JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

“後藤正文”名義の初音楽作品はドローン / アンビエントアルバム、坂本龍一の影響を受け制作した5曲入り

後藤正文
2か月前2024年03月27日 1:03

後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のドローン / アンビエントアルバム「Recent Report I」が、本日3月27日に配信リリースされた。

後藤はこれまでGotch名義で3枚のアルバムをリリースし、コンテンポラリーダンスの舞台音楽や、自身の小説「YOROZU~妄想の民俗史~」の読書用にアンビエント作品を発表してきた。“Recent Report=近況報告”と題された今回のアルバムは、彼が“後藤正文”名義で発表する初の音楽作品。後藤がこの1年に考えていたことをフィールドワークと演奏で表現し、レコーディングのすべてを自身で手がけたアルバムとなっている。

後藤は「Recent Report I」を制作するにあたり、Gotch名義の2ndアルバム「Good New Times」のプロデュースを担当した元Death Cab for Cutieのクリス・ウォラやライブイベント「NO NUKES」などで交流のあった坂本龍一からの影響を受けていたという。収録曲のうち「Lost in Time」は、坂本が2011年に発表したアルバム「playing the piano usa 2010 / korea 2011 - ustream viewers selection -」の「Thousand knives」をサンプリングして制作された。「Recent Report I」は今後、カセットテープと各曲へのキャプションが付いた撮り下ろしポストカードセットでの販売も予定されている。

本作はApple MusicではDolby Atmos、そのほかのサービスではバイノーラル音源で聴くことができ、どちらもヘッドフォンやイヤフォンでの再生が推奨されている。立体音響での展示も検討しているとのことなので、ファンは続報を楽しみに待とう。さらに後藤のポッドキャスト番組「APPLE VINEGAR -Music+Talk-」の4月3日公開の回では、アルバムへの思いや、「Thousand Knives」のサンプリング、環境音の録音などの制作秘話、アルバムを後藤正文名義で発表した理由、ジャケットアートワークのことなどが語られる。

後藤正文「Recent Report I」収録曲

01. Lost in Time
02. More Than Words
03. Sine Waves
04. The Other World Drive
05. Rest in Peace

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」ロゴ

蘇我「ロッキン」にNumber_i、Vaundy、ポルノグラフィティ、UVERworld、あいみょん、INIら追加

1日
折坂悠太

折坂悠太を「ユリイカ」で特集 KID FRESINO、後藤正文、松井文、あだち麗三郎、寺尾紗穂ら参加

16日
「SPACE SHOWER TV 35th ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER SPRING 2024」の様子。

春の「ラブシャ 」にスカパラや奥田民生ら23組登場、7月に特番放送決定

17日
君島大空「no public sounds」ジャケット

君島大空が大賞受賞!アジカン後藤の音楽賞

28日
「FUJI & SUN」会場イメージ

「FUJI & SUN」アジカン、折坂悠太、カネコアヤノ、森山直太朗のライブ映像公開

約1か月
ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカンはメジャーデビュー20周年、伊地知潔は加入25周年 リクエストライブでファンに感謝

約1か月
藤巻亮太

藤巻亮太のマンスリーツーマン企画にchay、Rei、後藤正文

約2か月
ASIAN KUNG-FU GENERATION

喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が語る軽音楽部の魅力

約2か月
「KITASAN ROLLING 2024」ロゴ

群馬「KITASAN ROLLING 2024」にアジカン、すりぃ、クリープハイプ、サバシスター追加

2か月
「SPACE SHOWER TV 35th ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2024」ロゴ

昨年の「ラブシャ」ライブ映像をYouTubeで1回限り公開、今晩より3日連続

2か月