松本潤が映画「99.9」の点数を発表、オヤジギャグの苦労を語る

松本潤が映画「99.9」の点数を発表、オヤジギャグの苦労を語る

左から香川照之、松本潤(嵐)、杉咲花。

12月30日に公開される松本潤(嵐)主演映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」の完成報告イベントが東京・パーク ハイアット 東京で行われ、キャストの松本、香川照之、杉咲花、監督の木村ひさしが出席した。

「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」は2016年と2018年にTBS系列で放送されたリーガルドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」の劇場版。松本演じる型破りな刑事専門弁護士・深山大翔たちは15年前の凶悪事件に隠された事実を明らかにすべく奔走する。劇場版のキャストには道枝駿佑(なにわ男子)やレキシこと池田貴史も名を連ねている。また映画公開前夜の12月29日(水)には21:00より「99.9-刑事専門弁護士-」シリーズの新作スペシャルドラマが放送される。

映画のタイトルにもある「99.9」の数字をモチーフにした巨大オブジェが飾られた、パーク ハイアット 東京のステージ。ハイチェアに腰掛けた登壇者たちは和気あいあいとクロストークを展開していく。まず松本は「今回スペシャルドラマ、映画という2本立てでストーリーを作っていくということで、そのうえで新しいヒロインの杉咲さんだったり新たなキャストが出てくるので、物語にどういうふうに絡んでくるのかという……僕自身楽しく台本を読ませていただきました」と笑顔で語る。さらに約3年ぶりに深山を演じることについて「ブランクは感じず、すぐに戻りましたね。がんばって役作りしなくても、香川さんや皆さんに会うと自然と深山になれました」と自ずと役に入り込めたことを明かした。香川も撮影を振り返り「松本くんの一挙手一投足に反応するというのが僕ら刑事専門弁護士チームのメンバー。ひたすら楽しい現場でした」と声を弾ませた。

「99.9」は深山が披露するオヤジギャグもストーリーの目玉。香川は「オヤジギャグが回を重ねるにつれてかなり熟成されています。昨日今日生まれたわけではない笑いをお見せすることができると思います」と期待を込め、松本も「オヤジギャグ、たくさんありますね」と微笑んだ。ギャグを考えるのにかなり苦労したという木村監督に対し、「ちょうどいいスベリ具合を探すのが大変なんですよね」と松本。ギャグを繰り出すうえでは彼自身も努力を重ねていたようで、香川は「具体的にオヤジギャグが決まってから自分のスマートフォンで録音してずっと練習してましたよね?」と松本のストイックな面を明かした。

司会者から現場の雰囲気について聞かれると、松本は「今まで連続ドラマでやってきた空気を大切にしながら、キャストでスタンバイしているときも、順繰りにセリフをしゃべってアドバイスし合ったりして、よりリアリティが増すシーンができあがったと思います。共演者の皆さんが演技にスパイスをかけてくれるので、シーンが立体的になっていくのが楽しかったですね。『チームプレイっていいな』と改めて感じられる現場でした」とコメント。その後、話題は「座長としての松本潤」へとおよぶ。香川は「すべてに気を配って全体を見てくれているから、安心して撮影の臨めました」と彼の振る舞いを褒め称え、杉咲も「スタッフの皆さんの名前を全員覚えて、さりげなくコミュニケーションをとっている姿を見て、すごく勉強になりました」と敬意を示した。

最後に登壇者たちは映画の見どころについて1人ずつコメント。「できあがった作品に点数を付けるとしたら?」と尋ねられると、松本は「99.9点ってところじゃないですか」と得意げに答え、「自信を持ってお届けできる作品になっているので99.9点です。残りの0.1%は、公開後に映画を観たお客さんにそれぞれ感想を持っていただくことによって埋まるんじゃないかと思います」とその理由を説明した。続けて松本は「2021年の終わり、2022年の始まりに気持ちよく劇場をあとにしていただけるような作品に仕上がっているので、少しでもこの国が明るくなったらいいなという願いも込めて、たくさんの人に観ていただきたいです」とアピールし、イベントを締めくくった。

(c)2021「99.9-THE MOVIE」製作委員会

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL