブースで深呼吸している私を尻目に、「なーんでーかなー。なーんでだめー(モグモグ)なのかなー。菊地さん、大丈夫ですかー(モグモグ)」と、美味しそうにスタジオのお菓子を食べていた岩澤さんの姿は忘れられません。
岩澤さんは、「透明」としか言い表せない、あの<何もない歌声>で、歌詞カードを1ワードだけ読み間違っています。まだ若く、暴虐なまでに多感だった39歳の私には、その事実が、まるで福音であるかの如く感じられるほどの喪失でした。
こうして、「Vendôme, la sick KAISEKI」という禍々しいアルバムのデザートワインとして供される予定だったこの曲を私は失い、アルバムは切断的に終わり、2期スパンクハッピーの活動自体もそうなりました。
つまりこれが、岩澤さんの最後の歌声です。

*c/w「フロイドと夜桜(sweet voices mix)」
前述「陽気すぎる」という理由から、全方向的にとても気に入っていたこの楽曲(今でも一番好きです。「ポップ」と言うのは、私にとって、結局こういう物だと思っています)ですが、せっかくアルバムから切断してシングルにするのだから、ということで、80年代のインダストリアルテクノのような感じで、ヴォーカルトラックに歪みや圧縮系のエフェクトを複数かけ、結果、ザラザラした音質が楽曲の気分を担保し、完成しました。
しかし、オンタイムでは収録予定でしたので、「ヴォーカルのエフェクトを中心に、演奏全体の音色の方向性をやや古く、柔らかい感じに振れば、70年代グラムロック的なチューンとして収録しても大丈夫かも?」といった若さ故の悪あがきがありましたが、アルバム全体のバランスが結晶化せず、お蔵になった。というミックスが残されていました。
このミックスも今回、「ethic」と共に発掘されました。座興としてお楽しみいただければと思います。今回、2曲とも、納品時のムードを失わない程度にAI使用の再修正と再ミックスを施してあります。担当したのは「新音楽制作工房」の花守コウです。
キングレコードは「echic」を<シングル新曲>と査定し、「フロイドと夜桜」は、結果、<2度、シングル曲のc/w曲になった楽曲>になりました。音楽の力をもってしても、運命には逆らえないようです。
記憶、記録ともに、2期スパンクハッピーのアウトテイクス=埋蔵音源はこれ以上存在しません。まずはお味見を。それでは先ず、4月にお会いしましょう。
菊地成孔

SPANK HAPPY「ethic c/w フロイドと夜桜(sweet voices mix)」収録曲

01. ethic
02. フロイドと夜桜(sweet voices mix)

セカンド・スパンクハッピー・レトロスペクティヴ・前夜祭

2024年3月11日(月)東京都 SUPER DOMMUNE
<出演者>
菊地成孔 / 松永天馬(アーバンギャルド)/ 浜崎容子(アーバンギャルド)/ 長田左右吉 / ゆっきゅん(電影と少年CQ)/ 北尾修一 / 宗像明将

セカンド・スパンクハッピー・レトロスペクティヴ

2024年4月12日(金)東京都 UNIT
<出演者>
DJ:菊地成孔
VJ:ALi(anttkc)
ハーフタイムショー出演:浜崎容子(アーバンギャルド)/ ルアン(電影と少年CQ)

関連記事

ゆっきゅん(Photo by Kaho Okazaki)

ゆっきゅん2年半ぶりアルバム発売&えんぷてい奥中提供曲配信!ツーマン企画に徳利、柴田聡子、君島大空

6日
川本真琴と松永天馬。(撮影:miwa)

松永天馬と川本真琴が熱いデュエット曲発表

11日
「The Covers」より、左からリリー・フランキー、GLIM SPANKY、上白石萌歌。(写真提供:NHK)

GLIM SPANKY「The Covers」でブリグリ名曲カバー、10周年記念し過去映像も多数オンエア

14日
暴動クラブ「シニカル・ベイビー」配信ジャケット

暴動クラブ「RSD」限定アナログ7inch曲配信、沢田研二「気になるお前」カバーも収録

19日
濱田マリ

濱田マリ、ソニー時代の楽曲サブスク解禁 奥田民生提供曲や菊地成孔参加曲も

20日
ゆっきゅん

WEST.ニューシングルにゆっきゅん作詞曲「コンビニ行くけどなんかいる?」

21日
「爆クラ presents 交響ラップ ~ クラシックとラップが挑む未知の領域 ~」キービジュアル

オーケストラの演奏でラップするコンサートに呂布カルマ、菊地成孔、志人

21日
「鬱フェス2024」ビジュアル

アーバンギャルド主催「鬱フェス」に人間椅子、0.1gの誤算、大槻ケンヂ、絵恋ちゃん

23日
アーバンギャルドとtwinpale。

アーバンギャルド浜崎容子とtwinpaleがツッパリ化

約1か月
「七夕忌 PANTA一周忌&頭脳警察55周年記念ライブ」告知画像

頭脳警察PANTA一周忌ライブ開催 鈴木慶一、仲野茂、大槻ケンヂ、ROLLY、花田裕之、夏川椎菜ら出演

約1か月