Ki/oon Music設立30周年に向けてプレイリスト企画始動、第1弾でアジカンのルーツを深掘り

Ki/oon Music設立30周年に向けてプレイリスト企画始動、第1弾でアジカンのルーツを深掘り

プレイリスト「Dig Ki/oon - Melancholy-」アイコン

2022年に設立30周年を迎えるKi/oon Musicがアニバーサリーイヤーに向けて、SpotifyとApple Musicにてプレイリスト企画「Dig Ki/oon」を始動させた。

「Dig Ki/oon」では、公開月に由来するテーマをもとにKi/oon Musicスタッフが所属アーティストとともに選曲するマンスリープレイリスト、フェスへの出演アーティストが多数所属するKi/oon Musicならではのプレイリスト「Dig Ki/oon -Fes-」、所属アーティストのルーツを深掘りするプレイリストの3つを展開していく。

今月のマンスリープレイリストは「5月病」をテーマに、PELICAN FANCLUBのエンドウアンリ(Vo, G)が選曲に携わっている。所属アーティストのルーツを深掘りするプレイリストの第1弾では、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのメンバー4人がそれぞれ「自身のルーツになった他アーティストの楽曲」と「ルーツが色濃く反映された自身の楽曲」を2曲ずつ選曲している。

喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)コメント

アジカンメンバー4人でプレイリストを作ってみました。1人4曲ずつ。
「自身のルーツ2曲と、そんなルーツが感じられるアジカン楽曲2曲」をテーマに選んでみました。
ゴッチ→喜多→山田→潔の並びになっています。聴いて楽しんでくれたら嬉しいです。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL