JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

中島健人が弁護士役、人気マンガ「しょせん他人事ですから」ドラマ化

中島健人
約1か月前2024年05月16日 21:04

中島健人が主演を務める新ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」が、7月19日からテレビ東京ほかでオンエアされることが決定した。

「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」は、原作を左藤真通、作画を富士屋カツヒト、監修を弁護士・清水陽平が手がけた同名の大ヒットマンガを実写化したリーガルドラマ。変わり者の主人公・保田理(やすだおさむ)弁護士が「しょせん他人事」をモットーに、社会問題にも発展しているネット炎上やSNSトラブル案件を解決していくというストーリーが描かれる。中島が演じる主人公の安田弁護士は、訪れる相談者を「しょせんは他人事じゃん?」と突き放しながらも、現代にはびこるさまざまな問題を彼なりの信念のもと、爽快かつダークに解決していく。

左藤真通(原作)コメント

祝ドラマ化! うれしいです!
度々「ドラマ化されたらいいですよねぇ~」などと冗談のように担当編集さんと話すことは漫画家の常ですが、実現するとは。
原作では、炎上をはじめとしたネットトラブルについて、法律的な面で弁護士さんがどのように仕事を進めていくか、専門的な内容を可能な限りわかりやすく描いたつもりです。
しみじみ頑張ってよかったなぁと思うわけですが、ここで改めて作画・監修・編集のベストチームと、ここまで支えてくだった読者の皆様に感謝致します!!
主演の中島健人さんがどんな保田さんを演じてくれるのか、ドラマ版はホントいい意味で「他人事」として楽しみにしております!

富士屋カツヒト(作画)コメント

ついに自分が携わってる作品がメディアミックス! 実写ドラマ化です!
ネット、誹謗中傷、情報開示、実写で描く事の相性はとても良いと常々思っていたので、まさに念願叶いました!
この手の題材で思う所がある人達が多いと思います。特に人気商売だったりメディアだったりは多いでしょう。
そういった思いの丈を「しょせん他人事」と言わず、全力でぶつけた出来上がりになったら嬉しいですね。
腹は立つけど憎めない保田理弁護士の活躍が楽しみです!

清水陽平(弁護士 / 監修)コメント

ドラマ化!! 法律監修に過ぎませんがとてもうれしく思います。
最初に白泉社から問い合わせがあったのは、調べてみたところ2020年3月でした。この問い合わせは、そもそも「ネット関係のことでマンガにできないか」というざっくりとした相談レベルの話で、こんな地味な話がマンガになるだろうか……というのが当時の率直な感想でした。しかし、実際に連載につながり、しかも世の中に受け容れられたことには本当に驚きました。
法律モノのマンガやドラマについては、弁護士からは「そんなのあるわけないだろ!」とか「ここはおかしい!」といった指摘が SNSなどを通じてされることがかなり多いのですが、徹底してリアルに拘りたいという原作の左藤さんの意向から、かなり厳密に法律に沿った内容になっており、幸いなことに(今のところ)そういった指摘は受けていません。
ドラマの方でも法律監修をさせていただくことになりましたが、同業から叩かれないように(笑)、しっかり法律監修をしたいと思います。

中島健人 コメント

ドラマ出演が決まったときの気持ち、台本を読んだ感想

Sexy Zone卒業後初めてのドラマなので新人の気持ちで挑むつもりです。台本を読み進めていくと、ネット社会では誰しもが共通することで、悩み、もがき、スマホに向き合っています。そんな感情を僕が演じる弁護士が、バッサリ切り捨て、スッキリした感情にさせてくれるところが僕自身もたまらなく気持ちよく、爽快な読み応えでした。

