JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

「ゴジラxコング」日本版主題歌はYaffle x AI feat. OZworld!「ゴジラのテーマ」を公式サンプリング

AIとYaffle。
約1か月前2024年04月11日 20:04

4月26日に全国公開される映画「ゴジラxコング 新たなる帝国」の日本版主題歌を、YaffleとAIが担当することが発表された。

「ゴジラxコング 新たなる帝国」は、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズと「キングコング」の世界観がクロスオーバーする、“モンスター・ヴァース”シリーズの第4弾作品。日本公開に先立ち3月に北米で公開された。

日本版主題歌の制作に際し、Yaffleは「ゴジラに打ち勝つパワフルな歌声が欲しい」と、“共闘相手”としてAIにオファー。2人は無類のゴジラ好きという共通点もある。また、楽曲にはOZworldもフィーチャリングアーティストとして参加。完成した「RISE TOGETHER feat. OZworld」は伊福部昭作曲「ゴジラのテーマ」のオリジナル音源をサンプリングし、映画のキャッチフレーズである「Rise Together or Fall Alone」を楽曲に昇華させた1曲となっている。なお、ゴジラ映画のオリジナル音源の公式サンプリングは、今回が史上初。

YouTubeでは「RISE TOGETHER feat. OZworld」を使用した日本語吹替版予告が公開された。

Yaffle コメント

まさかミュージックビデオの撮影で、ジオラマがある空間に入れると思っていなかったので、いま感動しています。そして、伊福部さんの偉大な楽曲に関わらせていただき、感無量です。
今作は凄い迫力とスケール感、そして映画としての広さも感じられる映画でした。その世界観のデカさを曲に落とし込んで、曲の方も迫力に負けないように作ろうと思いました。
叩き台のビートを作った後、聞く人の耳をしっかり掴む強い力を持つAIさん、そして凄くカッコいいラップと歌心を持つOZworldくんに声をかけ、最強同士が共闘するこの映画とおなじく、最強の二人がバッチリ決めてくれて凄い曲が出来たと思っています。自分も一リスナーとしてとても好きな曲になりました。
小さい頃からたくさん見ていたゴジラ。映画音楽のお仕事でいつか関われたら、と思っていたので本当に嬉しいです。世界で盛り上がっているゴジラの流れの中に、微力ながら加われたのが光栄に思っています。キャラクターが70年続くというのは、とんでもない事だと思います。今後も100年、200年と続いて行って欲しいですね。

AI コメント

あのゴジラとあのコングによる大作映画、オファーを受けた時は嬉しくて、やらない理由はありませんでした。Yaffleさんとは最新アルバムで一緒に作業させていただいた時、すごく音楽性が合うなと感じていて、今回またご一緒出来るのも凄く嬉しかったです。
私の子どもたちはゴジラが大好きなので、話が来る前から家がゴジラだらけです。(笑) 私自身も、ゴジラは幼い頃から身の周りにあったものなので「ゴジラのテーマ」の曲も染みついてます。そんな「ゴジラのテーマ」のサンプリングをYaffleさんから初めて聞かせてもらった瞬間は、鳥肌でしたね。その凄いパワーに負けないように、どういうメロディにしようか悩みながら一緒に作っていきました。
曲が完成した今、本当に嬉しくて、早くみんなに聞いて欲しいと思っています!
ゴジラが誕生して70年。私はもちろん、父も知ってるし、母は海外の人ですけど知っているし……、世界中にこんなにずっと愛されるキャラクターはなかなか無いと思います。
未だに格好よくて惹かれるところがいっぱいです。アニバーサリー、おめでとうございます。

OZworld コメント

まずこの曲の依頼が来た時は、リアルに鳥肌が立ちました。
いよいよ愛の権化AIさんとご一緒出来る日が来たのかと思うと、ハピネスが溢れ出しました。
自分自身小さい頃は、ゴジラや敵のおもちゃで遊んだり怪獣ごっこではゴジラは必ず登場していたり、
成長する中で親戚のお兄ちゃん位のポジションでは常に存在していたキャラクターな印象です。
そして何より今回のテーマである、GODZILLAとKONGの“共闘”という部分にまさに今の時代に必要なメッセージを感じて、去年9月に出した3作目のアルバムを通して伝えたかった根本のテーマともとても似ているものを感じました。
なので、今回の曲のリリックは無理なく自分の内側から出せた作品になったと思います。
アニバーサリーというとても記念すべきタイミングでこの作品に関わらせて頂いたことを心から嬉しく思います。
ダララ ダララ!

関連記事

「WILD BUNCH FEST. 2024」メインビジュアル

「ワイバン」に宮本浩次、Vaundy、BE:FIRST、クリープ、サカナ、オーラル、マカえんら63組

3日
aiko

「Mステ」にaiko、ATEEZ、SixTONES、スカパラ×TAKUMA、日向坂46、Yaffle×AI×OZworld

9日
「AH1」ロゴ

T-Pablow&YZERRが「AH1」出演

12日
清澄 by Takumi Kawanishi(JO1)「surge <single edit>」ミュージックビデオより。(c)むつき潤・小学館/「バジーノイズ」製作委員会

JO1川西拓実が歌う「バジーノイズ」主題歌MV公開

14日
左からYaffle、川西拓実。

JO1川西拓実が歌う「バジーノイズ」主題歌リリース、カップリングは本人制作のオリジナルソング

16日
左からAI、Mori Calliope。

Mori CalliopeとAIがコラボ曲発表、プロデューサーは蔦谷好位置

18日
高橋優

高橋優主催フェスにAI、Saucy Dog、キタニタツヤ、斉藤和義ら出演

19日
宇多田ヒカル

宇多田ヒカル特集「EIGHT-JAM」いしわたり淳治、Taku Takahashi、tofubeats、吉澤嘉代子が解説

28日
「tiny desk concerts JAPAN」に出演した藤井風。

藤井風の「tiny desk concerts」NPRサイトで全編公開

約1か月