JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

岡村靖幸と斉藤和義がお台場デート、岡村和義が東京ベイベたちを魅惑した夜

岡村和義(撮影:岡田貴之)
約1か月前2024年06月17日 10:01

岡村靖幸と斉藤和義のユニット岡村和義にとって初のライブツアー「岡村和義 LIVE TOUR 2024 "OKAZ TIME"」が、6月15日に大阪・Zepp Namba(Osaka)で千秋楽を迎えた。

今夜我々は君たちを気持ちよくさせるために来たよ

同世代の岡村と斉藤によって2023年末に突如結成された岡村和義。ともに作詞作曲やアレンジまで手がけるシンガーソングライターであり、多彩な楽器を操るマルチプレイヤーという共通項の多い2人でありながら、誰もが予想していなかった“完全共作ユニット”としての活動は多くの音楽ファンに歓迎された。彼らにとって初めてのツアーは全8会場で展開され、いずれの会場も満員に。この記事では6月7日に行われた東京・Zepp DiverCity(Tokyo)の模様を紹介する。

岡村の「O」と和義の「K」を唇と美脚でかたどったネオンサインに光が灯り、ライブの幕開けを告げる。上手と下手から別れて登場した岡村と斉藤は、ステージの中央で固い握手を交わしたのち「I miss your fire」でフロアの空気を一気に引き上げた。甘くねっとりとした口調で岡村が「会いたかったぜ。今夜我々は君たちを気持ちよくさせるために来たよ。Zepp DiverCityベイベ」と口にすると、会場のあちこちから歓声が。全身でオーディエンスの熱気を受け止めた2人は、岡村和義としてのオリジナルナンバーを次々と畳みかけていく。

踊る斉藤和義

中盤ではお互いの楽曲をカバーするコーナーも。岡村は「夢の果てまで」、斉藤が「イケナイコトカイ」をそれぞれの歌声やスタイルを生かしたパフォーマンスで、双方のファンを酔わせる。さらに南佳孝「スローなブギにしてくれ(I Want You)」、井上陽水と安全地帯「夏の終りのハーモニー」という1980年代のナンバーをじっくりと聴かせるブロックや、岡村と斉藤だけでセッションをするコーナーも。2人はリズムマシーンを使いながらのYMO「テクノポリス」のカバー、それぞれがギタリストとしての顔を見せるブルースセッション、ゆったりとした雰囲気の新曲「真夜中の海へ」などで観客を岡村和義の奥深い世界へと誘った。なお、斉藤がギターを弾きながら「今日は岡村ちゃんとお台場でデートなのさ」「靖幸のペロリしたい……」と艶かしく口にすると、岡村が「放送できるか!」とツッコむ場面もあり、仲睦まじい2人の様子にフロアからはクスクスと笑い声が漏れた。

「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」「ずっと好きだった」というお互いのヒット曲が岡村和義バージョンで届けられたあと、豪快なロックチューン「カモンベイビー」へ。曲のクライマックスではアドリブによる下ネタの応酬が繰り広げられカオスな状況に陥るも、岡村の「斉藤和義が踊るよ」というひと言で空気は一変。斉藤はステージを行き来しながら、長い手足を生かした動きでオーディエンスを魅了したのち、最後は岡村と一緒に華麗なターンを決めて喝采を浴びた。

マルチプレイヤー岡村靖幸&斉藤和義の真骨頂

アンコールは岡村がベース、斉藤がドラムという編成でのセッションでスタート。マルチプレイヤー同士だからこそ実現しうるパフォーマンスで会場を沸かせたのち、2人は「春、白濁」へとなだれ込む。この曲では岡村が「斉藤和義のギターが火を吹くぜ」と煽ったのを口火に、斉藤のギターソロがさく裂。激情ほとばしる音色でオーディエンスを圧倒してみせた。そしてライブのフィナーレを飾ったのは、5月にリリースされたばかりの「少年ジャンボリー」。80年代ポップスのキッチュなサウンドメイクと、岡村と斉藤の少年のようなピュアな思いがつづられた歌詞が集まった観客のハートをどこまでも高揚させた。

なお、この日の公演の模様は7月31日にスペースシャワーTVにて60分の特別番組としてオンエアされるのでファンはお見逃しなく。また斉藤はライブハウスツアー「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2024」を9月から11月にかけて行い、岡村は11月から来年2月1日にかけて全国ツアー「岡村靖幸 2024>>>2025 WINTER TOUR『芸能人』」を展開する。

