JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

BAND-MAID、5年ぶり有観客“メイドの日”でZepp Hanedaリベンジお給仕

「BAND-MAID "THE DAY OF MAID"」の様子。(撮影:伊東実咲)
約1か月前2024年05月14日 10:02

BAND-MAIDのワンマンライブ「BAND-MAID "THE DAY OF MAID"」が5月10日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)で開催された。

リベンジマッチだっぽ!

「THE DAY OF MAID」はBAND-MAIDが語呂合わせで“メイドの日”になる5月10日に行っている恒例のお給仕(ライブ)。新型コロナウイルス感染拡大の影響などにより、有観客で行われるのは2019年以来、5年ぶりとなった。

大音量のSEとともにBAND-MAIDが登場し、ライブはスピーディな「BLACK HOLE」でスタート。AKANE(Dr)の高速ツインペダルが空気を震わせ、SAIKI(Vo)の「かかってこいよー!」という煽りにフロアから拳と歓声が上がる。5人はそれぞれのスキルを遺憾なく発揮した、一糸乱れぬ演奏で次々に楽曲を披露。「HATE?」ではお立ち台で小鳩ミク(G, Vo)が頭を振り、MISA(B)とKANAMI(G)が華麗なソロパートで喝采を浴びた。

「有観客の“メイドの日”は5年ぶりだっぽー!」と声を張り上げる小鳩。さらに2020年にZeppツアーがコロナ禍で中止になり、念願のZepp Hanedaのステージであることに触れ「リベンジマッチだっぽ!」と意気込んだ。「ようこそ、BAND-MAIDのお給仕へー!」という彼女の声をかき消すほどの轟音でKANAMIがカッティングを繰り出し、「Shambles」でライブが再開。息をつく暇もないようなアッパーチューンの連続に、フロアは興奮のるつぼと化した。

Incubusマイクとの共作曲に熱狂

ライブ後半に差し掛かると、SAIKIの芯のある歌声をじっくりと聴かせる楽曲が連続。「Memorable」では小鳩がアコースティックギターを手にSAIKIとともに美しいハーモニーを響かせ、「about Us」ではシンガロングで場内に感動的なムードが広がった。またIncubusのマイク・アインジガー(G)と共作した最新曲「Bestie」が披露され、ご主人様とお嬢様(BAND-MAIDファンの呼称)が大いに沸き立った。

小鳩がボーカルの「Brightest Star」を披露したのち、5人は和気あいあいとトークを展開。夏にリリースする予定のアルバムや、Incubusの来日公演で「Bestie」をマイクと一緒に演奏したことなど、最新のトピックスを交えて盛り上がる。オリジナルで制作したというお立ち台にMISAが立ち、ビールを飲み干して歓声を浴びるひと幕も。さらにゲネプロでやっていたという遊びを再現するくだりで収拾がつかなくなり、AKANEが「何これ!?」とツッコミを入れる。「このユルさもメイドの日ならではということで……。BAND-MAIDって自由だっぽねえ(笑)」と小鳩がつぶやくなど、パワフルな演奏中とは打って変わって、脱力感のある時間が流れた。

ラストスパートで盛り上がりは最高潮へ

背後でじゃれ合うメンバーに翻弄されながらも、小鳩が恒例のコール&レスポンスである“おまじないタイム”を完遂し、ライブは終盤へ。BAND-MAIDは「Unleash!!!!!」からラストスパートをかけ、ド派手な照明演出に負けないエネルギッシュな轟音を絶え間なくかき鳴らし、観客を飛び跳ねさせる。そしてスポットライトを浴びたAKANEの激しいドラミングから「NO GOD」になだれ込み、この日最高潮の盛り上がりの中でお給仕は終了。SAIKIが「メイドの日、最高だったなー!」と充実感たっぷりに叫び、小鳩が「またお会いしましょうっぽ!」とご主人様&お嬢様に再会を約束した。

BAND-MAIDはメキシコのバンド・The Warningとのツーマンライブを6月12日に東京・EX THEATER ROPPONGIで実施。6月から7月まではホールツアーを行う。チケット情報はオフィシャルサイトで確認を。

セットリスト

「BAND-MAID "THE DAY OF MAID"」2024年5月10日 Zepp Haneda(TOKYO)

01. BLACK HOLE
02. Giovanni
03. Balance
04. HATE?
05. Shambles
06. 火花
07. I still seek revenge.
08. Why Why Why
09. Manners
10. from now on
11. After Life
12. Go easy(新曲)
13. Memorable
14. about Us
15. Bestie
16. Corallium
17. Brightest Star(新曲)
18. Unleash!!!!!
19. H-G-K
20. influencer
21. Magie(新曲)
22. NO GOD

公演情報

BAND-MAID × The Warning Special Show in Japan

2024年6月12日(水)東京都 EX THEATER ROPPONGI
<出演者>
BAND-MAID / The Warning

BAND-MAID HALL TOUR 2024

2024年6月28日(金)愛知県 名古屋市公会堂
2024年7月5日(金)大阪府 フェニーチェ堺 大ホール
2024年7月14日(日)神奈川県 神奈川県民ホール

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

BAND-MAID「Protect You」配信ジャケット

BAND-MAID「グレンダイザーU」エンディングテーマを配信リリース

3日
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO」ビジュアル

「ライジングサン」にUVER、森山直太朗、菅田将暉、DISH//、syrup16g、Hedigan'sら追加

27日
BAND-MAIDとマイク・アインジガー。

BAND-MAIDがIncubusマイク・アインジガーとの共作曲MV公開、衣装はSAIKIがプロデュース

約2か月
「SUMMER SONIC 2024 TOKYO」出演アーティスト

「サマソニ」にクリスティーナ・アギレラ、BE:FIRST、ちゃんみな、IVE、BOYNEXTDOORら

約2か月
「OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL 2024」告知画像

「ジャイガ」に日向坂46、ヤングスキニー、湘南乃風、ホルモンら追加

3か月
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO」第1弾出演アーティスト

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024」にスピッツが21年ぶり出演、スカパラは20回目

3か月
BAND-MAIDとマイク・アインジガー。

BAND-MAIDがIncubusマイク・アインジガーとの共作曲をリリース

3か月
「BAND-MAID 10TH ANNIVERSARY TOUR」の様子。(Photo by MASANORI FUJIKAWA)

BAND-MAID史上最長のお給仕、10周年ツアーファイナルが映像作品化

6か月
「グレンダイザーU」キービジュアル (c)Go Nagai/Dynamic Planning-Project GrendizerU

「グレンダイザーU」オープニングテーマをGLAY、エンディングテーマをBAND-MAIDが担当

7か月