保田理弁護士を演じるにあたっての意気込み

スマホという小さな世界の中で、現代人は“コメント欄”の中に生まれる言葉の棘や、嘘に悩まされています。1番はそんなコメントを見ないのが正解なのですが、この時代そうもいかない時もあるのでいざ向き合う時に法律を通して対処していくと、どんな結果が加害者側に待っているのか、そして被害者はどのような答えを見つけることができるのか、それらを僕が演じる保田理弁護士が強烈に冷たく、でもほんの一瞬だけ優しく教えてくれます。僕の中に存在する、ある種究極にドライな部分をお楽しみください(笑)。

視聴者へのメッセージ

SNSが主なこの時代の中で、僕らはいろんな情報を知り、信じ、時に悩み、惑わされます。物語の中で起きる保田が対応する事案にも僕が見てきた景色や、経験を反映しながら、このドラマでしかみることのできない、痛快で危険なドラマを皆様にお見せできたらと思っております。SNSの闇をドライに切り裂く、僕演じる弁護士の姿をぜひお楽しみください!

中川順平(プロデューサー / テレビ東京 ドラマ室)

ネットの「炎上」や「誹謗中傷」が日々世間をにぎわせています。それは時に人の生死に関わることさえあります。「炎上」は最早有名人に限ったものではなく、ごく普通の一般人にも起こり得るものです。そんな「炎上」に、もし私たちが巻き込まれたとしたら、いったいどう対処すれば良いのでしょう? 本作は、弁護士の主人公が「法律」を武器に、こうした「炎上」に挑みます。しかしこの武器は、何でも切れる万能の剣ではなく、時に使う側が痛みを感じる、限界を持つものでもあるのです。リーガルドラマは百花繚乱ありますが、ネットトラブルへの対処に特化したものはほとんどありませんでした。本作ではそのリアルな実情を、炎上の「被害者」と「加害者」それぞれが抱えるドラマも含め、時に痛快に、時にビターに描きます。
主人公の弁護士・保田役には、テレ東ドラマ初出演となる中島健人さん。弁護士としては極めて有能。それでいてスイーツとゲームをこよなく愛し、周りの空気を一切読まない主人公像は、「ケンティ」の新たな一面を垣間見せてくれると同時に、ドラマ8枠に新風を吹き込んでくれるに違いありません。新・リーガルドラマ「しょせん他人事ですから」、どうぞお楽しみに!

テレビ東京 / テレビ大阪 / テレビ愛知 / テレビせとうち / テレビ北海道 / TVQ九州放送「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」

2024年7月19日(金)20:00~21:09
※初回15分拡大
※毎週金曜放送

関連記事

「CYAN MAN」2024年8月号の表紙。(c)CYAN MAN

新たな道を歩む中島健人、その姿に「CYAN MAN」が密着

約7時間
WOWOWプライム「中島健人 映画の旅人」ロゴ

中島健人の新番組スタート、世界を旅して映画カルチャーを深掘り

約1か月
中島健人(Sexy Zone)

中島健人がサックスを吹き、“セクシーの向こう側”へ

3か月
「もっとダンスコーン」編より。

中島健人、髭を生やして空中に浮かぶ「10年後の自分なんじゃないかな」

4か月
中島健人とmilet。

中島健人主演映画が公開決定、ヒロインは映画初出演のmilet

4か月
(c)ナタリー

Sexy Zone、改名&中島健人卒業の日に無料オンラインライブ実施

4か月
「MORE」Spring 2024号表紙 (c)「MORE」 Spring 2024号/集英社
(撮影:東 京佑)

女神のようなTWICE・SANAが「MORE」表紙に降臨、誌面には中島健人や向井康二ら登場

4か月
左から林修、中村正人(DREAMS COME TRUE)。(c)MBS

ドリカム中村正人が林修と対談、「うれしはずかし朝帰り」誕生秘話や尾田栄一郎との関係語る

4か月
再生数急上昇ソング定点観測

TWICE新曲も?最近増える“あの曲”のオマージュ / 病み垢ステロイド「IV V IIIm VIm」なんて読む?

4か月