JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

the band apart、シュガー・ベイブの名曲「DOWN TOWN」を再構築

「『DOWN TOWN(シュガー・ベイブ / 1975)』 × the band apart / Newtro」キービジュアル
約1か月前2024年04月12日 9:05

名曲を再構築するプロジェクト「Newtro」の第13弾としてthe band apartがシュガー・ベイブの「DOWN TOWN」を再構築した楽曲のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

「DOWN TOWN」は1975年に発表されたシュガー・ベイブ唯一のアルバム「SONGS」に収録されている楽曲。シュガー・ベイブは1973年から76年まで活動していたバンドで、ソロデビュー前の山下達郎、大貫妙子が在籍していた。the band apartが再構築した「DOWN TOWN」の仕上がりが気になる人は、MVを早速チェックしておこう。

the band apart コメント

荒井岳史(Vo, G)

the band apart(naked)っていうアコースティック形態でも活動しているんですけれども、
過去にもシュガー・ベイブの「DOWN TOWN」をやったことがあって、
その時は僕が歌ったんじゃなくて、ベースの原がリードボーカルで、しばらくライブでやってたんですけど、
原曲がとても良い曲なので、今度はボーカルを変えて、またやりたいという理由で選曲しました。
アレンジに関しては、ちょっとやはり本家が凄すぎるんで、あんまり考えすぎないようにしました。
僕はソロで弾き語りやったり、いろんな方とセッションしたりするときに、
何度も歌ったことある曲ではあって馴染みはあるので、そんなに気負わずやりました。

木暮栄一(Dr)

山下達郎さんのライブバージョンだと、青山潤さんていう凄いドラマーが叩いていて、
僕はその人が大好きなんで、少しオマージュをしつつ、自分の色も入れ込んでいくみたいなことはちょっと考えました。
我々がカバーアレンジする時は、もの凄く原曲からリミックスぐらい変えちゃうんですけど、この曲はコードとかも全然変えてないし、もう、リスペクトですね。
年齢を重ねれば重ねるほど、原曲やアーテイストの凄さがよりわかってきます。

関連記事

竹内まりや

竹内まりやが浅田真央出演CMに新曲提供 山下達郎が作曲、竹内が作詞&歌唱を担当するのは33年ぶり

2日
DOPING PANDA

DOPING PANDA、コンセプトツアーで1st&2ndアルバム全曲演奏

4日
大貫妙子(写真提供:NHK)

教授の愛したスタジオで大貫妙子がトーク&歌唱、ヒゲダン藤原聡と菅田将暉のインタビューもOA

4日
「NAGOYA CLUB QUATTRO 35th Anniversary "rendezvous"」ビジュアル

名古屋クアトロ35周年企画で10-FEET×04LS、ペトロールズ×カネコアヤノなど14公演

18日
荒井岳史「7years」ジャケット

バンアパ荒井岳史、本日発売ソロアルバムより「blue」MV公開

20日
大貫妙子「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター画像

大貫妙子、タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」初登場

20日
リンダ・キャリエール「Linda Carriere」の仮ジャケット。

細野晴臣プロデュース、リンダ・キャリエール幻のアルバムが47年経て正式発売

22日
「Newtro DIG / 『DOWN TOWN(シュガー・ベイブ / 1975)』 × the band apart」より。

the band apart×シュガー・ベイブ「DOWN TOWN」制作背景に密着

25日
山下達郎「ADD SOME MUSIC TO YOUR DAY」ジャケット

山下達郎の自主制作アルバム「ADD SOME MUSIC TO YOUR DAY」アナログ盤を再発、39年ぶり

30日