番組情報

スペースシャワーTV「岡村靖幸×斉藤和義スペシャルライブ『岡村和義 LIVE TOUR 2024 "OKAZ TIME"』」

2024年7月31日(水)22:00~23:00

セットリスト

岡村和義「岡村和義 LIVE TOUR 2024 "OKAZ TIME"」2024年6月7日 Zepp DiverCity(Tokyo)セットリスト

01. I miss your fire
02. 愛スティル
03. 少女X
04. アップルパイ
05. 内緒だよ
06. 夢の果てまで
07. イケナイコトカイ
08. サメと人魚
09. スローなブギにしてくれ(I Want You)
10. 夏の終りのハーモニー
11. テクノポリス
12. ブルースセッション
13. 真夜中の海へ
14. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
15. ずっと好きだった
16. カモンベイビー
<アンコール>
17. Bass & Drumセッション
18. 春、白濁
19. 少年ジャンボリー

公演情報

KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2024

2024年9月27日(金)愛知県 Zepp Nagoya
2024年9月28日(土)愛知県 Zepp Nagoya
2024年10月4日(金)北海道 Zepp Sapporo
2024年10月6日(日)宮城県 SENDAI GIGS
2024年10月11日(金)広島県 広島CLUB QUATTRO
2024年10月12日(土)広島県 広島CLUB QUATTRO
2024年10月14日(月・祝)香川県 高松festhalle
2024年10月18日(金)大阪府 Zepp Osaka Bayside
2024年10月19日(土)大阪府 Zepp Osaka Bayside
2024年10月23日(水)神奈川県 KT Zepp Yokohama
2024年10月24日(木)神奈川県 KT Zepp Yokohama
2024年11月1日(金)福岡県 Zepp Fukuoka
2024年11月4日(月・振休)沖縄県 ミュージックタウン音市場
2024年11月8日(金)東京都 Zepp Haneda(TOKYO)
2024年11月9日(土)東京都 Zepp Haneda(TOKYO)

岡村靖幸 2024>>>2025 WINTER TOUR「芸能人」

2024年11月30日(土)宮城県 SENDAI GIGS
2024年12月7日(土)大阪府 Zepp Namba(OSAKA)
2024年12月8日(日)京都府 ロームシアター京都 サウスホール
2024年12月18日(水)東京都 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
2024年12月21日(土)福岡県 Zepp Fukuoka
2024年12月28日(土)新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
2025年1月5日(日)神奈川県 KT Zepp Yokohama
2025年1月13日(月・祝)愛知県 Zepp Nagoya
2025年1月19日(日)北海道 Zepp Sapporo
2025年1月25日(土)東京都 Zepp DiverCity(TOKYO)
2025年2月1日(土)広島県 JMSアステールプラザ 大ホール

関連記事

原因は自分にある。

今晩「バズリズム02」げんじぶ、ALI、なきごと、*ChocoLate Bomb!!が登場

7日
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO」ビジュアル

「ライジングサン」に緑黄色社会、Awich、みゆな、ジグザグら追加 タイムテーブルも公開

7日
「岡村和義 LIVE TOUR 2024 "OKAZ TIME"」より。(撮影:岡田貴之)

岡村靖幸×斉藤和義の特集番組を3カ月連続放送、初回は岡村和義初ツアー「OKAZ TIME」

14日
SUPER EIGHT

SUPER EIGHT新作アルバムに岡村靖幸、つんく♂、フジファブ山内総一郎、sumika片岡健太、asmiら

24日
岡村和義

岡村和義の初ツアーを追体験、「少年ジャンボリー」MV公開

29日
「丸くなるな、☆星になれ。」編より。

斉藤和義&YUKIの“名言”が再び、「サッポロ生ビール黒ラベル」新CM

約1か月
海蔵亮太「Anniversary Every Week Project」配信ジャケット

海蔵亮太が連続配信リリース世界記録達成!64曲まとめたアルバム発表

約1か月
「WEEKEND LOVERS 2024 “with You”」告知ビジュアル

「ライジングサン」内企画「WEEKEND LOVERS」22年ぶり復活、チバユウスケが残した名曲演奏

約2か月
斉藤和義

斉藤和義、3ピースで全国10都市回るツアー開催

約2か月